« 2007年8月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年11月

2007年11月 5日 (月)

復活しました

最後に記事を書いてから2ヶ月以上経ってしまいました。だいぶん寒くなってきましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
夏を過ぎて園芸にもってこいの季節になったけれど、うちの地方はこれからお日さまにお目にかかれない日が多くなりそうで(日本海型気候の特徴なんだそうです)、我が家の庭も今ちょっと淋しい状態。
でも、細々とではありますが、花は何かしら咲いています。

Cimg0728
これは1ヵ月ほど前に撮った写真なので今はほとんど咲いていませんが、
‘室内園芸の女王’と呼ばれているらしい(?)グロキシニア。
栽培のコツを会得できなくてなかなか咲かなかったので、
最初の蕾を見つけたときはすごく嬉しかったです。

Cimg0701
例のミニバラ。生き残った3つの芽がすくすくと成長して、
今はこれよりもっと大きくなってます。
花の色はふたつが白、ひとつが薄い桃色。
(しかしつい最近咲いたときはちょっと赤さが増してました。
最終的に何色になるんだろ?)

Cimg0790
石蕗。植えたわけではないのに、毎年咲いてるらしい。
黄色い花があると明るくてよいですね。どよどよした空の下でもとっても元気です。

Cimg0775
菊(何という種類なのかはわからないけど)。
蕾が少しずつ膨らんでいくのを観察しながら、楽しみに待ってました。
つ、ついに咲いたー♪

Cimg0781
梅雨前に苗を植えてからほとんど咲かなかったディアスキア。
陽射しが弱くなってきた10月半ば頃から咲き始めました。長かった・・・。

他には、春に向けてネモフィラとカリフォルニアポピーを種から育ててます。同じように種を撒いて楽しみにしてたコスモスは夏の間にほとんどダメにしてしまいましたが、今回は上手く咲かせられるでしょうか・・・。冬の間の世話って難しそうだからなあ・・・。まあなんとかするしかないか~(弱気→ひらきなおり)。
それから、この間スカシユリの球根を植えました。けっこう大変だったけどちゃんと芽は出てきてくれるかしら?
しかし毎年ほったらかしにしている水仙とスパラキシスの球根たちは、夏の間にズカズカズカズカさんざん踏みつけていたのに今年も芽吹いてきました(あらゆるところから芽が出てくるので、うっかり踏んでしまわないように慎重に歩く日々・・・)。スカシユリにも見習って欲しい!!!

わたしの園芸熱はどうやら来年の春まで持ち越しそうです。その先は・・・どうかな・・・???

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2007年8月 | トップページ | 2008年1月 »