« ミニバラの日♪ | トップページ | ミニバラ、芽吹く »

2007年6月 9日 (土)

憧れの

昨日の『世界の車窓から』でイグアスの滝が紹介されていました。
イグアスの滝は、『ブエノスアイレス』を観て以来わたしの憧れの地です(ウスワイアの灯台も)。ナイアガラの滝よりも、より神秘的な気がします。個人的にだけど。
死ぬまでに一度でいいから行ってみたいなあ。

Wongkarwai_1126_1
以前に見つけた『ブエノスアイレス』のカレンダー壁紙(?)。こんなにたくさんの虹は出てないだろうけど・・・。

Happytogether_70609_1
サントラもイグアスの滝。綺麗なジャケットで見入っちゃいます。
撮影のC.ドイルはヘリコプターから身を乗り出して、死にそうになりながら撮ったそうですね。

映画の中に出てきたイグアスの滝は全体像がよくわからなかったんだけど、昨日初めて知りました。あんなに大きな、横にながーい滝だったんだ。やっぱりちゃんと自分の目で見てみたいです。壮観だろうなあ。で、ファイみたいに水しぶきを浴びて生まれ変わるのだ。
(・・・と、『ブエノスアイレス』をご存じない方にはなんのことだかわからない記事になってしまいました。すみません・・・。)
イグアスの滝の写真はこちら
もし行くことができたら、わたしもきっとものすごいカメラ小僧になってしまうだろうな~。

皆さんにも‘憧れの地’おありですか?地理に疎いので聞いてもわからないかもしれないけど、よろしければお教えください。

|

« ミニバラの日♪ | トップページ | ミニバラ、芽吹く »

日々のもろもろ」カテゴリの記事

コメント

かいろさん、こんにちは★イグアスの滝!かいろさんの“憧れの地”だったのですか。
昔、ラジオで流れていた自動車メーカー「フォード」のCMに、とても好きなのがありました。自動車には直接関係のない“世界近代史のエピソード”のようなものを紹介してくれる、ちょっと変わったCMだったのですが、そのひとつにこういうナレーションCMがあったのです。

  『かつてイグアスの滝を訪れたルーズベルト大統領のエレノア夫人は
  イグアスの雄大さを見て、こうつぶやいたという。
       「あぁ、なんて可哀想な ナイアガラ・・・」。』

イグアスの存在を知らず、「自分が世界一じゃ!」と威張っているナイアガラの滝が、夫人には気の毒に思えたのかもしれません。(・・・いや、別にナイアガラ君はそこまで自惚れてはいないと思うが:汗) このCMを一時期、毎晩のように聴いていて、私も「イグアスの滝ってどんななのでしょう」とずっと思っていました。かいろさんがご紹介くださった写真を見て、あらためて「すごい!」と感じました。このイグアスと、ナイアガラと、アフリカのヴィクトリア滝が「世界3大瀑布」でしたね。確か3つとも世界遺産だったと思います(←ちょっと自信なし)。私もこの3大瀑布、じかに見てみたいです。
あとは・・・場所はどこでもいいから、一生のうち一度でいいから、皆既日食(金環食)をこの目でぜひ見てみたいと思っています。それが私の「憧れの地」かな・・・。ほんとは「憧れの地」がいっぱいありすぎなので、ここらへんで失礼します☆ 
ありがとうございました!

投稿: メグ | 2007年6月10日 (日) 01時17分

メグさん、こんにちは!コメントありがとうございます!
そうなんです、世界三大瀑布で、世界遺産でございます。しかしビクトリア滝はよく知らないわたし・・・(いやいや、他のふたつもよく知らないのですが)。
もし「このうちのひとつを見せてあげる」と言われたら、間違いなくわたしはイグアスの滝を選びます。雨季に行くと水量が多くて見ごたえがあるそうなんですが、移動などが大変らしいし~なんて、行く予定は全くないのにあれこれ想像(妄想)して楽しんでいるのが現状なんですけど。いつか実現する日がくることを信じて貯金しようかな。‘イグアス貯金’☆
そして皆既日食、わたしも見てみたいです~!小学生の頃ぐらいに部分日蝕だかなんだかがあった記憶がかすかに残ってますが、当時からあまのじゃくだったわたしは‘そんなん興味ないも~ん’と変に意地を張って、結局見なかったのです。ハレー彗星もたぶん見てないし・・・。今後皆既日食の予定はあるんでしょうか???もしあったら、今度こそは素直に楽しみたいです・・・。メグさん、いつか見られるといいですね。
それではこの辺で。ありがとうございました!

投稿: かいろ | 2007年6月11日 (月) 21時44分

カイロさん、こんにちは。

ウチの家の前にも落差5メートルくらいのミニ滝があります。なので、滝には親しみを感じます。ですから、
「イグアスの滝」、是非見てみたい!
その神秘さと偉大さに圧倒的されるだろうな・・・、と思います。

6月の夏至の頃になると是非行ってみたいところがあります。白夜の北欧です。この時期北欧ではお祭りが開かれると聞きます、行ってみたいなあ、と虎視眈々と狙っているんですが、夢のまた夢ですね。そして、仮に夢が実現したら、白夜の街、通り、森、野山・・夜通し歩き続けてみたいです。

「真夏の夜の夢」の中に、「妖精の合唱」(メンデルスゾーン作曲)っていうのがあって、森の妖精が出てきて、蛙も蛇もトカゲも・・、みんなで、にぎやかに、騒がしく、踊ります。とても神秘的なんです。白夜の見せる夢なんでしょうね・・。やっぱ夢ですね。

投稿: つぎっち | 2007年6月12日 (火) 08時55分

つぎっちさん、こんにちは!コメントありがとうございます!大変遅くなってしまいましたがお返事させてください。
お宅の前に滝があるとは!ということは川もあるってことなんですか? わたしは滝にお目にかかることは滅多にないもので、とっても気になります~。落差5メートルって、住宅街の中にある滝としては大きいのではないのですか?見てみたい☆

そして白夜!そうでした、白夜も死ぬまでに一度見てみたいものリストに入っておりました!あとオーロラもでした~。北欧も憧れの地なのです(というか、地球上のあちこちに‘憧れの地’があるのでした)。
白夜の中で開かれるお祭りってどんななんでしょうね。それに夜通しの散歩・・・。幻想的でロマンチック。さすがつぎっちさん♪ 相方さんとゆっくり歩かれているお姿が目に浮かびます(お会いしたことはないけれども)。つぎっちさんの‘夢’も、叶うといいなあ。‘白夜貯金’始めてください!

『真夏の世の夢』は、大好きな演劇漫画や映画で観ました。でもメンデルスゾーンの曲は聞いたことないです・・・。父のコレクションのレコードの中にあるかもしれないので、探してみます(しかしプレーヤーが壊れているのであったとしても聞けないという。むむー)。
それではこの辺で。ありがとうございました!

投稿: かいろ | 2007年6月14日 (木) 14時47分

カイロさん、こんにちは。

家の前に滝がある、なんて書いたら、え?って思いますよね。フランクロイドライトの「落水荘」に住んでいるわけでもないのに。

滝は、しじみさんのブログに掲載されている、ウチの写真のダイニングの窓から見えます。桜並木の向こう側にあります。川じゃないけど、水路もありますよ。どうして滝がこんなところにあるのかというと、八王子は東京都とはいえ、山の中なんで、昔は雑木林だったところを開拓して住宅地にしてあるんです。全てを住宅地にせず、所々に公園として雑木林を残し、山を切っったところを滝にし、水路を作って、横を遊歩道にし、桜を植えた、そう、人工的に作っているんです。それでも滝は滝なので、水の音に癒されます。以前お送りした、シャンパンと桜の画像の遠くにかすかにですが滝が写ってますので、よく、目を凝らして見てみてください。今度ちゃんと滝の写真、デジカメで撮って送りますね。

妖精の合唱は、You tube で探してみましたがみつかりませんでした。ボクの持っているウイーン少年合唱団のレコードの中にはいってます。
解説を引用します。
妖精の歌、第二幕、第二場で、妖精たちによって歌われるものです。妖精たちは妖精の女王タィティニアのために「へびも、はりねずみも、とかげも、みんなひっこんでいなさい、うぐいすよ美しい歌声で子守唄を歌いなさい・・」と不思議な子守唄を歌います。
となってます。好きな歌ですが、リンゼイケンプの真夏の夜の夢を、東京、池袋の劇場で見た時以来、お目にかかっていません。ウイーン少年合唱団のレパートリーにもなっているので、運がよければ、日本公演で聞けるんですけどね・・・・。

投稿: つぎっち | 2007年6月15日 (金) 21時40分

つぎっちさん、こんにちは!コメントありがとうございます!いつもより更に遅くなってしまいましたがお返事させてくださいませ。
滝の写真、受け取らせていただきました♪ とっても涼しげですね。そして緑が美しい・・・。夏も木陰でひんやりのんびり、なんてよさそう~。つぎっちさんのお住まいは本当に環境のよいところにあるのだなあと再確認いたしました。
我が家のある住宅街も元々は山(の雑木林)だったはずなのですが、公園とか水路とか遊歩道なんて素敵なものを昔の人は作ってはくれませんでした。
わたしも水が大好きで、子供の頃は「庭に池がほしいーーー!」などという贅沢極まりない無謀な望みを持っていたものでございます。でも池だとせせらぎの音はしませんもんね。滝の流れる、滝の落ちる音が聞こえてきたら本当にホッとするだろうなあ。つぎっちさん、わたしの分まで癒されまくってください☆

『真夏の世の夢』の子守唄、全く別の、作者の創作した歌だと思いますけども、漫画でもありました。妖精がその歌を歌った後にパックが出てくるんですよね。
ウィーン少年合唱団のレコード!さすがつぎっちさん~。『真夏の世の夢』の子守唄の他にも、いろいろな曲が収録されているんですよね。心が洗われそう・・・。いいなあ。
それではこの辺で。ありがとうございました!
P.S.
バラの写真もありがとうございます♪ つぎっちさんのお宅のお庭は、やはり四季を通じて花が咲き乱れているんですね。時間はかかるだろうけど、うちの庭もそうなるように頑張ります!

投稿: かいろ | 2007年6月19日 (火) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101793/6728177

この記事へのトラックバック一覧です: 憧れの:

« ミニバラの日♪ | トップページ | ミニバラ、芽吹く »