« 5月の庭 | トップページ | 幸せな瞬間 »

2007年5月29日 (火)

『スパイダーマン3』  ダークサイドでも童顔です

予告編がすごく大変そうで、観るたびに「うう~、どうなるんだ~?」と心配してました。

Spiderman3_70520_1_1  『スパイダーマン3』 (2007 米)

あらすじは省いて以下ネタばれ。

実はこのシリーズに格別思い入れがあるわけではないです。どれも1回ずつしか観てないし、細かいところはもう覚えていません。だから前作と今作のオープニングクレジットでそれまでのおさらいをしてくれるのがとってもありがたかったりします(確か2のときは画面が劇画調で、かっこいい!と思った気が)。で、思い入れはないと言いながら‘MARVEL’のロゴが出るところではいつもワクワクしちゃう。
しかし今回は、最初に書いたとおり予告がとても面白そうだったのでけっこう期待していたのですが、観終わったお客さんが「なんか長かったね~」と言っているのが耳に入ってきてちょっと不安に。そして実際観てみるとわたしもやはり長く感じてしまったのでした。

Spiderman3_70520_2
蜘蛛の巣の上って寝心地いいのでしょうか?ハンモックみたいな感じ?
でもハンモックで寝たことないからわかんないや。

ヒーローの能力を発揮して街の人々を助けまわっているのに一番守りたい人たちの窮状を救うことができないピーターの無力感や、愛する人を失ってしまったドック・オク(でしたっけ?)の悲しみがすごく丁寧に描かれていて好きだった『2』に比べて、今作はそういう物語の部分にちょっと物足りなさを感じました。なんか中途半端な気が。
クレーン事故のエピソードは確かに迫力があってすごかったのですが、あまりいらなかったかもと思ってしまった。もっとも、ここがあったからスパイダーマンは名誉市民賞をもらって、‘あの金髪美人(美人ではない?)とキス’→‘そのためMJとの溝が深くなる’なので、なかったら困るんですけど。見せ場は最後の四つ巴の闘いで充分なんじゃないかなあ、と(しかしCGがすごいのはすごいんだろうけど、目まぐるしすぎて何がなんだかよくわからなかったというアナログなわたしです)。
それにしても、いくらなんでもあのキスはひどい。以前のピーターならそんなことはしなかっただろうし、きっとすぐにMJの気持ちを理解できたでしょうに。でもあの変な黒いのに寄生されたせいでライバルの写真屋さん(?)やハリーにひどいことをしても痛まなかった心がMJの言葉で正気に戻ったのだから、やはり愛の力は偉大です。

Spiderman3_70520_3
J.フランコがものすごい悪役顔になっててびっくりしました。
綺麗な顔立ちだからよけいに怖さが増すのかしら???
彼の演技力はもちろんだけど、メイクの力ってスゴイ・・・。

現実の生活で、すごくとげとげしい気分になってひどいことを言ったりしたりして後で悔やんだりすることがわたしにはあります。あの黒いのにとりつかれたらどうなるだろう?誰にも気を使わないでやりたいことやってでも後悔とは無縁でいられるなら、その気持ちよさは癖になってしまうかも。わたしはヴェノムよりなのかな・・・。ピーターがやっと引き剥がしてくれた黒いのを追っかけて、わたしも爆死する?そんなのはイヤー。

しかし、シリーズの最初から観てきて今作にたどり着いた人の99%がこう思ったことでしょう。
‘執事!言うの遅いよ!最初っから教えとけよ!’
でもそうは言いながら、ハリーにMJのことを「大事なお客さんなんですか?」「大事なお客さんなんですか?」と何度もしつこく聞く執事さん、よかったです。ああいう遠慮のない、でも愛のある主人と執事の関係っていいなあと思います。
それからピーターのおんぼろアパートの、口の悪い管理人さんも好きだった。あの役者さんは『遠い空の向こうに』で最初にホーマーたちを手助けする炭鉱労働者・バイコフスキーさんを演じていた方で、ああそういえば出てたんだ~と嬉しくなりました。

ワルのピーター=トビーくん、皆さんどう思われたのでしょう?わたしは観ていてちょっと恥ずかしくなってしまいました。やはり元々の路線の彼を見慣れているので・・・。ダンスはけっこう上手かったのかな?
久しぶりに『カラー オブ ハート』を観たくなりました。

Pleasantville_70529_1
10年ほど前の作品みたいなので、トビーくんもさぞ若いことでしょう・・・。
今でも若いですけどね。

|

« 5月の庭 | トップページ | 幸せな瞬間 »

映画・さ行」カテゴリの記事

コメント

かいろさん、こんにちは★
スパイディー「3」、5月1日の初日に見ましたー。しかも前日に近所のシネコンに予約いれておく気合の入れようで見ましたー。「1」は2回見て80点、「2」は6回も(!)見て99点と高評価していた私はかいろさんとはこのシリーズに対する思い入れが違うんだす(笑)。「2」以来3年間待って待って、やっとやってきた「3」・・・の出来がこれかいっ?!(怒&涙)はっきり言って私の「3」の評価は45点というところでしょうか。あまりに期待しすぎてたのでガッカリ度も倍増~でした。まぁ時間が経てば「そんなに悪くもなかったかなぁ。60点やってもいいかなぁ」と思いつつ、まだ3度目を見る気になりません(←もう既に2回見てるってか!)。シリーズ最終章ならもうちょっとスカッと終わってほしかったです。4作目はあるのかしらん、でももうトビーにはピーターを演じてほしくないです。「2」のときは、騎手役が素敵だった「シービスケット」を撮り終えたばかりだったのでスリムな体のピーターだったけど、「3」のトビーはすっかり中年の体つきで、スパイディに変身したときの8頭身のボディと全然違うのですもの。哀しかったです。かいろさんも誉めてくださったオープニングの「MARVEL」のロゴは確かにワクワク度満点だし、原作者のスタン・リーさんもあいかわらずお元気で今回もちょい役で出てたのが嬉しかったし、いいところも確かにいっぱいあったけど・・・うーん。なのです。ワルのトビーは、私も見てて恥ずかしかったですよ~。
しばらく時間を置いて、4作目はぜひ主役二人の俳優を若返らせて、またスパイディが颯爽と摩天楼を飛び回る勇姿を見せていただきたいと願うのでありました★

そうそう、「1」を見てすっかりスパイディ・ファンになった私はその後、スパイディ関連の記事をせっせとプログラムに貼り付けてきたのだけれど、今読むと感慨深い記事があるのでご紹介します。Newsweek 2003.4.2号にこんな記事が(↓)
「いよいよ今月から撮影が始まるスパイダーマン2の主役に交代説。トビー・マグワイア(27)からジェイク・ギレンホル(22)へ。(マグワイアは出演料で交渉決裂か?)ギレンホルに交代する理由。1、ギャラが安い。2.キルスティン・ダンストと付き合っているから自然に演技ができていい」

ギレンホルって誰だよっ!て当時は読んでて思ったけど(苦笑)。なんだかものすごく隔世の感がある記事です・・・。今思えば、「2」の段階でこの“ギレンホル”さんに交代していただいても良かったかもしれません。
では、おじゃましましたっ☆

投稿: | 2007年5月30日 (水) 22時33分

かいろさん、ごめんなさい!上記はメグのコメントでした。
いつもありがとうございます。今日もお仕事お疲れ様~。

投稿: メグ | 2007年5月30日 (水) 22時35分

メグさん、こちらにもコメントありがとうございます!
そうでしたね、メグさんは『スパイダーマン』がお好きだったんですよね~。『スパイダーマン』のプロ(?)のメグさんの中でも『2』は良い出来なんだと伺ってホッとしております☆
で、しつこいですが、やっぱり『3』は何かが足りないような気がするんです~。最後の3人の別れと、ピーターとMJのこれからをじっくり見せてくれたらよかったのでしょうか?うーよくわかりません。でもね、物足りないんですよね~(←しつこい)。
最初のMARVELロゴ、そしてそこにかぶさるお馴染みのテーマソング。ファンでなくともあれは盛り上がってしまうと思います。うお~っ、来た来た~!って。
しかし主演ふたりを若返らせる・・・うーむ。誰がいいでしょうかねえ?いっそ全然知らない人が演じたらいいかも。
そしてジェイクくんって話、そういえば以前どこかで読みました!はー、トビーと5歳違うのかあ。でも、キルスティンと~というのはもう当てはまらないですからねえ・・・。じゃあジェイクくんは据え置きで、キルスティンだけ交代?ヒャー。
それでは(全然中身のないお返事になってしまいましたが)この辺で。ありがとうございました!

投稿: かいろ | 2007年5月31日 (木) 21時10分

こんにちは、梅雨時生まれ!おおっ!かいろさんも6月生まれですか?お仲間!?(^^)

済みません、スパイーダマンって、まともに見たことないんです!ひい~!『ヒロインがまるで魅力無し!』のコメントを鵜呑みにして食わず嫌いで見ませんでした!でも、今は別の意味でヒロインに興味がないかも!ひい~!ごめんなさい!

スパイダーマンの続編が決定して、キャストの一新が噂されて、ジェイク君の名前も上がっているようですね!結局はそこに興味かいっ!
すみません!「2」でジェイク君の名前が候補に挙がっていたというのは、映画雑誌で読んで知りましたが、リアルタイムでメグさんたちはご存知だったんですね!流石!

昨年BBMに嵌るまで、ジェイク君の存在さえ知らなかったのに・・・一つの作品が人生を変えるということがあるのかも!映画館に足を運ぶのも年に一回あるかないかだったのに、今年はもう5回ほど映画館に足を運ぶ事に!DVDは買い込むし映画雑誌は見るし!あちら此方の掲示板に足を運ぶし!えらいこっちゃ!(笑)

買い込んだと言えば、ジェイク君のカレンダーを部屋の隅に吊るしておいたら、母が仏壇に供えるお膳をひっくり返して、シミ一杯のカレンダーが1丁上がり!鬼のような形相で怒り狂いました!そんな危険な場所に顔がよく見えるから、と吊るしておいた自分がいけないんですが・・・ショック!

『人の失敗を許す寛容さが必要よ!そんな人のしたことを許さないなんて、結婚できないわよ!』なんて、言われても腹が立ちますわよ!
ほっといてくれ!(涙)寛容さって、難しいですね!

シミだらけでも、いたずらっ子のように舌をチョコっと出して、笑っているジェイク君の笑顔がなんとも可愛い!これから一月間見るたびに胸が傷みそう!ゴメンねバッチクしちゃって!

6月は『ゾディアック』の公開ですね!話に聞くとかなり長い上映時間だとか、お尻が痛いなんて聞くと腰痛持ちとしては気を付けねば!一体どんな演技を見せてくれるんでしょうか!?かなり監督にしごかれたようですから!怖いよ~!

ううっ、またもやケッタイな書き込みに!所詮ミーハーの書く文章ですわ!なんて!失礼いたしました!

投稿: E・Z | 2007年6月 3日 (日) 17時31分

E・Zさん、こんにちは!コメントありがとうございます!
まあ、E・Zさんも6月生まれでいらっしゃるのですか♪ わたしは蟹座でーす。で、関係ないですが母と姉は双子座です。なので5・6月は母の日と父の日と家族のうち3人の誕生日があってあわただしい(?)我が家でございます。

さて本題。『スパイダーマン』、どっちかというとアクション大作は好んで観る方ではないので、わたしも映画館で働いていなかったらたぶん観なかったかもです。でもトビーとキルスティンは結構好きだったりします(少数派?)。そして登場人物としてのピーターとMJも☆ MJは魅力ないのですかねえ・・・。こういう分野の他の映画のヒロインに比べると大事な役目を負ってると思うんですけど・・・。贔屓目かも。

ジェイクくん、BBM以来久しぶりなので『ゾディアック』が本当に楽しみですね~~~。予告でのちょっとオトボケっぽい彼を観ると、チェック中ということも忘れてニヤけてしまいます。

一本の映画が人生を変えてしまうってこと、本当にあるとわたしも思います。それは映画に限らず、たくさんのことに当てはまるのかもしれないけど。現にE・Zさんの生活はがらりと変わってしまっているんですもんね。お持ちのDVDというのはやはりジェイクくんの出演作品なのですか?わたしはBBMを除くと未だにひとつも持っていないのです・・・。ファンなのに~。ごめんジェイク~。
そして『ゾディアック』も楽しみは楽しみだけど、決してすっきり爽快とはいかないかなり消耗しそうな内容のようなので、覚悟して観ないといけませんね・・・。ジェイクくんいじめられたんですか?監督に。ウヘー、ほんとに怖そうだあ~。

汚れちゃったジェイクくんのカレンダーというのは、6月のところなのですか???あらら、6月生まれのわたくしたちには二重のショックですねえ。でもきっとジェイクくんは許してくれるんじゃないでしょうか、あの笑顔で♪(←妄想驀進)。E・Zさん、わたしのぶんも舌を出したジェイクくんを見つめてくださいね。
それではこの辺で。ありがとうございました!
P.S.
どうぞ腰をお大事にして『ゾディアック』の長い上映時間を無事に乗り切ってください・・・。

投稿: かいろ | 2007年6月 4日 (月) 21時46分

おひさしぶりです!!
相変わらず忙しい日々に、映画を観ても感想書けず・・という状態ですが。
それでも、頑張っている自分へのご褒美~♪と称して
観てきました~~~!!劇場で!!

1,2とDVD鑑賞だったので、これは劇場で観たい!と思っていた願いが叶いました♪

いや~細かいツッコミどころは置いといて、楽しかった~

でも・・・私もかいろさんのおっしゃるように、ブラックピーターはイマイチでした(笑)


投稿: D | 2007年6月23日 (土) 08時16分

Dさん、ご無沙汰しております。TB&コメントありがとうございました。遅くなってしまいましたがお返事させてください。
映画館でご覧になれてよかったです~。素敵な‘自分へのご褒美’ですね♪
ブラックピーター、Dさんもダメなのですかあ。カッコイイ黒のスーツで頑張って踊っている彼を観て、わたしは「あ~、そんなに無理しなくても・・・」と思ってしまったのでした。
一般的にもやはりあまりよくないのでしょうかね???ほかの方の感想を読んでないのでわからないんですけど。
それではこれからDさんの感想を拝読しに伺います。ありがとうございました!

投稿: かいろ | 2007年6月28日 (木) 12時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101793/6503899

この記事へのトラックバック一覧です: 『スパイダーマン3』  ダークサイドでも童顔です:

» スパイダーマン3 [映画を観よう]
アメリカ 2007年 トビー・マグワイア、キルスティン・ダンスト、ジェームズ・フランコ、ローズマリー・ハリス、トーマス・ヘイデン・チャーチ、ブライス・ダラス・ハワード? 、トファー・グレイス 監督・脚本:サム・ライミ 『死霊のはらわた』、『ギフト』... [続きを読む]

受信: 2007年6月23日 (土) 08時17分

« 5月の庭 | トップページ | 幸せな瞬間 »