« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月30日 (土)

夢見る乙女?

気付けばもう今年の半分が終わってしまいました。早いです。
そして6月中に書いた記事は、これを入れてやっと4本。しかも映画の感想をひとつも書いておりません。情けない。来月はもう少したくさん書けるといいんですけど・・・。

今月は、なんとなくずっと疲れが取れないままでした。後半は暑さが増したせいなのかなんなのか熟睡できなかったし。で、眠りが浅いのでたくさん夢を見た気がします。内容は覚えてないけど。
よく見るのは、甚だ不本意だけど(?)仕事の夢が多いです。フィルムを掛け間違うとか、機械がぶっ壊れるとか、大失敗してしまうとか(仕事がらみの夢にはろくなものがないからできれば見たくない~)。
その他には、ちょっとずつ違うんだけど同じようなタイプの夢を昔からよく見ます。遅刻しそうなのに靴紐がうまく結べない・電話をかけたいのにダイヤルが上手く回せない(プッシュホンでも上手く押せない)・誰か怖い人に追いかけられて命からがら家に逃げ込んで、鍵をかけようとするのにかけられない。その怖い人が到着して、力任せに戸を開けようとしている・・・。うわあ、なんか夢見が悪そうなのばっかり。
でも、嫌な夢の方が断然多いけど、時々ごくたまーに「ああ、このまま眠っていたかった・・・」というようなのもあります。たいてい恋愛もの?で、すんごくステキーな男性から想いを寄せられるのです、都合よく。現実ではもうめんどくさいからひとりでいいや~と思っているつもりでも、深層心理ではそうじゃないってことなのでしょうかね???うーむ。

ちょっと前に『ユメ十夜』という映画が公開されてましたが、そのホームページに‘夢占い’だかなんだかのコーナーがあったので映画を観る前にやってみました。結果は‘測定不能’。あらがっかり。それから何ヶ月か経った今またしてみたら、やはり‘測定不能’。なんでさー???わたしの夢、標準から外れてるのかしら???シェーッ。
ちなみに映画の方は、‘夢’だけあって摩訶不思議というかなんというか。ずいぶん前に観たのでもう忘れかけてますが、わけがわからんというものから怖いものや可笑しいものまで豊富な品揃えでした。松山ケンイチくんのやつがわかりやすく面白かった。あとは大好きな大倉孝ニさんのやつと、阿部サダヲさんのやつ。

_70302_1 漱石先生がこの映画を観たら、どう思ったかな?

夢ってほんと、筋が通ってない。ぶつ切りになってたり、いきなり場面が変わったり、自分なのに自分じゃなかったり。中学生の時の友達となぜか今の職場で働いてたりとか、突拍子のない設定の夢が多々あります。でも夢が理路整然としていたら、つまらないですもんね。
それでは最後にこの前見た仕事がらみの夢。
うちの映写の責任者である上司のNさんが登場。Nさんはなぜか映写の仕事に加えてボクシングジムを経営していて、そのジムの新人ボクサーはボクシングをしながら映写の仕事もしている・・・というものすごくヘンな夢でした。Nさんにこんな夢見たんですーと話したら爆笑されてしまった。そして「ボクシングとか全然好きじゃないんだけどなー、なんでかなー」と考え込まれてしまいました。それはわたしのせりふなんですけど。
ちなみに、その新人ボクサーはいい男でした。そう補足説明すると、Nさんはさらに爆笑していました。エヘヘ(←笑ってごまかす)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

ミニバラ、芽吹く

皆さま、2週間とちょっとぶりですがお元気でしょうか?
映画もたくさん観てるし花の観察もしてるんですが、いまいちパソコンに向かう気にならないのです。こんなダメダメブログをちょくちょく覗いて下さっている方、本当にありがとうございます。そして申し訳ありません。

とりあえずご報告です。ミニバラの芽が出ました。もうカビてしまっているのかと思ってたら、ピョコっと姿を現してくれました。2週間以上かかった・・・。やはり花の種類によって芽が出るのが早かったり遅かったりするんですね。

Cimg0521
ちょっとわかりにくいですが、この写真を撮った時点で3つ芽が出ました。
今はもうひとつ増えて、全部で4つになっています。

‘芽が出たらたくさん日に当ててください’と書かれているんだけど、今はあいにく梅雨なのだった・・・(ほとんど雨は降らないけど、でも太陽も出ない。だけど蒸し暑い。なんか損した気分じゃー、うぎゃー)。このままじゃひょろひょろの弱い株になってしまうよ~。
しかしここで疑問が。この栽培セット、缶に土を入れているんですが、言われるようにたくさん日に当てたら缶が熱ーくなってしまうんじゃないかしら???なんだか芽に悪影響を及ぼしそうな気がするんだけど。
そして更にもうひとつ疑問。もしその難題(?)をクリアできて芽がどんどん大きくなったとして、鉢に植え替えるときはどうしたらいいんでしょう???ビニールポットのように柔軟性がないから、とても難しそう・・・。そろっと土ごとはがせばいいのかな?できるかな?できるといいな。
以上、またひとりごとでした。

そうそう、この前名前を教えていただいたプリムラなんとかという花、ネットでは‘冬から春に咲く花’となっているのに、こんな時期にもかかわらず白い方もピンクの方もなんとまた蕾が出てきました。いいのかな?

Cimg0517
友人のGちゃん曰く、‘漬けたら食べられそう’な葉っぱ。同感です☆

しかし、毎回言ってるけど、植物のパワーってやっぱりすごいなあ。誰が見ていても見ていなくても土の中で人知れずエネルギーを蓄えて、「ヤーッ!」と花を咲かせるんですね。見習わんといけん(←なぜか方言)。
昨日DASH村での田植えの様子が放送されていましたが、わたしもゆくゆくはああいう生活をしたいなあと思うようになってきました。“人は土から離れては生きていけない”ということを噛みしめている、今日この頃です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

憧れの

昨日の『世界の車窓から』でイグアスの滝が紹介されていました。
イグアスの滝は、『ブエノスアイレス』を観て以来わたしの憧れの地です(ウスワイアの灯台も)。ナイアガラの滝よりも、より神秘的な気がします。個人的にだけど。
死ぬまでに一度でいいから行ってみたいなあ。

Wongkarwai_1126_1
以前に見つけた『ブエノスアイレス』のカレンダー壁紙(?)。こんなにたくさんの虹は出てないだろうけど・・・。

Happytogether_70609_1
サントラもイグアスの滝。綺麗なジャケットで見入っちゃいます。
撮影のC.ドイルはヘリコプターから身を乗り出して、死にそうになりながら撮ったそうですね。

映画の中に出てきたイグアスの滝は全体像がよくわからなかったんだけど、昨日初めて知りました。あんなに大きな、横にながーい滝だったんだ。やっぱりちゃんと自分の目で見てみたいです。壮観だろうなあ。で、ファイみたいに水しぶきを浴びて生まれ変わるのだ。
(・・・と、『ブエノスアイレス』をご存じない方にはなんのことだかわからない記事になってしまいました。すみません・・・。)
イグアスの滝の写真はこちら
もし行くことができたら、わたしもきっとものすごいカメラ小僧になってしまうだろうな~。

皆さんにも‘憧れの地’おありですか?地理に疎いので聞いてもわからないかもしれないけど、よろしければお教えください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

ミニバラの日♪

昨日、ちょっとした用事があって大学時代からの友人に会いました。
品物を渡してできればちょっと話せたらなあと思ってたんだけど、会うのが半年ぶりぐらいでつもる話がありすぎたため、結局待ち合わせの歯医者さんの前で(そんなところを待ち合わせ場所に指定した気の利かないわたし・・・)気付けば一時間半以上立ち話をしてしまった。ごめんねGちゃん。足痛くなかったかしら・・・。
しかも、Gちゃんは誕生日プレゼントまでくれました!このブログを読んでくれていてわたしが花の栽培に熱中しているのを知っているGちゃんからのプレゼントは、おいしそうなクッキーとミニバラの栽培セット。わーいわーい、ありがとー♪ さっそく種を撒きましたー。

Cimg0479 芽が出るのが待ち遠しい。

ということで、6月4日は虫歯の日と共に‘ミニバラの日’に決定(‘ポピーの日♪’でお馴染み?勝手に決めちゃいます)。何色のバラなのでしょうか。やっぱりオーソドックスに赤かな?
実は、庭に植えてある四季咲きのバラ。剪定するのが遅かったのでそちらもこれから花が咲きそうなのです。わーいバラ三昧の日々☆ 楽しみだなー。

しかしGちゃんに了承を得ないで記事にしてしまいました。重ねてごめんなさい、Gちゃん。怒んないでね(←焦りまくり)。

話は変わりますが、6月の花といえばやっぱりあじさいですよね。うちにもあるのですが、花の数が少なくてしかもちいさーい。でも今年もひっそりと咲いてくれました。

Cimg0490 これからもっと色が濃くなるのかな?

それと、またさらに話が変わりますが、どなたかこの花の名前をご存知の方お教えください。ずいぶん前に撮った写真で今は葉っぱだけになっているんだけど、葉っぱの茂り方がすごくてもしかしたら来年も咲いてくれるのかい?というほどの勢いなのです。

Cimg0223 他のお宅にもあるのを見た。けっこうポピュラー?

これも安い苗だったんだけど、多年草とか宿根草なのでしょうか?ご回答をお願いいたします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »