« 春はすぐそこ・パート2 | トップページ | 『バンテージ ポイント』  一体何人死んだんだー! »

2008年3月23日 (日)

『魔法にかけられて』  歌って踊って闘う!プリンセス

久々に観たラブコメディ。ほんとにこういう映画に飢えてたんだなあと気付かされてしまいました。暇さえあれば上映チェックと称して映写室から覗いております。

Enchanted_80320_1 『魔法にかけられて』 (’07 米)

あらすじは省いて以下ネタバレ。

初めて予告を流した時、映写担当スタッフの間で「なんかすごく面白そう!」と話題になった作品です。お肌の状態からしてお姫様がわりと歳とってそうなのが個人的にちょっと気にかかったのですが、公開された週にさっそく観てしまいました。とってもとっても観たかったのですhappy02

ディズニーアニメの定番である‘通行人全員を巻き込んでのミュージカル’、あの公園での場面は圧巻。実写でやるとこんなになるんだー、と感嘆してしまった。あの時点ではふたりは気付いていなかったけど、あれは立派な“デート”でしたよね。ああいいなあ・・・。

Enchanted_80320_2_2 
主人公のジゼルが可愛い!33歳の女優さんだろうと関係ないもん(というかむしろその年齢で演じてくれたのが嬉しい)。声も綺麗だったし。

おとぎばなしの世界にいたジゼルは、怒りや悲しみや切なさといったいわゆるマイナスの感情?とは無縁でした。上の画像の場面で「♪エドワードが迎えに来てくれるまで切なくてたまらない~」なんて歌っていたけど(もしかしたら字幕の字数の都合でそう訳されていただけかも?)、このときの彼女には‘切なさ’のなんたるかがまだ本当にはわかっていなかったのだと思う。
“運命の相手と出逢ってお互いに一目惚れ→そしてHappily Ever Afterに暮らす”の結末が待っていると、それまで信じて疑わなかった。そんなジゼルがロバートに出会い、怒り・戸惑い・切なさ・そして本当の喜びと、自分で考え、決めて、選ぶということを知る。

人間になりたいと願う悪魔が主人公の、わたしの大好きな漫画があるのですが(でも未完のままなんですけど・・・)、その中で主人公のアクマくんは「真の幸福とは?」と尋ねられこう答えました。

「獲得するものなんじゃないですか 
与えられた幸福が自分にとってそうではなかった場合」

ジゼルも、ガラスの靴(ではないけどそういうふうに見えなくもない)を脱ぎ捨てて剣を取って悪い女王と戦い、愛するロバートを守りました。この時のふたりの会話がね、何度観てもよいのです。

ジゼル 「本当によく落っこちるわね」
ロバート 「君がいれば大丈夫」

Enchanted_80320_3

先にも書いたようにジゼルは可愛く、そしてロバートがまたよかったです。P.デンプシーで‘子持ちのやもめ(←ちょっと言葉が悪い?)’という設定が大正解だった~heart04
やって来たばかりの頃のジゼルが勝手にカーテンでドレスを作った時はカンカンに怒ってた彼が、その次にベッドカバーか何かがやられている(切り取られている)のを見たときの、ものすごく優しい笑顔。ここの場面も何度も何度も観て、その度にため息をついてしまいます。
ロバートの娘のモーガンも可愛かった。最初の方でなぜ空手着か柔道着を着ていたのかが謎ですが。彼女が緊急事態で最終兵器(←?)を使う場面ではお客さんが爆笑していました。
それにお気楽能天気だけど肝心なところではきちんと人の心を思いやることのできるエドワード王子(J.マーズデン最高!)、女王様命!だったのにそんな自分に疑問をもつようになるナサニエル(T.スポール芸達者~)、執念深くて意地悪な女王様(S.サランドン似合いすぎ)、最後にガラスの靴を履けたナンシー。毎度のことだけどやっぱり脇役ってほんとに大事なんだよなーと思います。

おとぎばなしの住人が、現実の世界で手に入れた“Happily Ever After”なエンドマーク。でもやっぱりこれは充分におとぎばなしだよなあ・・・と思いつつ、またきっと明日も映写室からジゼルとロバートの恋物語を覗くことになりそうです。

|

« 春はすぐそこ・パート2 | トップページ | 『バンテージ ポイント』  一体何人死んだんだー! »

映画・ま行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101793/11706404

この記事へのトラックバック一覧です: 『魔法にかけられて』  歌って踊って闘う!プリンセス:

« 春はすぐそこ・パート2 | トップページ | 『バンテージ ポイント』  一体何人死んだんだー! »