« 梅・梅・梅! | トップページ | 春はすぐそこ・パート2 »

2008年3月 6日 (木)

突然炎のごとく?(映画の感想ではありません)

今回の記事は皆さまからするといつにもまして興味がないだろうと思われますが、どうしても書きたいので書かせてください(←懇願)。音楽の話です。

去年の秋に買ったウォークマン(今はデジタルオーディオプレイヤーと言うのでしょうけど)。買ったばかりのころよりも、今のほうが大活躍してます。酷使しすぎていつ壊れるかとちょっと心配・・・。

◆土日出荷OK!◆◆手数料・送料無料!◆SONY デジタルオーディオプレイヤー 2GB“ウォークマンEシリーズ” NW-E015-L [NWE015L] (ブルー)

なんかガムでも入ってそうですごく可愛いなー、iPodは高いし動画なんかの機能はいらないや、ただ音楽が聴けたらそれでいいもんねと思ってこれを選びました(AMAZONではわたしが買ったときより安くなってるみたいでかなりショックですが)。

最初の頃はそれまで持ってたCDの曲を入れて聴いてたんだけど、さすがに同じのばっかりでは飽きてくるので何か他の人の曲を聞いてみようと思い、中学生の時以来久しぶりにCDをレンタルするようになりました(なんか‘~~以来’っていうのばっか)。
そしてそこで、運命の出会いを果たしてしまったのです。RED HOT CHILI PEPPERS にshine

レンタル屋さんの棚の前でCDを眺めながらも何を聴いたらいいのやらわからず、とりあえず借りてみたのはなんとなくピンとこないものばかり。そんな中でそういえば・・・と思い出したのが映画『DEATH NOTE』の主題歌がかっこよかったなー、ということ。でもレッチリといえばなんか過激というか攻撃的というイメージが強く、ずいぶん前にちょっと聴いたけど‘たぶん好きになれないだろうな’と敬遠してたのでした。
それが、このアルバムを聴いてみたら・・・!

ステイディアム・アーケイディアム Music ステイディアム・アーケイディアム

アーティスト:レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2006/05/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

すごくかっこいい!もう全部がかっこいい!ヒャー!と、年明けからこっちもうずっとレッチリ漬けの生活になってしまいました。実は今も書きながら聴いてます。

こんな‘超’がいくつも付くようなメジャーなバンドに入れ込むことになるなんて(聞くところによると250,000枚のチケットが4時間でSOLD OUT になったそうです。2万5千じゃないんです、25万なんです)。今はこの『STADIUM ARCADIUM』からさかのぼって昔のアルバムも聴いてるんですが、そういうことも含めて、ひとつのバンドに対するこの熱中ぶりにはなんか覚えがある・・・。高校生のころファンクラブに入るほど好きだったUNICORNだ!“三つ子の魂百まで”ってことなんですかね(←ちょっと違う?)。

これまでUNICORNのヴォーカルだった奥田タミーの歌声がこの世で一番ステキだわlovely と思ってたのですが、レッチリのAnthony Kiedis の声もほんとに大好き。セクシーだったりハードだったり優しかったり渋かったりで実に多彩です。彼の歌声を聴いてると、なんか妙な気分になってきます(←へ、変態?)。
ではここで、かっこいい音楽と美しい歌声のPV2本をどうぞ。

東京スカパラダイスオーケストラと奥田民生の美しく燃える森のPVです。 Author: yumichi225 Keywords:  東京スカパラダイスオーケストラ スカパラ 奥田民生 Added: February 20, 2008

何年か前にCMでこの歌が流れたとき、最初は誰が歌ってるのかわからなくて‘あらーすごくいい声’と思ってたのですが、後でタミーだったのだと知って驚愕しました。なんだか別人のように色っぽい声だったので。何度聴いても飽きない名曲です。

By The Way Videoclip Author: Davidmhsp0108923000 Keywords:  By The Way Added: February 16, 2008

このPVを作る時、ヴォーカルのアンソニーを誘拐するイエローキャブのおじさん役を打診されたジム・キャリーは、‘曲が好かん’と断ってしまったそうです。なんつうもったいないことを!!!わたしは大好きよこの歌ー!!!
ちなみにアンソニーを助けに行くふたりがベースとギター(青い髪がベースのFlea、長い髪のほうがギターのJohn Frusciante)で、最後にまたあのタクシーに乗ってしまうのがドラムのChad Smithです。いちおう念のため(←?)。

レッチリを知って以来、通勤時も、仕事の合間の休憩時間も、夕飯の後片付けの時も、ゴミ出しに行く時も、ずーっとウォークマンが一緒。できればお風呂に入るときも聴きたいくらい。
街中では曲に合わせてものすごく正確なリズムで歩いたり、早くなったり遅くなったり。なんとなくでなく真剣に聞き入ってるので、後ろから車が来てるのに気付かなかったり。
お皿を洗う時は頭を振りながら一緒に歌う(うちの台所は道路に面してるので外に丸聞こえだったりする)。
夜も聴きながらそのまま眠っちゃったりして、睡眠学習状態。このまま行けば英語の聞き取り能力が上がるかも!と期待してるんですけど、それはないだろな。

今回の出会いでひとつ勉強になりました。自分では苦手だと思ってる分野にこそすごく好きなものがあるのかもしれないnotes  よし、がんばろう。
それにしてもレッチリのLIVEに行ってみたい。いつか行けるかな・・・。行くまで死ねないな。

|

« 梅・梅・梅! | トップページ | 春はすぐそこ・パート2 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

かいろさん こんにちは。
民生さん、髭はやしてますね~。ご紹介くださった曲、初めて聴きましたがとってもいいですね!スカパラ好きっ。「かいろさんが元気になるのはこの曲なんだ~」と思いながら聴きました。
ウォークマンって今はこんなに小さいんですね(「ガムでも入ってそう」というかいろさんの表現が可愛らしい)。そして今はとっても安くなっているのですね!
ウォークマンは30年くらい前に発売されたと思います。「音楽を持ち歩けるなんて!」と私にとっては夢の製品でした。確か最初は値段が3万6千円くらいしていて自分ではとても買えず、かといって親に気安くねだれる値段ではなく。当時のSONYの宣伝コピーが『人類は 男と女と ウォークマン』というもので、CMモデルには当時〝女の子たちの憧れ〟だった雑誌non-noの人気モデル、ジョジ・ゴトーが起用されてたので、本当に羨望の眼差しでウォークマンのポスターを眺めておりました・・・なんかすっごく古い思い出ですみません。
ウォークマンと共に〝美しく燃える〟かいろさんの毎日でありますように!

投稿: メグ | 2008年3月 9日 (日) 21時55分

メグさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
「美しく燃える森」、いいでしょう(←わたしが自慢げ)。PVもかっこいいですよね~heart
でもわたしが元気になるのはどっちかって言うと「By The Way」の方だったりします。ぜひこちらもどうぞ☆
ウォークマン、ほんとに安くなりました。いえ、ウォークマンだけでなく電化製品って出始めのときはたっかいですもんね。ビデオデッキも、たしか当たり前に十何万とかしてましたもんね。それに期待して、液晶テレビを買うタイミングを窺っているわたしでございます。
それではこの辺で。ありがとうございました!

投稿: かいろ | 2008年3月12日 (水) 19時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101793/10947587

この記事へのトラックバック一覧です: 突然炎のごとく?(映画の感想ではありません):

« 梅・梅・梅! | トップページ | 春はすぐそこ・パート2 »