« 近況報告 | トップページ | 『ママの遺したラヴソング』  川のほとりで、大好きな人たちと »

2007年5月15日 (火)

『ラブソングができるまで』  Pop goes your heart?

そうです。こういうラブストーリーが大好き!なのです。何を隠そう、同じ監督の『トゥー ウィーク ノーティス』も映画館で2回観ました。

Musicandlyrics_70420_1 『ラブソングができるまで』 (2007 米)

かつて一世を風靡していたものの今現在は落ち目のミュージシャン・アレックスに、人気絶頂の歌手・コーラの新曲を作るという千載一遇のチャンスが巡ってくる。
しかし、作曲はできても作詞が大の苦手のアレックス。偶然出会った女性・ソフィーが天性の作詞の才能の持ち主だったことから、彼女を口説き落としなんとか曲作りにとりかかることになった。
過去の栄光に生きるミュージシャンと、昔の失恋の痛手から立ち直れないライター。共同作業の中でお互いを知るうちに、いつしかふたりの間には恋が芽生えていくが・・・。

以下ネタばれ。

ここ何年かヒュー様の出てる映画ってなぜか大体好きなんだよねえ、とぼそっと呟いたわたし。それを聞いていた同僚のIさんは「わたしはヒューが好きなんです!」と声高らかに叫んでいました。ヒュー様も昔はサスペンスなんかにも出てたんだよおと教えてあげたら(もっともわたしは観てはいないのですが)、すごく驚いてたけど。彼女はいったい『モーリス』とか観たことあるんだろうか?
ヒュー様自身の80年代と言ったら美青年俳優道まっしぐらで、この映画のような世界とは無縁だったんじゃないのかしらと勝手に想像してしまうんですが。そのヒュー様が、

Musicandlyrics_70420_2_1 これですからねえ。

このオープニング何度もチェックで観たんだけど、いくら観てもやっぱりオカシイです。絶対吹き出しちゃう。お客さんとして観たときも座席で肩が震えるのを抑えるのに相当苦労しました(でもこの前館内にチェックに入ったとき、見える範囲に座ってたお客さんは全然びくともしてなかった。どうしてだ~~~???)。
ボーカルのコリンのなにやらヘンな手つきやなんとなくいかがわしい感じ、バンドメンバーの拙い動きやチープを通り越してもはや陳腐(言いすぎか)な物語仕立てのビデオクリップ。ああ、思い返すとまた笑いが。
そして何よりも、そういうタハ~、トホホ~な80年代絶好調のアレックスをほんとに嬉々として演じていたヒュー様!拍手喝采です。だから好きなの、ヒュー様~☆
以前観た『アバウト ア ボーイ』。クライマックスでマーカス少年を窮地から救う流しのギター弾きを演じていたヒュー様を観て以来この人は音楽の映画もいけるんじゃないのかなーと思ってたんだけど、ちょっと当たってたかも?(別に歌がうまい!とかいうわけではありませんが)

アバウト・ア・ボーイ DVD アバウト・ア・ボーイ

販売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
発売日:2007/01/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

←近所でえらく安くなってたので、思わず買っちゃいました。

Musicandlyrics_70512_1_1

ソフィーとの出会いの場面で彼女がグランドピアノの上にポンポン無造作に鞄やストールを置いていくのをアレックスは慌てて取り上げますが、高い(のかは知らないけど)グランドピアノに傷つけんなよ!というのはもちろんあるだろうけど、でもそれだけではないという気がします。
昔のファンの前で昔のヒット曲を歌うぐらいしか仕事のない‘過去の人’としての自分を受け入れてはいるけれど、アレックスはやっぱり音楽を愛してる。だから、ソロになって出したアルバムが売れなかった理由もじゅうぶんわかっていて、しかしわかっててもひとりではどうしようもなかった。
それがソフィーに出会ったことで創作意欲を刺激され、人生も変わっていく。それはソフィーにとっても同じで、彼らはまさにそれぞれお互いの‘愛(そして、あるべき人生)に戻る道’だったのかな、と。クサイかもですが。
そしてその、ふたりが作る『愛に(へ?)戻る道』。これは映画の要ともいうべき大事な歌ですが、とてもよかったです。ベタ過ぎるかもしれないけど、いいんだベタ好きだから。
この歌が作られた実際の過程でも何かドラマがなかったのかなー、あったらいいのになーなどと考えちゃったりする、つくづく妄想癖のわたし。

Musicandlyrics_70512_2
思わず疑いたくなるセンスの持ち主、愛すべき歌姫コーラ。
やっぱモデルはブリちゃんなのだろうか?

Musicandlyrics_70420_4
赤いドレス、似合ってました。ちょっとやせたでしょうか?
なんだかんだ言ってキュートで可愛い機関銃しゃべりドリュー。

ドリューは『ウェディング シンガー』でもA.サンドラーから歌を捧げられて(その歌がすごくいいんだー、可愛くて)、感激して泣いてました(で、しつこいけど、泣き顔がまた可愛いのです)。A.サンドラーとヒュー様に歌を捧げられた女優さんって、他にはいるのかな?すごい名誉なんじゃないかと思うんですけど。ドリュー羨ましいぞ。
しかし、そのアレックスがソフィーに捧げる歌も『愛に戻る道』ももちろん好きだけど、今も頭の中をぐるぐる回っているのは例の‘Pop’の『恋は突然』だったりします。これはしばらく回り続けそう。参ったなー。

Musicandlyrics_70420_3 そして、この笑顔にも参っちゃう~♡ うふふ。

|

« 近況報告 | トップページ | 『ママの遺したラヴソング』  川のほとりで、大好きな人たちと »

映画・ら行」カテゴリの記事

コメント

かいろさん、TBありがとうございました☆
ヒューは80年代は美青年路線でしたよねー。
私も後追いですが『モーリス』観ましたよー。
あの中ではルパート・グレイブズ派でしたが♪(←誰も聞いてない)
あのPOP!Goes My Heartは頭から離れませんよね(笑)
今思い出したらまた頭の中を駆け巡ってます^^

投稿: sally | 2007年5月24日 (木) 00時29分

sallyさん、こんにちは!TB&コメントありがとうございます!お返事が遅くなってしまって申し訳ありません。
わたしもsallyさんと同じく『モーリス』は後追いでした~。そしてやっぱり、モーリスよりもクライブ様よりも断然アレク派でございます!そして小説まで買ってしまいました♪
あの歌、あの原題を“恋は突然”という邦題にした翻訳の方のセンスもステキじゃないですか?そして pop! で手を叩くのもいいなあ~。あのPV、欲しいです。
それではこの辺で。ありがとうございました!

投稿: かいろ | 2007年5月26日 (土) 15時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101793/6218026

この記事へのトラックバック一覧です: 『ラブソングができるまで』  Pop goes your heart?:

» ラブソングができるまで [knockin' on heaven's door]
Music and Lyrics 素敵な曲には、ぴったり呼吸の合う音楽と詩が必要。曲の創作は、同時に新たな人間関係をも生み出していく。 今は落ちぶれた80年代のポップスターが依頼された曲作りの過程を通してひとりの女性と出会い、再起を図る。元スターの悲哀がしみじみ笑い...... [続きを読む]

受信: 2007年5月24日 (木) 00時22分

« 近況報告 | トップページ | 『ママの遺したラヴソング』  川のほとりで、大好きな人たちと »