« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月30日 (日)

書評を読んで涙がぽろり

うちの新聞は読売新聞です。
読売新聞には毎週日曜日に‘本 よみうり堂’という書評コーナーが掲載されていて、毎週楽しみにしてます。紹介された本を実際に買ったことはないけど(←買えよ)、いろんな人が書いてて面白いのです。
今日の本はまた特に面白そうでした。しかも、書評のひとつを読んで朝っぱらから菓子パンをほおばりながら泣いてしまった・・・。

結婚しなくていいですか。―すーちゃんの明日 Book 結婚しなくていいですか。―すーちゃんの明日

著者:益田 ミリ
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

書評を書いてらっしゃったのはノンフィクション作家の梯 久美子さん。イーストウッド監督の硫黄島2部作のパンフレットに寄稿?されてましたね。
たぶん来週の本 よみうり堂の書評にちゃんと全文掲載?されると思いますが、わたしを泣かせた部分だけちょっとご紹介させてください(著作権の問題はありますけど、こんな超弱小ブログならきっと大丈夫でしょう・・・)。

“すーちゃんは地道に暮らすちゃんとした大人だけれど、心は女の子だ。今どきの独身女性は、女の子のまま三十代になり四十代になる。一人で老いる不安を抱きつつ、前向きに生きている、もう若くない女の子たち。”

某有名女性歌手の「35歳を過ぎたら~云々」という失言についてはじめに触れ、
“世の女性たちが怒ったのは、彼女の無知に対してではなく、「腐る」という表現に、歳をとると女は汚くなる、という若さゆえの傲慢を感じ取ったからではないか。少なくともわたしはそうだった。”
と書いた梯さんは、この『結婚しなくていいですか。 すーちゃんの明日』を読んで、こう考えます。

“この本を電車の中で読んでいたら、涙が出て困った。花粉症のふりをしてティッシュを取り出しながら、ふと思った。あの女性歌手は、傲慢ではなく、ただ怖かったのではないか。芸能人もOLも、若くても中年でも、女の子はみんな怖いのだ。歳をとって体が衰え、醜くなることが。孤独に老いるかもしれないことが。”

ここまで読んでわたしの目は潤んでたのですが、最後に梯さんの出した結論でついに涙がこぼれてしまった(その部分は来週のお楽しみということで・・・)。
今現在すーちゃんよりももっと不安な立場にいるわたしも、すーちゃんの暮らしぶりや考え方に触れたら元気になれるかな。

しかし‘ちょっと’と書いたのに半分くらい載せちゃった。まずいかな???まあしょうがないや。

それからあともう一冊興味を引かれたのがこの本。

獄窓記(続) 獄窓記(続)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

詳しい内容や読んだ方の感想はAMAZONでご覧になってみてください。書評をされた読売新聞論説副委員長は本よみうり堂の中で、”塞翁が馬とは、まさに著者のような体験をした人のことを指す言葉ではないだろうか”と書いてらっしゃいます。う、読んでみたい・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水)

道は長くて険しいのだ

おとといまで久しぶりに5連勤で働いてて、昨日と今日は2連休です。
昨日は午前中レッチリを聴きながら(歌いながら)庭の草取りを少ししました。で、チューリップの蕾を見つけた!そして全く花の咲きそうな気配のないポピーにも蕾のようなものがついてたけど、これはどう見てもポピーの蕾ではない・・・。わたしが買った種は果たして本当にポピーだったのだろうかと不安になってしまいました。とにかく、しばらくはこの蕾らしきものがどうなるのかを見守るしかないです。なんか咲くんかな?

さて本題。
同じ映写を担当している同僚で、わたしより一回りぐらい年下のSくんという男の子がいます。一緒に働いてかれこれ2~3年くらいになるのにプライベートな会話をほとんどしたことがない(だってシフトがあまり重ならないんだもん)わたしは、音楽に詳しいという彼に「レッチリ好き?」と聞いてみたいのをずっと我慢していました。
しかしチャンスはやって来た!おととい、とっても珍しいことにSくんが朝のシフトだったので、タイミングを見計らって(←?)どきどきしながら尋ねてみました。「レッチリとか聴く?」するとSくんの答えは、

「レッチリから始まってどんどん洋楽を聴くようになったんです」

キャーーーhappy01sunmusic

比較的ヒマだったけどそれなりにすることはあったので結局少ししか話せなかったけど、どのアルバムから聴きだした?とか、ライブ行ったことある?とか、やっぱり昔と今のレッチリだったら昔の方がいいと思う?とか、他に聴くんだったら何がお勧め?とか、いろいろ質問攻めにしてしまいました。ごめんねSくん。しかし別に嫌がらずに答えてくれた彼はいい人でした。
しかもわたしの休憩時間に休憩室にやって来て、彼のロッカーに入れてあった(らしい)音楽雑誌を持って来てくれた。レッチリのフロントマンA.キーディスが表紙!わたしが悲鳴をあげたのは言うまでもありません。家に帰ってから貸してもらったその雑誌を何度も読みました。ありがとうSくん!そしてありがとうレッチリ!レッチリを聴いてなかったらSくんとこんな風に話すこともなかっただろうな・・・。

Sくんが勧めてくれたバンドのアルバムを今度借りてみようと思っているのですが、彼曰く「ヴォーカルがイケメンなんですよ」とのこと。「や、わたしは(レッチリの)アンソニーが・・・」と言ったら、「濃いいのが好きなんですね」 や、やっぱりそうなのかな・・・coldsweats01

Akiedis_80229_1_2 アンソニー・キーディス

アンソニーを見てると思い出す俳優さんがいます。

Pstormare_80229 P.ストーメア

Vdiesel_80229_3 V.ディーゼル

2人ともけっこうというかかなり好き・・・ってことはやっぱり濃いのが好きってことなんでしょうね。

レッチリのギタリスト、ジョンは‘自分の好きなアーティストが何を聴いてるのか調べたり、ジャケットで選んでみたり、自分の周りでクールだと思う人に聞いてみたりしていろいろ聴くといい’と言ってました。
Sくんは「同じ人がライナーノーツを書いてるのを聴いてみたらいいですよ」と教えてくれたけど、これからどうやって好きな音楽を増やしていこうか今思案中です。貸してもらった雑誌のレッチリ以外のアーティストの記事をちょっと読んでみたけど、やっぱり音楽を文章で伝えるのって難しいような気がします。実際聴いてみないと。

映画を開拓していくのはけっこう簡単。予告がかっこよかったとか、あらすじが面白そうだったとか、出ている俳優さんが好きだからとか、基準がたくさんあります。
でも音楽はそうは行かないんですよね・・・(わたしには、ですが)。ちょこっと聴いてすぐ「いい!」とか「ダメー」とか、簡単に判断するのもなんか失礼な気がするし(レッチリは例外だったけど。すぐに大好きになりました。よっぽど合ってたんでしょうか?)。でもあまり引っかかるところのない音楽をずっと聞き込んでいくのもきついしなあ。深く考えないでとにかくいろいろ聴けばいいんでしょうけど。

というわけで、膨大な数の音楽の中から自分に合ったものを見つけようと歩き始めた道は、長くて険しいようです。今度時間があったら、またSくんを質問攻めにしてしまいそうだなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月25日 (火)

『バンテージ ポイント』  一体何人死んだんだー!

これまた予告でスタッフを沸かせた作品。このポスターかっこいいですね。

Vantagepoint_80320_4 『バンテージ ポイント』 (’08 米)

この作品のような、同じ出来事をいろいろな視点から見たり時間軸をいじくったりする話というのは古今東西老若男女を惹きつけるものらしく、公開初日は映画館側の予想を裏切るくらいのお客さんの入りでした(わたしは最初っからけっこう入るんじゃないかと思ってたけどねーだ←自慢)。

8人の目撃者が見たものを通じて事件の真相が少しずつ暴かれていくので当然時間が何回も巻き戻るわけですが、正直言って「うーん、またか」と思わないわけではなかった。ちょっと前に公開されて巷ではかなり評価が高かった(らしい)『バタフライ エフェクト』を思い出しました。あの映画も、最初はかなり引き込まれて観てたけど途中からちょっとうんざりしてしまったので。
しかし『バンテージ』の方は巻き戻るたびに新たな事実が判明していくので、「またかー」と思ってもうんざりしている暇はありません。しっかり観ないといけない。うー製作側の思う壺。

Vantagepoint_80320_2
大好きS.ウィーバー。もう少したくさん出番があったらよかったな。

以下ネタばれ。映画をご覧になる予定の方は読まないでください。

あの犯人たちがどういう組織に所属していて、どういう目的で大統領を誘拐しようとしたのかが(それなりに予想は付きますけども)全く描かれていないのがわたしにはかなり不満でした。
同じく、大統領側に裏切り者がいるんだろうなというのはまあなんとなくわかってたけど、彼がどういう人でなぜ裏切ったのか、最初から大統領を誘拐する目的でSPになったのかなんてことも結局不明なままだったし。
もう半リールくらいの長さがあったらそこのとこも描けただろうけど、しかしあのテンポと緊迫感を損なわずにそれを描くのはけっこう難しいかもしれない。うーむ悩むところです。でも、プロの脚本家ならそこのとこもうまくやって欲しいんだけどと思うのは欲張りすぎでしょうか。

Vantagepoint_80320_3_2
中央の彼、予告の時からかっこいいなーと思ってたら、ずいぶん前に別の作品でもときめいたことのある役者さんでした。濃ゆい顔が好きなんだろうか、わたし。

緻密な計画を立て、用意周到に準備をして、最先端の技術を駆使し、ほとんど成功しかけていた作戦。しかしいくつかの偶然のせいで、その成功は夢と消えました。
爆発の後カメラマンが逃げていくのをD.クエイド演じるSPが見なければ、彼はテレビの中継車の存在を思い出さなかっただろうし、あの混乱でお母さんとはぐれた女の子が道路を横切らなければ、犯人たちはそのまま逃げ切れていたはず。極悪非道のテロリストにも少女を轢き殺すことはできなかったんだなあ。あんなに何人も殺したのに。

Vantagepoint_80320_1
F.ウィテカーの場面ではちょっと和んでしまった。彼の瞳はキラキラしてる。

終わってみれば、実は大統領狙撃から犯人射殺までたぶん長くて1時間ぐらいしか経ってなかったというなんとも素晴らしいスピード解決。でも死人の数が多すぎ。それがテロという行為なんですね・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

『魔法にかけられて』  歌って踊って闘う!プリンセス

久々に観たラブコメディ。ほんとにこういう映画に飢えてたんだなあと気付かされてしまいました。暇さえあれば上映チェックと称して映写室から覗いております。

Enchanted_80320_1 『魔法にかけられて』 (’07 米)

あらすじは省いて以下ネタバレ。

初めて予告を流した時、映写担当スタッフの間で「なんかすごく面白そう!」と話題になった作品です。お肌の状態からしてお姫様がわりと歳とってそうなのが個人的にちょっと気にかかったのですが、公開された週にさっそく観てしまいました。とってもとっても観たかったのですhappy02

ディズニーアニメの定番である‘通行人全員を巻き込んでのミュージカル’、あの公園での場面は圧巻。実写でやるとこんなになるんだー、と感嘆してしまった。あの時点ではふたりは気付いていなかったけど、あれは立派な“デート”でしたよね。ああいいなあ・・・。

Enchanted_80320_2_2 
主人公のジゼルが可愛い!33歳の女優さんだろうと関係ないもん(というかむしろその年齢で演じてくれたのが嬉しい)。声も綺麗だったし。

おとぎばなしの世界にいたジゼルは、怒りや悲しみや切なさといったいわゆるマイナスの感情?とは無縁でした。上の画像の場面で「♪エドワードが迎えに来てくれるまで切なくてたまらない~」なんて歌っていたけど(もしかしたら字幕の字数の都合でそう訳されていただけかも?)、このときの彼女には‘切なさ’のなんたるかがまだ本当にはわかっていなかったのだと思う。
“運命の相手と出逢ってお互いに一目惚れ→そしてHappily Ever Afterに暮らす”の結末が待っていると、それまで信じて疑わなかった。そんなジゼルがロバートに出会い、怒り・戸惑い・切なさ・そして本当の喜びと、自分で考え、決めて、選ぶということを知る。

人間になりたいと願う悪魔が主人公の、わたしの大好きな漫画があるのですが(でも未完のままなんですけど・・・)、その中で主人公のアクマくんは「真の幸福とは?」と尋ねられこう答えました。

「獲得するものなんじゃないですか 
与えられた幸福が自分にとってそうではなかった場合」

ジゼルも、ガラスの靴(ではないけどそういうふうに見えなくもない)を脱ぎ捨てて剣を取って悪い女王と戦い、愛するロバートを守りました。この時のふたりの会話がね、何度観てもよいのです。

ジゼル 「本当によく落っこちるわね」
ロバート 「君がいれば大丈夫」

Enchanted_80320_3

先にも書いたようにジゼルは可愛く、そしてロバートがまたよかったです。P.デンプシーで‘子持ちのやもめ(←ちょっと言葉が悪い?)’という設定が大正解だった~heart04
やって来たばかりの頃のジゼルが勝手にカーテンでドレスを作った時はカンカンに怒ってた彼が、その次にベッドカバーか何かがやられている(切り取られている)のを見たときの、ものすごく優しい笑顔。ここの場面も何度も何度も観て、その度にため息をついてしまいます。
ロバートの娘のモーガンも可愛かった。最初の方でなぜ空手着か柔道着を着ていたのかが謎ですが。彼女が緊急事態で最終兵器(←?)を使う場面ではお客さんが爆笑していました。
それにお気楽能天気だけど肝心なところではきちんと人の心を思いやることのできるエドワード王子(J.マーズデン最高!)、女王様命!だったのにそんな自分に疑問をもつようになるナサニエル(T.スポール芸達者~)、執念深くて意地悪な女王様(S.サランドン似合いすぎ)、最後にガラスの靴を履けたナンシー。毎度のことだけどやっぱり脇役ってほんとに大事なんだよなーと思います。

おとぎばなしの住人が、現実の世界で手に入れた“Happily Ever After”なエンドマーク。でもやっぱりこれは充分におとぎばなしだよなあ・・・と思いつつ、またきっと明日も映写室からジゼルとロバートの恋物語を覗くことになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

春はすぐそこ・パート2

この頃やけにあったかくていいお天気が続いてましたね。明日は全国的に雨模様らしいですが、雨が上がったらまた一歩春に近づくんだろうな。

今うちの庭は黄色と紫が点在している状態です。我が家の名物(?)の諸葛菜があちこちで咲きはじめました。それからなぜか去年より増えたヒヤシンスと、なぜか去年よりも背が低い洋水仙がポコポコと顔を出してます。

Cimg0934_2 
諸葛菜がちょっとわかりにくいけど・・・。クリックで拡大してください。

この洋水仙たちはいろいろ苗を植えたときに球根を掘り出したもので、咲くかわかんないけどとりあえずという感じで埋めといたんですが、きちんと咲いてくれました。丈夫なんですねえ。感心。
そして、去年の秋に種を撒いてずーっと見守ってきた青いネモフィラがとうとう咲きました。嬉しい~。ああ長かった~。もっとたくさん咲いたら写真を撮ろうと、虎視眈々と狙ってます♪

そしてそして我が家の名物がもうひとつ。ゴキブリです!何日か前に台所で発見して、まだかなりヨロヨロノロノロしてたけど、もうそんな季節なのね~と母としみじみ(←?)してしまいました。まるで春の風物詩扱い。まさか春の季語ってことはないでしょうけどね。

今日帰りに通勤途中にある桜の木を見てみたら、蕾が膨らんでいました。桜が咲いたらウォークマン聴きながらカメラ持ってお散歩決定です。ううー、待ち遠しいなbud

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

突然炎のごとく?(映画の感想ではありません)

今回の記事は皆さまからするといつにもまして興味がないだろうと思われますが、どうしても書きたいので書かせてください(←懇願)。音楽の話です。

去年の秋に買ったウォークマン(今はデジタルオーディオプレイヤーと言うのでしょうけど)。買ったばかりのころよりも、今のほうが大活躍してます。酷使しすぎていつ壊れるかとちょっと心配・・・。

◆土日出荷OK!◆◆手数料・送料無料!◆SONY デジタルオーディオプレイヤー 2GB“ウォークマンEシリーズ” NW-E015-L [NWE015L] (ブルー)

なんかガムでも入ってそうですごく可愛いなー、iPodは高いし動画なんかの機能はいらないや、ただ音楽が聴けたらそれでいいもんねと思ってこれを選びました(AMAZONではわたしが買ったときより安くなってるみたいでかなりショックですが)。

最初の頃はそれまで持ってたCDの曲を入れて聴いてたんだけど、さすがに同じのばっかりでは飽きてくるので何か他の人の曲を聞いてみようと思い、中学生の時以来久しぶりにCDをレンタルするようになりました(なんか‘~~以来’っていうのばっか)。
そしてそこで、運命の出会いを果たしてしまったのです。RED HOT CHILI PEPPERS にshine

レンタル屋さんの棚の前でCDを眺めながらも何を聴いたらいいのやらわからず、とりあえず借りてみたのはなんとなくピンとこないものばかり。そんな中でそういえば・・・と思い出したのが映画『DEATH NOTE』の主題歌がかっこよかったなー、ということ。でもレッチリといえばなんか過激というか攻撃的というイメージが強く、ずいぶん前にちょっと聴いたけど‘たぶん好きになれないだろうな’と敬遠してたのでした。
それが、このアルバムを聴いてみたら・・・!

ステイディアム・アーケイディアム Music ステイディアム・アーケイディアム

アーティスト:レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2006/05/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

すごくかっこいい!もう全部がかっこいい!ヒャー!と、年明けからこっちもうずっとレッチリ漬けの生活になってしまいました。実は今も書きながら聴いてます。

こんな‘超’がいくつも付くようなメジャーなバンドに入れ込むことになるなんて(聞くところによると250,000枚のチケットが4時間でSOLD OUT になったそうです。2万5千じゃないんです、25万なんです)。今はこの『STADIUM ARCADIUM』からさかのぼって昔のアルバムも聴いてるんですが、そういうことも含めて、ひとつのバンドに対するこの熱中ぶりにはなんか覚えがある・・・。高校生のころファンクラブに入るほど好きだったUNICORNだ!“三つ子の魂百まで”ってことなんですかね(←ちょっと違う?)。

これまでUNICORNのヴォーカルだった奥田タミーの歌声がこの世で一番ステキだわlovely と思ってたのですが、レッチリのAnthony Kiedis の声もほんとに大好き。セクシーだったりハードだったり優しかったり渋かったりで実に多彩です。彼の歌声を聴いてると、なんか妙な気分になってきます(←へ、変態?)。
ではここで、かっこいい音楽と美しい歌声のPV2本をどうぞ。

東京スカパラダイスオーケストラと奥田民生の美しく燃える森のPVです。 Author: yumichi225 Keywords:  東京スカパラダイスオーケストラ スカパラ 奥田民生 Added: February 20, 2008

何年か前にCMでこの歌が流れたとき、最初は誰が歌ってるのかわからなくて‘あらーすごくいい声’と思ってたのですが、後でタミーだったのだと知って驚愕しました。なんだか別人のように色っぽい声だったので。何度聴いても飽きない名曲です。

By The Way Videoclip Author: Davidmhsp0108923000 Keywords:  By The Way Added: February 16, 2008

このPVを作る時、ヴォーカルのアンソニーを誘拐するイエローキャブのおじさん役を打診されたジム・キャリーは、‘曲が好かん’と断ってしまったそうです。なんつうもったいないことを!!!わたしは大好きよこの歌ー!!!
ちなみにアンソニーを助けに行くふたりがベースとギター(青い髪がベースのFlea、長い髪のほうがギターのJohn Frusciante)で、最後にまたあのタクシーに乗ってしまうのがドラムのChad Smithです。いちおう念のため(←?)。

レッチリを知って以来、通勤時も、仕事の合間の休憩時間も、夕飯の後片付けの時も、ゴミ出しに行く時も、ずーっとウォークマンが一緒。できればお風呂に入るときも聴きたいくらい。
街中では曲に合わせてものすごく正確なリズムで歩いたり、早くなったり遅くなったり。なんとなくでなく真剣に聞き入ってるので、後ろから車が来てるのに気付かなかったり。
お皿を洗う時は頭を振りながら一緒に歌う(うちの台所は道路に面してるので外に丸聞こえだったりする)。
夜も聴きながらそのまま眠っちゃったりして、睡眠学習状態。このまま行けば英語の聞き取り能力が上がるかも!と期待してるんですけど、それはないだろな。

今回の出会いでひとつ勉強になりました。自分では苦手だと思ってる分野にこそすごく好きなものがあるのかもしれないnotes  よし、がんばろう。
それにしてもレッチリのLIVEに行ってみたい。いつか行けるかな・・・。行くまで死ねないな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

梅・梅・梅!

今日はお休みだったので、全国的にも有名な学問の神様が祀ってある天満宮に梅を見に行ってきました。

Cimg0912
快晴!というより曇り空だったので、写真が上手く撮れなかった。
いや、もちろんそもそも腕が良くないんですけど。

あいにく大雨が2回ほど降った後だったので多くの梅は散りかけていました。でも写真撮りまくっておみくじ引いて幸運のお守り買って、久しぶりの天満宮(たぶん大学受験以来?)を満喫。
毎年お正月はお参りなどせずに家でだらだらしてるので、今日はこの時とばかりにおみくじを3つも引いちゃった。だって最初のやつがあまりにも悪い内容だったんだもん。2つ目の方はわりと良かったのでホッ。そしてその後で今度は‘恋みくじ’なるものも引いてみたら、なんと‘大吉’でした。恋のお相手、いないんですけどね・・・。今後現れてくれるのかな・・・。現れてほしいな・・・。

Cimg0901
これは先週撮ったうちの梅。
この日はとっても天気が良かったので、青空をバックにできてご満悦でした。

そして今日は偶然にも‘曲水の宴’が行われる日で、そりゃ見ないけん!と意気揚々と行ったら、人だかりで全然見えませんでした。小さな川を盃が流れていくのを見たかった・・・。でも十二単のお姫さまたちは少し見られましたgood ‘ミスなんとか’とかいう人ばっかりだった。

Cimg0919
人を入れずに撮るのは至難の業でした・・・。

本当は人があまりいなさそうな平日に行こうと思っていたのですが、今日は日曜日で雨も降っていなかったので、参道も社殿も参拝客であふれてました。でも、がらんとしているよりそっちの方が‘天満宮!’という感じですよね、うん。とっても有意義な休日を過ごせました。
なお、このほかに撮った梅の写真を‘マイフォト’に載せておりますのでよろしければそちらもご覧ください。サイドバーのカレンダーの下あたりにありまーす。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »