« 『ママの遺したラヴソング』  川のほとりで、大好きな人たちと | トップページ | 毎度の事ながら »

2007年5月21日 (月)

人生初の・・・

実は昨日、初めてお見合いをしました(‘しました’というより、無理矢理‘させられた’んですが)。
終わった感想は、「できればもうしたくない」です。
世話をしてくださった方は、お見合いの前は「あなたが嫌だっていうのを無理に勧めたりしないから。すぐに断ってもいいから」なんて言ってたのに、実際は「もう一度会ってみたほうがいいわよ~」と母に何度も言ってたようです。だから、そういうのがイヤなんじゃい。
で、結果的に、お相手の方には申し訳ないんですが断ってもらいました。まあ、向こうからも断られたかもしれませんけどー。

ひとりで生きていけるだけの経済力があればなあ。周りからとやかく言われなくてすむのにな。ふう。

|

« 『ママの遺したラヴソング』  川のほとりで、大好きな人たちと | トップページ | 毎度の事ながら »

日々のもろもろ」カテゴリの記事

コメント

カイロさん、こんにちは。

お見合い、お疲れ様でした。
今回のお相手は、カイロさんのお気に召さなかったんですね。
お見合いは、出会うための手段の一つだと思いますので、うまくいかない場合でも、気にせず、お気楽に楽しんでもいいのでは?
人は相性ですから、いつ、なんどき、運命の人が現れるかもしれませんよ。

一人で生きていけるだけの経済力ができれば、余裕もできて、いい相手にめぐり合える可能性も広がると思います。仕事のできる女!ってカッコいいですよね。
仕事でキレがあり、キレがあるから結婚してもコクが出る(←なんぞのコマーシャルのセリフか・・)。

よく女性が口にするセリフで気になるのが「いい男がいないから結婚しない」。
スクリーンの中でもない限り、そんなにいい男、ゴロゴロしてるはずもないですから・・、自分が相手をいい男に育てて、教育するのが一番現実的だと思うんですけど・・・・、どうでしょう?
カイロさんはどんなタイプの男性(見た目と内面)が理想ですか?

投稿: つぎっち | 2007年5月22日 (火) 08時32分

かいろさん、こんにちは★お見合いですか・・・。
「写真選考の段階で却下されること確実!」の私から見れば、お見合い経験できるだけでも羨ましいなぁ~なんて(苦笑)。でも、かいろさんにとっては大変なご心痛だったのですね。「どーでもいい相手」と思っていてもいざ断るとなると、やはり相手の心情を考えたり、親やご紹介してくれた人の気持ちを考えたりすると「すっきり・さっぱり」とはいかないのでしょうね。元気だしてね。
もう20年も前になるけど、わが家も姉のお見合いのことで大変でした。姉の場合、とにかく父親が「さっさと嫁に行け」と決めていたので就職活動もできず、大学卒業と同時に姉のお見合い人生はスタート。以後、4年間にしたお見合いの数は30件近く!その30件のうち相手から断られたのはたったの2件。残りは全部こちらからの「お断り」で、母は(紹介してくださった方の手前)恥ずかしいやら情けないやらの涙の日々。結婚する気ゼロの姉もだんだん開き直ってきて終いにゃ「お見合い=ちょっと贅沢なお食事会」と考えてたみたい。あるとき、めずらしく帰りが遅いお見合いがあって「おっ、もしかして」と親は思ったらしいけど、帰宅した姉に「どうだった?」と聞いたら「どこも行く所ないから2人で映画見てきちゃった~」(←会話ができない映画館へ行ってどうするんじゃ!)。そのとき見た映画が「ポリスアカデミー」でした。翌年の見合いのとき、姉は次のお見合い相手と「ポリスアカデミー2」を見ました。翌々年のお見合いのときには「3」を見ました。「チケット代払ってもらって3シリーズが見られたわ♪」と喜ぶ姉はもはや「お見合いのエキスパート」と言うべきか(違うって)。そんな姉は、やがて怒った父から「結婚しないなら働け」と言われ、某大企業のパートタイマーとして就職。1年後、そこの上司に見初められめでたく結婚いたしました。そんなのって、あり?母は今でも言ってます「私のあのときの心労は一体何だったの?」と。姉の騒動ですっかり懲りたのか、以後わが家に「お見合い話」は一切なし。娘はもう一人いたのになぁ。とり残された私(涙)。まぁもともと結婚を夢見たこともない私の人生なのですが。へへへ。でも、つぎっちさんが書いていらっしゃる最後の4行は「深い」よね。
何事も経験、元気にいきましょう~☆ではでは。おじゃましましたっ。

投稿: メグ | 2007年5月22日 (火) 21時32分

かいろさん、久しぶりのコメントでごめんなさい。
いつも読み逃げ、お許し下さい。
お見合いですか。。。。
でも、出会いはどこに転がっているか分かりませんからね。
これも経験のひとつと笑い飛ばして明るく参りましょう。
しかし、ちゃんとお見合いのお相手がいて、
いいなぁーって私の友人などはうらやましがりそうです。

投稿: おかみ | 2007年5月23日 (水) 03時02分

つぎっちさん、メグさん、おかみさん、こんにちは!コメントありがとうございます!遅くなってしまって申し訳ありませんでした、まとめてお返事させてください。


・つぎっちさん
お見合い、疲れました・・・。しかしわたしよりも母のほうがもっと疲れていたみたいです。わたしが全く興味もやる気も見せないので、母がいろいろ準備してくれました(←こんな風に書くんならもっと自分でちゃんとするべきなんですけど、どうにも・・・)。終わってからもいっぱい電話をかけたりかかってきたり、どっかに手紙を書いたり。うう、ふがいない娘でごめんよ~と申し訳なくなってしまいました。でも、やっぱりだめなんです。全然そういう気にならないのでした。

いい男を自分で育てる、教育する・・・。いいですねえ。しかしその前に、自分をいい女にしないといけないかもしれません。わたしも「いい男がいないから~」とよく言ったりするけど、自分を磨くのがめんどくさいからそれを言い訳にして誤魔化してるところが多々あったりするんですよねえ。
とにかく今のわたしに必要なのは、‘やる気’‘エネルギー’かも。でも当分いいかな。ひとりでいるのがとても気楽だし、心休まるので。ヒー、なんつう後ろ向きな考えでしょうか☆

で、わたしの好みのタイプについては、‘バトン!’のカテゴリーの「いい男バトン」をご参照くださいませ。と言ってもほとんど外見のことしか書いてないですけど。
内面は、そうですねえ・・・。他の人をちゃんと尊敬できる人、神経質ではない人、かな?あまり思いつきません。お店なんかで横暴な振る舞いをしたり、他人のためにドアを開けておいてあげたりできない人は、どんなにかっこいい人でも冷めちゃいます。まあほとんどの方が同じ考えでしょうけども。
それではこの辺で。ありがとうございました!


・メグさん
ご家族のエピソード、ありがとうございます(でもこんなに詳しく書いていただいてしまって大丈夫なのですか?ちょっと心配です・・・)。

お姉さまはつわものですねえ~。わたしもそれくらい割り切れたらいいのかなあ。大好きな漫画で、お見合いを何度もしてことごとく断り続ける女性の話を思い出しました。
しかし、お見合いで映画観るってスゴイ。話しなくていいからいいけど。わたしの場合、最初の一時間ぐらいはがんばってしゃべってたんですがあとはもう疲れちゃって返事するだけになってしまったんです。相手の方もたぶん気付かれたでしょうね、帰りたがっているのを。うう~。

今回のことで、お見合いって本人よりも周りの方が(もっと言えば女親が)大変なんだととてもよくわかりました。本人にやる気がない場合は特に。30回近くもそんなご苦労をなさったお母様、お気の毒だなあと思ってしまいます。余計なお世話だけど。

うちの場合、わたしが経済的にやばいので心配だから早く嫁がせたいという母の気持ちはわかるんですが、叔母や姉までがうるさすぎる!特に叔母が。あまりやかましいので最近は会ってません。ああ、やはり経済力が欲しいです。
なんだかよくわからないお返事になってしまいましたが、それではこの辺で。ありがとうございました!


・おかみさん
またご無沙汰してしまってます~。こちらこそ読み逃げばかりで申し訳ありません。しかしおかみさんの紹介してくださった占い、よくしてますう☆
お見合い=出会いのきっかけということはよくわかるんですけど、わたしは人見知りがすごく激しいんです・・・。初対面の人とふたりでしばらく過ごすなんて、ストレス以外のなにものでもなかったりして(こういうネガティブな考え方がよくないんですよね)。でも、全くそういう話がこなくなったらやはりショックでもあるような気もするし。要するに我儘なのでした。
ちなみに母が言うには、「あんたは背が高いからなかなか話が進まないのよ」。
世話人の方はこないだお見合いした人のことを、「お見合い相手の中でお嬢さんより背が高い人って滅多にいないんだから、断っちゃったら勿体ないわよ」。
というわけで、次の話が来るのはは相当先のことになりそうです。もしかしたらもう来ないかも。そのほうがいいやー。
それではこの辺で。ありがとうございました!

投稿: かいろ | 2007年5月26日 (土) 15時32分

かいろさん!お見合いおつかれさまでした!

ストレスたまりますよね~!解りますわ!昔、母や周囲の方々の、『とにかく会うだけ、会ってみなさい』の大合唱でお見合いするのが苦痛で仕方ありませんでした!

私も人見知りの激しい性質で、初対面の人と話をするのが大の苦手で、どうやって家に帰ろうかなんてばかり考えてました!

経済的に苦しい娘を慮っての事ですが、その当時は『女が一人で生きて行くなんてとんでもなく、大変なのよ』のきめ台詞が嫌で仕方が無かったです!

子供の頃から、なぜか酒乱の旦那さんやら、奥さんの収入をあてにして働かない旦那さんやら、他所に愛人を作って家庭を顧みない旦那さんに泣かされている女の人を見る機会が多かったせいか、結婚=不幸!というイメージが強く!結婚したら、一生泣いて暮らすんだという思い込みに囚われてました!

一度や二度の失敗に懲りずに、何度でも結婚にチャレンジする度胸も根性もないもので、石橋を叩いては壊す作業を延々繰り返して、とうとう縁談の一つも来なくなりました!
(そうなると、一寸寂しい気がするのは何故かしら!?)

母親には申し訳無い事をしたなと反省しておりますが、当人に結婚する気がなければ何度お見合いしても駄目なものは駄目ですね!はあ~!

それでも、幸せな結婚がしたい!と心から願っていれば素敵な出会いがきっとありますよ!多分!オイオイ!

すみません、ケッタイな書き込みになりました!失礼します!

投稿: E・Z | 2007年5月27日 (日) 14時07分

E・Zさん、こんにちは!コメントありがとうございます!
うー、E・Zさんもお見合いでご苦労されたのですか・・・。そうなんです、わたしも「どうやって切り上げてさっさと帰ればいいんだろ?」ということばっかり考えていました~。最初の予定では一時間ぐらいで終わるはずだったのにえらく長引いちゃって、最後には帰りたいオーラが出まくりになっていたことと思います。

>女が一人で生きて行くなんてとんでもなく、大変なのよ

この決め台詞、イヤですねえ~ほんとに。わたしの場合はちょっとアレンジ(?)されていて、「あんたこの先ひとりでやっていけるの!?」てな感じです。
E・Zさんのようにあまり幸せではない結婚を見てきたわけではないですが、でもやはり一生のことだから‘石橋を叩いて壊す作業’は必要ですよ絶対!よく聞く“離婚は結婚の何倍ものエネルギーがいる”っていうのも、まさにそのとおりなんだろうなと思いますし。あー、やっぱりめんどくさい~。
でも、話がひとつも来なくなったらきっと寂しく感じるんでしょうね。一体自分はどうしたいんでしょうか・・・。それに母を安心させたいという気持ちもあることはあるし。うう~。なんだかよくわからなくなってきました。とりあえず、自分を高めることから始めてみたらいいんでしょうか。何すればいいんだろう???考えてみます。
それではこの辺で。ありがとうございました!(こちらこそケッタイなお返事になってしまいました。すみません~)

投稿: かいろ | 2007年5月27日 (日) 20時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101793/6503576

この記事へのトラックバック一覧です: 人生初の・・・:

« 『ママの遺したラヴソング』  川のほとりで、大好きな人たちと | トップページ | 毎度の事ながら »