« 道は長くて険しいのだ | トップページ | 『Sweet Rain 死神の精度』  ‘sweet rain’は付けなくてよかった »

2008年3月30日 (日)

書評を読んで涙がぽろり

うちの新聞は読売新聞です。
読売新聞には毎週日曜日に‘本 よみうり堂’という書評コーナーが掲載されていて、毎週楽しみにしてます。紹介された本を実際に買ったことはないけど(←買えよ)、いろんな人が書いてて面白いのです。
今日の本はまた特に面白そうでした。しかも、書評のひとつを読んで朝っぱらから菓子パンをほおばりながら泣いてしまった・・・。

結婚しなくていいですか。―すーちゃんの明日 Book 結婚しなくていいですか。―すーちゃんの明日

著者:益田 ミリ
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

書評を書いてらっしゃったのはノンフィクション作家の梯 久美子さん。イーストウッド監督の硫黄島2部作のパンフレットに寄稿?されてましたね。
たぶん来週の本 よみうり堂の書評にちゃんと全文掲載?されると思いますが、わたしを泣かせた部分だけちょっとご紹介させてください(著作権の問題はありますけど、こんな超弱小ブログならきっと大丈夫でしょう・・・)。

“すーちゃんは地道に暮らすちゃんとした大人だけれど、心は女の子だ。今どきの独身女性は、女の子のまま三十代になり四十代になる。一人で老いる不安を抱きつつ、前向きに生きている、もう若くない女の子たち。”

某有名女性歌手の「35歳を過ぎたら~云々」という失言についてはじめに触れ、
“世の女性たちが怒ったのは、彼女の無知に対してではなく、「腐る」という表現に、歳をとると女は汚くなる、という若さゆえの傲慢を感じ取ったからではないか。少なくともわたしはそうだった。”
と書いた梯さんは、この『結婚しなくていいですか。 すーちゃんの明日』を読んで、こう考えます。

“この本を電車の中で読んでいたら、涙が出て困った。花粉症のふりをしてティッシュを取り出しながら、ふと思った。あの女性歌手は、傲慢ではなく、ただ怖かったのではないか。芸能人もOLも、若くても中年でも、女の子はみんな怖いのだ。歳をとって体が衰え、醜くなることが。孤独に老いるかもしれないことが。”

ここまで読んでわたしの目は潤んでたのですが、最後に梯さんの出した結論でついに涙がこぼれてしまった(その部分は来週のお楽しみということで・・・)。
今現在すーちゃんよりももっと不安な立場にいるわたしも、すーちゃんの暮らしぶりや考え方に触れたら元気になれるかな。

しかし‘ちょっと’と書いたのに半分くらい載せちゃった。まずいかな???まあしょうがないや。

それからあともう一冊興味を引かれたのがこの本。

獄窓記(続) 獄窓記(続)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

詳しい内容や読んだ方の感想はAMAZONでご覧になってみてください。書評をされた読売新聞論説副委員長は本よみうり堂の中で、”塞翁が馬とは、まさに著者のような体験をした人のことを指す言葉ではないだろうか”と書いてらっしゃいます。う、読んでみたい・・・。

|

« 道は長くて険しいのだ | トップページ | 『Sweet Rain 死神の精度』  ‘sweet rain’は付けなくてよかった »

本・小説」カテゴリの記事

コメント

noteかいろさん こんにちは。メグです。
昨年は『川の光』shineというすばらしい本をご紹介くださり、ありがとうございました。「本よみうり堂」の書評読みました。今回ご紹介の「すーちゃん」の本も是非本屋さんに探しに行こうと思いますhappy01
             
heartかいろさん こんにちは。タータです。
Amazonにでている「すーちゃん本」の感想も読みました。大勢の人が涙こぼして共感している本なんですね。ご紹介ありがとうございましたconfident

riceballかいろさん こんにちは。チッチです。
ぼくは、かいろさんがよみうり堂を読みながら食べてたのはどんな菓子パンなのかなぁ、と思いましたcoldsweats01

おじゃましましたっsign01新年度もお元気でsign03


投稿: 2匹とメグ | 2008年4月 1日 (火) 23時08分

メグさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
この前本屋さんで『川の光』が未だに平積みにされているのを見つけて、すごく嬉しくなりました♪ やっぱり人気なんですねー、タータとチッチは。うふふ。
すーちゃんの物語はシリーズものだということで、最初から読むべきなのか、それともこの『結婚しなくていいですか』から読み始めてもいいのか・・・と悩み中です。とりあえず本屋さんを覗いてみようかな。
それではこの辺で。ありがとうございました!

投稿: かいろ | 2008年4月 2日 (水) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101793/11985436

この記事へのトラックバック一覧です: 書評を読んで涙がぽろり:

« 道は長くて険しいのだ | トップページ | 『Sweet Rain 死神の精度』  ‘sweet rain’は付けなくてよかった »