ドラマ

2006年9月13日 (水)

『誰よりもママを愛す』  わたしはピンコさんを愛す~

テレビっ子だけども、ドラマに関しては別。毎週きちんと欠かさず観るのが苦痛で(ビデオのリモコンが壊れていて?タイマー録画ができないのでなおさら)、よっぽどのことがなければ観ていませんでした。
しかし今期に限っては何本かちゃんと観続けてる!そして、中でも一番好きだった『誰よりもママを愛す』が、この前最終回を迎えました。

‘日本一の愛妻家’である主夫のパパ、夫の代わりにバリバリ働いている弁護士のママ、男勝りの長女、優等生タイプの長男、まだまだ子供の次男(小学生なんだから当たり前だけど)の嘉門一家と、家族に関わってくるいろいろな人たちを描いたお話ですが、ご覧になっていた方いらっしゃいますでしょうか?

田村正和(一発変換!)って前にも同じ枠の同じようなホームドラマでパパ演ってなかったけ?と思って、最初は観る気がしなかった。しかし小林聡美さん(こちらも一発変換!!)がテレビ欄でなぜか2番目にクレジットされているのが気になって少し遅れて3回目ぐらいから観るようになり、結局最終回まで頑張り続けてしまったのでした。それはなぜかというと(もちろん小林さんもとてもとても良かったのですが)、阿部サダヲさん(一発では変換されなかった~)演じるピンコさん大好きになってしまったから。

Sabe_0913_1_1
ピンコさんの画像がなかったので・・・。でも、どん太も好き♪

嘉門家の長男・明くんに恋をしてしまうピンコさんはハリウッド映画によく出てくるような典型的オカマキャラ。あまりにもオリジナリティーがない気がする(毎度のことながらえらそうですねえわたし)けれど、でもそういうこともどうでもよくなるくらいとにかくかわいいのです。阿部サダヲさんがこんなにかわいくなれるんだ!スゴイ!と、わたしは夢中になってしまったのでした(ちょっと大げさだけど)。
明くんは同性を恋愛対象として見ることはできないので、ピンコさんの恋は前途多難。しかし!結末を言ってしまうと、紆余曲折の末、彼女の恋は成就するのです!はーもうびっくりするやら嬉しいやら。なんと結婚指輪までしてました。養子縁組したのだろうか???
さっきホームページの掲示板をちょっとだけ覗いてみたら、‘ピンコさんと明くんがどうなるのかが一番気になっていたので、ふたりが結ばれてすごく嬉しい!’というようなことを書かれている方がたくさんいらっしゃいました。やっぱみんなおんなじなのねえ、ウフフ♪

その他の登場人物のゴタゴタもすっきり解決して、現実はこんなに何もかもうまくいくことなんて絶対ないよと思いながらも、やっぱり文句なしの大団円にとてもほっとさせられました。東京で美容師をしていたヘテロの明くんが、岡山で桃を作りながらピンコさんと結婚生活を続けていけるのだろうか?という不安はちょっとだけあるけれど、いやそこはピンコさんの愛の力で。ねーピンコさん。

そして最終回では小林聡美さん演じる隣人の津波さんにも恋の予感が訪れるのですが、そのお相手がなんと及川ミッチー!これもびっくり+嬉しかった~。
そしてそして、最近俳優としての活躍も目覚しい劇団ひとり氏。実はわりと好きで、彼が出演してると‘おっ’と思うようになってしまいました。わたしの趣味の幅はどんどん広がりつつあるようでございます~。

| | コメント (5) | トラックバック (3)