« 『魔法にかけられて』  歌って踊って闘う!プリンセス | トップページ | 道は長くて険しいのだ »

2008年3月25日 (火)

『バンテージ ポイント』  一体何人死んだんだー!

これまた予告でスタッフを沸かせた作品。このポスターかっこいいですね。

Vantagepoint_80320_4 『バンテージ ポイント』 (’08 米)

この作品のような、同じ出来事をいろいろな視点から見たり時間軸をいじくったりする話というのは古今東西老若男女を惹きつけるものらしく、公開初日は映画館側の予想を裏切るくらいのお客さんの入りでした(わたしは最初っからけっこう入るんじゃないかと思ってたけどねーだ←自慢)。

8人の目撃者が見たものを通じて事件の真相が少しずつ暴かれていくので当然時間が何回も巻き戻るわけですが、正直言って「うーん、またか」と思わないわけではなかった。ちょっと前に公開されて巷ではかなり評価が高かった(らしい)『バタフライ エフェクト』を思い出しました。あの映画も、最初はかなり引き込まれて観てたけど途中からちょっとうんざりしてしまったので。
しかし『バンテージ』の方は巻き戻るたびに新たな事実が判明していくので、「またかー」と思ってもうんざりしている暇はありません。しっかり観ないといけない。うー製作側の思う壺。

Vantagepoint_80320_2
大好きS.ウィーバー。もう少したくさん出番があったらよかったな。

以下ネタばれ。映画をご覧になる予定の方は読まないでください。

あの犯人たちがどういう組織に所属していて、どういう目的で大統領を誘拐しようとしたのかが(それなりに予想は付きますけども)全く描かれていないのがわたしにはかなり不満でした。
同じく、大統領側に裏切り者がいるんだろうなというのはまあなんとなくわかってたけど、彼がどういう人でなぜ裏切ったのか、最初から大統領を誘拐する目的でSPになったのかなんてことも結局不明なままだったし。
もう半リールくらいの長さがあったらそこのとこも描けただろうけど、しかしあのテンポと緊迫感を損なわずにそれを描くのはけっこう難しいかもしれない。うーむ悩むところです。でも、プロの脚本家ならそこのとこもうまくやって欲しいんだけどと思うのは欲張りすぎでしょうか。

Vantagepoint_80320_3_2
中央の彼、予告の時からかっこいいなーと思ってたら、ずいぶん前に別の作品でもときめいたことのある役者さんでした。濃ゆい顔が好きなんだろうか、わたし。

緻密な計画を立て、用意周到に準備をして、最先端の技術を駆使し、ほとんど成功しかけていた作戦。しかしいくつかの偶然のせいで、その成功は夢と消えました。
爆発の後カメラマンが逃げていくのをD.クエイド演じるSPが見なければ、彼はテレビの中継車の存在を思い出さなかっただろうし、あの混乱でお母さんとはぐれた女の子が道路を横切らなければ、犯人たちはそのまま逃げ切れていたはず。極悪非道のテロリストにも少女を轢き殺すことはできなかったんだなあ。あんなに何人も殺したのに。

Vantagepoint_80320_1
F.ウィテカーの場面ではちょっと和んでしまった。彼の瞳はキラキラしてる。

終わってみれば、実は大統領狙撃から犯人射殺までたぶん長くて1時間ぐらいしか経ってなかったというなんとも素晴らしいスピード解決。でも死人の数が多すぎ。それがテロという行為なんですね・・・。

|

« 『魔法にかけられて』  歌って踊って闘う!プリンセス | トップページ | 道は長くて険しいのだ »

映画・は行」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、かいろさん。
これ、16日にかいろさんとこに観に行きましたよー。
そして・・・ほぼ同じ感想を抱きました。
犯人たち(裏切った彼含む)の組織と動機について。
素敵!と思った彼について(何に出てたのかしら)。
F・ウィテカーについても。

飽きずに観ることはできたけど、もうちょっとこう
力技で解決!!って形にしなくても深く面白く
なりそうな気がして、もったいない気がしました。
(なんて不遜な感想!すみませぬ・・・。)

ソックスが観たかったけど、映画館で大泣きすること
間違いなしだったのでDVDを待つことにしました。

投稿: ひらまこ | 2008年3月27日 (木) 14時59分

きゃー!ひらまこさん、こんにちは!ご無沙汰してます、お元気ですか?コメントありがとうございます。
ご覧になったのですかこの映画。旦那様と一緒に、とか?ふーんだ(←?)
きっと観たほとんどの人が、「あいつらは一体なんだったんだ・・・」と思ったことでしょうね。ほんと、力技ではなくもっと頭脳というか理論というか、そういう展開で行けたような気がします。もったいないなあ。
ちなみに、あの気になる彼をわたしが最初に観た映画は、アレハンドロ・アメナバール監督の『オープン ユア アイズ』という作品でした。トム・クルーズの『バニラ スカイ』のオリジナル版です。すんごい救いのない話だった・・・。
もひとつちなみに、ソックスくんの映画は最後のほうで皆さん号泣されてるようです。館内チェックに入った同僚も、チェックなのに泣きそうになったと言ってました。やっぱ自分ちでひっそり観る方がいいかもですね。
それではこの辺で。またメールしますねー。ありがとうございました!

投稿: かいろ | 2008年3月28日 (金) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101793/11777268

この記事へのトラックバック一覧です: 『バンテージ ポイント』  一体何人死んだんだー!:

« 『魔法にかけられて』  歌って踊って闘う!プリンセス | トップページ | 道は長くて険しいのだ »