« 映画好きにはあるまじき… | トップページ | またひとりダーリンが »

2008年5月19日 (月)

孔明には程遠い

ずいぶん前に書きましたが、J.ウー監督が『三国志』を描いた映画『レッドクリフ』が今年の秋に公開されます。やったー!待ち遠しい♪
でも当初のキャスティングとはかなり違ってて、トニーが演じるのは孔明ではなく周瑜なのだそうでかなりがっかり…。孔明は金城武なんだとか。年齢からしてやっぱり逆なんじゃないかなーと思うんだけども?
でもでも他のキャストはけっこうわたし好み。チャン・チェンが出るというのがすっごく嬉しい。何の役なのかな?あとフー・ジュンという役者さんもけっこう好き。中村獅童は好きじゃないけど。まさか曹操じゃないよねえ?などと、いろいろ考えるのも楽しいです。

とか言いながら、わたしは三国志のことをほとんど知らないに等しいのだった…。
うーむ勉強すべきかしらと思っていたら、ひょんなことから同僚のHくんが大の三国志好きなのだと判明!文庫版で全三十巻からなる横山光輝さんの『三国志』を貸してもらうことになりました。

三国志 (1) (潮漫画文庫) Book 三国志 (1) (潮漫画文庫)

著者:横山 光輝
販売元:潮出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

遥か遠い昔(自分で書いて悲しくなってしまったけど)、NHKの人形劇をなんとなーく観ていたころの知識しかないわたし。孔明いつでてくるんかなーと思って読み始めたら、一向に気配がありません。痺れを切らして三国志にとっても詳しいうちの母に「いつ出てくんのさ!」と聞くと、「半分近く読まないと出てこないよ」
えーっ!!!なんてこった!!!
今8巻の途中まで読んでいるのですが、少なくとも12巻くらいまで読まないと三顧の礼には行き着かないのでしょうか。遠いな~。

それにしても人形劇を見ていたときは人形たちの美しさに気をとられて(?)あまりそうは思わなかったんだけど、三国志というのは裏切りと謀略がてんこ盛り、かなり血みどろの物語のようです。読み進めるのがけっこうきつい。日本の戦国時代もこんな感じ?でも、遡ること千年以上ですもんね…やっぱ中国ってスケールが違うわ。

ところでトニー演じる周瑜は人形劇のときはとても涼しげな美男子として描かれていましたが、母によると「ほんとに綺麗な人だったらしいよ」とのこと。ウフフフフ~。
(画像を探していたらこんなサイトを見つけてしまいました。懐かしい~。)
しかも奥さんがこれまたとっても美人だったそうで、そういえば今劇場で流している『レッドクリフ』の特報にもすごく美しい女性のアップが出てきます。チッ(←?)。
そして映画に対する興味をさらにかき立てたのは、漫画の巻末に載っていた三谷幸喜さんのエッセイ。‘周瑜は『アマデウス』のサリエリだ’と書かれていたのです!孔明がモーツァルトなんだそうな。『レッドクリフ』の主役は孔明ではなく周瑜(たぶん。よく知らない)。あーもうほんと早く観たい!

…しかし。Hくん情報によると、『レッドクリフ』は前編後編に別れていて、後編の公開は来年の春なんだそうです…。

|

« 映画好きにはあるまじき… | トップページ | またひとりダーリンが »

日々のもろもろ」カテゴリの記事

コメント

かいろさん こんにちは。
NHK人形劇『三国志』、懐かしいです。毎週見てました。
当時すごく人気があって、放映中に開催された「三国志の人形展」にも行きました。実際に見る人形たちは想像していたのよりもずっと大きくて美男子ぞろいでしたlovely
『三国志』というともう、このときの人形たちの印象があまりに強すぎて、例えば諸葛孔明ならば、このときの孔明さん人形の「お顔」と吹替えの森本レオさんのあの「お声」以外想像できない!という感じです。
『レッドクリフ』というタイトルから想像すると、映画で描かれるのは当然「赤壁の戦い」の場面ですね?!
人形劇のときも「赤壁の戦い」の回は特に評判が良かったけれど、それが実写の大スクリーンとなれば、更に大迫力annoyになることででしょう。テレビで見るのと劇場で見るのとではやっぱり違いますものね。
劇場版『相棒』は、私の近所のシネコンでもGW中は「満席」「満席」の表示が続いて〝ひとり勝ち~〟状態でしたhappy01。大ヒットしてくれて嬉しかったですscissors

投稿: メグ | 2008年5月20日 (火) 21時07分

メグさんこんにちは。コメントありがとうございます。
わたしも孔明=森本レオ派(そんな派閥が???)です。あの「殿・・・」という声が忘れられません~。
そして実際にあの人形たちをご覧になったのですか!羨ましい・・・。おっきいのかあ、操作するの大変だったんでしょうね。あのNHKの人形劇は、物語以外にも人形やセットや撮影技術の評価が高かったように記憶しております。わたしも子供心に感心して観ておりました。
今読んでいる漫画で赤壁の戦いが出てくるのはまだまだ先のことでしょうが、がんばってたどり着いてみせます☆
それではこの辺で。ありがとうございました!
P.S.
『相棒』大ヒット、本当にありがたいことでございます・・・なむなむ。

投稿: かいろ | 2008年5月24日 (土) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101793/21038674

この記事へのトラックバック一覧です: 孔明には程遠い:

« 映画好きにはあるまじき… | トップページ | またひとりダーリンが »