« 夏にはこんな映画館 | トップページ | 復活しました »

2007年8月26日 (日)

ああ青春の高校野球

今年の甲子園で優勝したのは隣県の高校でした。
先週末、選手と監督を招いての特集番組があったのですが(なんたってお隣なので我が県もちょっと盛り上がっているのかな?)、若者たちが汗と涙を流して一所懸命に戦い応援している姿を見て目頭が熱くなってしまった(ああわたし歳取ったなーと思った瞬間・・・)。それと同時に、わたしの甲子園の思い出もが甦ってきたのでした。

今を去ること?年前、わたしが中学生の頃ですが、家からそんなに遠くないところにある高校が甲子園で準優勝しました。そんときは本当に市全体が大フィーバー!といった感じで、わたしは当時バレー部で夏休みの間じゅう部活に専念してたんだけど、たしか決勝戦を見られるように顧問の先生が練習を早く切り上げてくれたような記憶が。
故郷に凱旋するナインを一目見ようと駅まで出迎えに行ったり、高校野球関連の雑誌を買いあさったり、あの夏は本当に甲子園一色だったなあ(去年のBBM病を彷彿とさせるような。この頃から既に入れ込むとトコトン!だったのかあ・・・)。そのとき買った雑誌は、今でもちゃんととってあります。わたしの青春(!)の大事な1ページです。イヒヒ。

では短いけれど今日はこの辺で。

|

« 夏にはこんな映画館 | トップページ | 復活しました »

日々のもろもろ」カテゴリの記事

コメント

かいろさん、こんにちは。
高校野球は子供の頃、毎日毎日夢中で見ていました。昔の話ですが、昭和51年に西東京代表の桜美林高校が(よほどクジ運が良かったのか?←こらこら)全国制覇しまして、そのときは母にせがんで数寄屋橋(当時)の朝日新聞本社までつれてってもらい、桜美林ナインの凱旋風景を眺めたことがありました。
そう、夏の高校野球といったら「朝日新聞」。・・・その朝日新聞社が最近なんと!あの、かいろさんのオススメ本『川の光』の宣伝を立て続けにしてくれたのでした(嬉)!まずは週刊朝日の先週号の書評欄で丸々一頁使って褒め称え、21日朝刊では作者・松浦寿輝さんのインタビュー記事を掲載、そして更に26日の日曜書評の欄で『川の光』に思いを寄せる作家・重松清さんの心温かい文章が掲載されました。さすがに「ライバル讀賣の新聞小説です」とは紹介されてはいませんでしたが、『川の光』を読んだ朝日の社員のどなたかがきっと「このすばらしい小説を讀賣読者だけのものにしてなるものかぁ!」と考えたのだと思います。
私も7月下旬に買ってすぐ読みました。上記の重松さんは(いい歳して恥ずかしながら)読んでいる間何度も「がんばれタータ」と声をあげてしまったそうですが、私も同じでした。登場人物たちが本当に魅力的ですね。おばさん猫ブルーが「何故ネズミを食べないのか」その理由には大笑いしました。一番かっこいいのは(出番はちょっとだけどとても重要な役の)グレンです。タータを叱り、励まし、導くグレンは、あの「NHK朝の連続テレビ小説」最大の世界的ヒット作『おしん・少女編』で少女おしんの心に強烈な印象を残した、中村雅俊演じる孤高の脱走兵のような凛々しさです(←例えが古すぎたかな~:汗)。島津和子さんの可愛らしい挿絵もたくさん掲載されてましたね。モグラ母子の横でお腹をかかえて笑うタータの絵が特に可愛い~♪
かいろさんが紹介してくださらなかったら絶対読むことはなかった本です。ありがとうございました!そして、まだお読みでない方はぜひぜひ『川の光』をご一読ください。この小さなネズミ親子が体験した愛と勇気の大冒険をどうか知っていただきたいと思います☆

投稿: メグ | 2007年8月27日 (月) 23時12分

かいろさん こんにちは。
『川の光』の続報です。上記に書きました作家・重松清さんの『川の光』の書評、朝日新聞のWEBサイト“asahi.com BOOK”で全文を読むことができます。とっても良い書評なのでぜひ読んでみてください。それから一週間遅れて、主にビジネスマンが読んでる(と思われる)日本経済新聞の日曜書評欄でも『川の光』が取り上げられました!翻訳家・金原瑞人さんが書評を担当しているのですが、そこには「なんなんだろう、この楽しさは!(中略)安心しながらひやひやしながら、それでいて楽しいという、絶妙なバランスの作品」という称賛の言葉が書かれていました。他紙までもがここまで讃えるとなると、お気の毒なのは、讀賣新聞の記事を日々読んでいながら、この新聞小説をついうっかり読まずに過ごしてきてしまった讀賣新聞定期購読者の人たちですね。「あぁ~読んどきゃよかったぁ」と今頃後悔してるかも。でも、この本の帯には「空前の反響を呼んだ新聞連載がついに単行本化!」の文字が踊っているから、きっと、かいろさん母娘のように連載中にタータ&チッチ中毒患者となってしまった読者がいっぱいいたんですね。私もまわりの人に自信を持って薦めています。
ではでは。かいろさんちの方面も9月に入っても蒸し暑い日が続いているようですが、どうぞお元気で!ばいばい☆

投稿: メグ | 2007年9月 6日 (木) 21時19分

かいろさん こんにちは。
僕、モラリーノです。弟の名前はモリスカヤ。僕が誰だか分かるよね(笑)。
お元気ですか。かいろさんのお声がここしばらく聞かれないのでちょっと心配して来てしまいました。お元気ならいいんです。お元気でいてください。僕たちも新しい土地で家族3人、元気に暮らしています。モリスカヤ・・・じゃなかった、チッチもだいぶ逞しくなったんですよ。川のまわりの草花は秋から冬の姿へ変わりつつあります。ついこの間まで「暑い、暑い」と言っていたのにね。
かいろさんに幸せなこと、楽しいこと、いっぱいありますように!
じゃぁ、最後に合言葉を言っておしまいにしますね。
 「川の光をもとめて!!」

投稿: タータ | 2007年10月19日 (金) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101793/7689909

この記事へのトラックバック一覧です: ああ青春の高校野球:

« 夏にはこんな映画館 | トップページ | 復活しました »