« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月24日 (土)

またひとりダーリンが

日々いい男を探し続けているわたしは、世界各国にダーリンがいます(←・・・)。
音楽界では以前にも書いた Red Hot Chili Peppers のアンソニー・キーディスひとすじ!だったのですが(奥田タミーはどうした!)、実はまたさらにダーリンを見つけてしまいました。アメリカの Incubus というバンドのフロントマン、Brandon Boyd です。

Brandon_80524_1 ブランドン・ボイド

Brandon_80524_2 も一枚ブランドン

ブランドンはとっても声がいい。作詞(たぶん作曲も)を手がけ、絵の才能もある(画集を2冊出してるそうです)。サーフィンもプロ並み。見ての通りとーっても美形。背が高くてスタイルもいい。そしてなにより、ものすごっっっっっっく歌が上手いのです(や、まだもっと上手いって人もいるんでしょうけど)。
どこかで‘あまりのかっこよさに男も惚れる!’なんてことが書いてあったけど、それもむべなるかな、です。だってほんとにいい男だもん。
こんなに完璧な人もいるんだなあと、大げさでなく心からそう思う。

ちょっと前に職場で‘生まれ変われるなら誰になりたい?’という話題で相当盛り上がりました。
その場にいたのがわたしも含めて女性ばかりだったので、それぞれにとっての一番いい男になりたいという結論に達して、当然わたしは“アンソニーになりたーい♪”と。
でもその次の日また同じメンバーで同じ話をしてて、結局“アンソニーの娘になりたい”と変化したのですが、今現在またさらにわたしの野望(←?)は進化(悪化?)しております。

“アンソニーの娘になってブランドンと付き合う!”

・・・ミーハー恐るべし。

Dig by: incubus..... jaz enjoy watching tnx... Author: 22COMPAQ Keywords:  indie rock unsigned incubus Added: May 18, 2008

ブランドンもかっこいいけど、Incubus の音楽が好きです。なんか独特で。
わたしのウォークマンにいちばんたくさん入ってるのはもちろんレッチリの曲。そしてその次は Incubus。
この『Dig』という曲、イントロのギターもコーラスワークも全てがよい。哀愁漂う浮遊感(←どんな感じだ)。でも一緒に歌おうとしていっつも失敗しちゃいます。Incubusの歌は難しいのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

孔明には程遠い

ずいぶん前に書きましたが、J.ウー監督が『三国志』を描いた映画『レッドクリフ』が今年の秋に公開されます。やったー!待ち遠しい♪
でも当初のキャスティングとはかなり違ってて、トニーが演じるのは孔明ではなく周瑜なのだそうでかなりがっかり…。孔明は金城武なんだとか。年齢からしてやっぱり逆なんじゃないかなーと思うんだけども?
でもでも他のキャストはけっこうわたし好み。チャン・チェンが出るというのがすっごく嬉しい。何の役なのかな?あとフー・ジュンという役者さんもけっこう好き。中村獅童は好きじゃないけど。まさか曹操じゃないよねえ?などと、いろいろ考えるのも楽しいです。

とか言いながら、わたしは三国志のことをほとんど知らないに等しいのだった…。
うーむ勉強すべきかしらと思っていたら、ひょんなことから同僚のHくんが大の三国志好きなのだと判明!文庫版で全三十巻からなる横山光輝さんの『三国志』を貸してもらうことになりました。

三国志 (1) (潮漫画文庫) Book 三国志 (1) (潮漫画文庫)

著者:横山 光輝
販売元:潮出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

遥か遠い昔(自分で書いて悲しくなってしまったけど)、NHKの人形劇をなんとなーく観ていたころの知識しかないわたし。孔明いつでてくるんかなーと思って読み始めたら、一向に気配がありません。痺れを切らして三国志にとっても詳しいうちの母に「いつ出てくんのさ!」と聞くと、「半分近く読まないと出てこないよ」
えーっ!!!なんてこった!!!
今8巻の途中まで読んでいるのですが、少なくとも12巻くらいまで読まないと三顧の礼には行き着かないのでしょうか。遠いな~。

それにしても人形劇を見ていたときは人形たちの美しさに気をとられて(?)あまりそうは思わなかったんだけど、三国志というのは裏切りと謀略がてんこ盛り、かなり血みどろの物語のようです。読み進めるのがけっこうきつい。日本の戦国時代もこんな感じ?でも、遡ること千年以上ですもんね…やっぱ中国ってスケールが違うわ。

ところでトニー演じる周瑜は人形劇のときはとても涼しげな美男子として描かれていましたが、母によると「ほんとに綺麗な人だったらしいよ」とのこと。ウフフフフ~。
(画像を探していたらこんなサイトを見つけてしまいました。懐かしい~。)
しかも奥さんがこれまたとっても美人だったそうで、そういえば今劇場で流している『レッドクリフ』の特報にもすごく美しい女性のアップが出てきます。チッ(←?)。
そして映画に対する興味をさらにかき立てたのは、漫画の巻末に載っていた三谷幸喜さんのエッセイ。‘周瑜は『アマデウス』のサリエリだ’と書かれていたのです!孔明がモーツァルトなんだそうな。『レッドクリフ』の主役は孔明ではなく周瑜(たぶん。よく知らない)。あーもうほんと早く観たい!

…しかし。Hくん情報によると、『レッドクリフ』は前編後編に別れていて、後編の公開は来年の春なんだそうです…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

映画好きにはあるまじき…

こないだ、もうすぐ公開される『ランボー 最後の戦場』のフィルムを編集しました。
しかしわたしは『ランボー』シリーズを全く観たことがない…。そう言ったら同僚の男性陣ふたりはものすごーく驚いていました。「いや~、女の子だから~」と言い訳しといたけど(←全然言い訳になってない)。
で、そのついでにカミングアウトしたら更に驚愕されちゃったのが、

『ロッキー』シリーズも『ゴッドファーザー』三部作も観ていない!

という、仮にも映画好きを名乗る者にはあるまじき失態(←ちょっと大げさすぎる?)。
同僚のHくんに「なんで観てないんですか?!女の子だからですか?!」とつっこまれてしまいました。ヒー。

わたしだけかもしれないけど、昔の名作・傑作たちというのはなんだかいつでも観られるような気がしてついつい後回しになってしまうんですよね…。結局、比較的最近公開されて見逃していたものや、前にも観たことがある大好きな作品を優先してしまうのです。でも死ぬまでには絶対観なくちゃとは思っているのですが(←いつ死ぬかわからないじゃないのさ)。

今、うちの映画館のマネージャーたちの間では『七人の侍』がブームなのだそうです。
しかしわたしは、『荒野の7人』は観たのに『七人の侍』を始めとする黒沢作品すら観たことがない…(もうひとりの黒沢のはいくつか観たけど)。そして小津作品もちゃんとは観てない。ほんとダメですね…。

この際だから白状してしまうと、必修(?)なのに観てない作品、ほんともりだくさんです。いくつか挙げてみると(軽蔑されてしまいそうだなあああ)、

『ベルリン 天使の詩』
『天井桟敷の人々』
ゴダール(でも『女は女である』は観た!)とかトリュフォーとか、ヨーロッパの巨匠の作品
『ダンス ウィズ ウルブス』とか、アカデミー賞をとったような大作群

アカデミー賞をとったような~といえば、『タイタニック』も公開当時は観なかったんだった…。ずいぶん経ってからビデオを借りたのでした(そしてほとんど泣かなかった。一回しか観なかった)。あまのじゃくなんですねー。

さて、名作を観なくちゃいけないのはやまやまなのですが、わたしが今AMAZONから届くのを心待ちにしているのがこの作品。

デトロイト・ロック・シティ DVD デトロイト・ロック・シティ

販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2003/07/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

公開された時に劇場で観たんだけど、その頃はそんなに音楽好きというわけではなかったのに、すっごく面白かったのです。
あーまた観たいなあと思ってた矢先、DVDが出ている(しかもけっこうお求め安い価格♪)のを知って、びっくり→ポチッとしてしまいました。でもまだお支払い番号が届かない…。ちゃんと手に入れられるのかなあ。早く観たいよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 9日 (金)

GW終わりましたが

GW終わって二日間連休だったので、昨日とおとといは家でのんびりしておりました(家大好き人なので旅行に行ったりはしないのだった)。

気になるお客さんの動向に関しては(いやいや、気になってるのはわたしだけですね)、『相棒』一人勝ちでございましたー!他の映画が伸び悩む中『相棒』だけは完売続きで、ひとり気を吐いてる状態。まあTVでもバンバンCMを流してるし、最初の週だけの盛り上がりなのかもしれませんが。それでもやっぱり嬉しいな~♪

さて毎度おなじみうちの庭の話題です。
今はスパラキシスもつつじも終わっちゃったのでちょっと淋しいのですが、GWの少し前からしばらくはとっても綺麗でした。中央に満開のスパラキシスの群生、その周りにいろいろな花が咲いててほんとにうっとりするぐらいだったなあ。というか実際うっとりしちゃいました(自分で言うのもなんだけども)。
でもうちのちっちゃいカメラでは全景を一枚の写真には収められないので(ほんと残念・・・)、部分部分を撮ってみました。大量で、しかもこないだ載せたのとさして変わらないけど、ご覧くださいませ。

Cimg1008_2
またもネモフィラ。ほんと植えてよかったー。
赤や黄色やピンクの花の中のこの青いネモフィラは、一服の清涼剤のようです。
なんちゃって。

Cimg1016
母撮影。手前の、最近植えたキンレンカがお気に入りです。
その横は例のミニバラ。すごく大きくなりましたー。

Cimg1033
植え替えなきゃかわいそうなくらい育ちましたよー。Gちゃん見てる?

Cimg1035
これも母撮影。拡大してもらうとちょっとは綺麗かも・・・。
スパラキシスとつつじ。このつつじも去年はほとんど咲かなかったんだけど。

Cimg1066
ポピー。よかったよこんなに咲いてくれて・・・。

Cimg1064
つつじ側から見るとこんな感じ。
奥の方にネモフィラ、ポピー、チェリーセージ、ビオラやパンジーを植えてます。

Cimg1072
つつじのアップ。ふたつとも品種が定かではない・・・。
奥の白いのはたぶんスパラキシス。

Cimg1063
上のつつじの横はこんなになってます。なんか秩序がなくてぐちゃぐちゃだあ。
で、この風景をリビングストンデイジーの目線で撮ると、

Cimg1077
こうなります。手前味噌ですがこの写真好き。よくあるパターンの構図ですけどね。

Cimg1078
ビオラ(ほとんど写ってないけど)とパンジー。手前のぶんがとても可愛いなあ。

Cimg1085
去年は咲かなかった紫のバビアナ。
写真に収めると青くなっちゃったけど、実は濃い紫色です。とてもきれい。

あーたくさん写真を載せてすっきり!ほんとに自己満足の記事になっちゃいました~。
ではこの辺で。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »