« GW終わりましたが | トップページ | 孔明には程遠い »

2008年5月15日 (木)

映画好きにはあるまじき…

こないだ、もうすぐ公開される『ランボー 最後の戦場』のフィルムを編集しました。
しかしわたしは『ランボー』シリーズを全く観たことがない…。そう言ったら同僚の男性陣ふたりはものすごーく驚いていました。「いや~、女の子だから~」と言い訳しといたけど(←全然言い訳になってない)。
で、そのついでにカミングアウトしたら更に驚愕されちゃったのが、

『ロッキー』シリーズも『ゴッドファーザー』三部作も観ていない!

という、仮にも映画好きを名乗る者にはあるまじき失態(←ちょっと大げさすぎる?)。
同僚のHくんに「なんで観てないんですか?!女の子だからですか?!」とつっこまれてしまいました。ヒー。

わたしだけかもしれないけど、昔の名作・傑作たちというのはなんだかいつでも観られるような気がしてついつい後回しになってしまうんですよね…。結局、比較的最近公開されて見逃していたものや、前にも観たことがある大好きな作品を優先してしまうのです。でも死ぬまでには絶対観なくちゃとは思っているのですが(←いつ死ぬかわからないじゃないのさ)。

今、うちの映画館のマネージャーたちの間では『七人の侍』がブームなのだそうです。
しかしわたしは、『荒野の7人』は観たのに『七人の侍』を始めとする黒沢作品すら観たことがない…(もうひとりの黒沢のはいくつか観たけど)。そして小津作品もちゃんとは観てない。ほんとダメですね…。

この際だから白状してしまうと、必修(?)なのに観てない作品、ほんともりだくさんです。いくつか挙げてみると(軽蔑されてしまいそうだなあああ)、

『ベルリン 天使の詩』
『天井桟敷の人々』
ゴダール(でも『女は女である』は観た!)とかトリュフォーとか、ヨーロッパの巨匠の作品
『ダンス ウィズ ウルブス』とか、アカデミー賞をとったような大作群

アカデミー賞をとったような~といえば、『タイタニック』も公開当時は観なかったんだった…。ずいぶん経ってからビデオを借りたのでした(そしてほとんど泣かなかった。一回しか観なかった)。あまのじゃくなんですねー。

さて、名作を観なくちゃいけないのはやまやまなのですが、わたしが今AMAZONから届くのを心待ちにしているのがこの作品。

デトロイト・ロック・シティ DVD デトロイト・ロック・シティ

販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2003/07/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

公開された時に劇場で観たんだけど、その頃はそんなに音楽好きというわけではなかったのに、すっごく面白かったのです。
あーまた観たいなあと思ってた矢先、DVDが出ている(しかもけっこうお求め安い価格♪)のを知って、びっくり→ポチッとしてしまいました。でもまだお支払い番号が届かない…。ちゃんと手に入れられるのかなあ。早く観たいよー。

|

« GW終わりましたが | トップページ | 孔明には程遠い »

映画について思うこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101793/20971635

この記事へのトラックバック一覧です: 映画好きにはあるまじき…:

« GW終わりましたが | トップページ | 孔明には程遠い »