« (わたしにとっての)ビッグニュース続き | トップページ | 『007 カジノロワイヤル』  待ってましたよダニエルさん! »

2006年12月 6日 (水)

わたしの住んでるところで今年人気だった映画は?

わたしの住んでいるところでは、市の映画興行組合が映画新聞(?)のようなものを毎月発行しています。映画がはじまるまでの間、ちらしやその新聞を見て今後公開される作品をチェックするのがわたしの習慣です。
そして、その新聞では毎年10月に読者の投票によって‘その年の人気映画’を決定しているのですが(しかし投票が10月に行われるため、‘今年’となってはいるものの実はちょっと時期がずれておりまして。正確には‘前の年の10月から今年の9月までに公開された作品’から選ぶことになっています)、わが町の映画好きの人たちが選んだ今年のベスト作品を、今日知ってしまいました。では発表します!

日本映画のベストワン・・・『ALWAYS 三丁目の夕日』
外国映画のベストワン・・・『私の頭の中の消しゴム』

えーーーーーーっ、なんじゃそれ!どっちも11月くらいに公開された、正真正銘の去年の映画じゃんか!それ以降にもいろいろ素敵な映画いっぱいあったよお???こういう結果になったってことは、今年の映画はいまいちだったっつうことなのかい?それはちょっと寂しいなあ。まあわたしは投票していないんで、いろいろ言える立場ではないんですけども。
しかし更に文句を付けさせてもらうと、大きな声では言えないけどこの2本わたしの中ではあまり評価が高くなかったりして(‘わたしは2本とも大好きよ’という方がいらっしゃったら申し訳ありません~)。どっちも号泣はしたけど、泣けりゃあいいってわけじゃないのよ映画ってもんは!とわたしは常々思っているのでございます・・・。い、いかがでしょう?

ちなみに皆さん気にされていらっしゃるだろうBBMの順位は、4位でございました。なんと『ユナイテッド93』と『ダヴィンチ』に負けちゃった!キーッ!でもミニシアター系の映画としては健闘している方なのでしょうか?
で、未だに対抗意識を持ってしまう(←わたしが持ってもしょうがない)『クラッシュ』は、8位か9位くらい。フフン、勝ったわ♪
以上、ご報告でした。

そして今日観た映画↓

Theking_1206_1_1 

『キング 罪の王』
うううううう~~~~~~~~~~~~。
と、どこまでも深い底なしのため息が出てしまうような映画でした。
いちおう覚悟はして観たんだけど、やっぱり足りなかったです。反省。
ガエルくんはやっぱスゴイ。‘カワイイ・カッコイイ・セクシー’だけでは絶対ない!
得体の知れない不気味さと、でもなぜか構いたくなるような人なつこさを合わせ持った主役のエルビス。彼の行動は最初から計画されていたことだったのか?それとも全部成り行き?あの結末を、彼は望んでいたのかしら?
うううううう~~~~~~~~~~~~ともう一度深いため息をつきながら、今日はこの辺で。

|

« (わたしにとっての)ビッグニュース続き | トップページ | 『007 カジノロワイヤル』  待ってましたよダニエルさん! »

映画について思うこと」カテゴリの記事

コメント

かいろさん★ご報告ありがとうございます!
BBMが第4位!!ベスト3に入らなかったことは残念と言えば残念ですが・・・でも健闘してくれたじゃないですかっ!『ダ・ヴィンチ』とは上映館の数が違いすぎるのですから、シネコンで相手にされなかったBBMがベスト5に入っているのは私は上出来だと思います。何と言っても『クラッシュ』には勝ったんだし(←可哀想な「クラッシュ」。皆にここまで言われなくとも:笑)

では、ここでおすぎさんに登場していただきましょう。どうぞっ!
「おすぎですっ!本家のアカデミー賞受賞作が『クラッシュ』。日本アカデミー賞受賞作が『三丁目の夕日』。どっちも“嘘だろー!”って思うわっ!だいたい『クラッシュ』なんて、獲った本人たちが一番驚いてたじゃないのっ!嫌だわー!でもアカデミー賞って結局こういうもんなのよっ」

おすぎさん、BBMが受賞できなかったことをほんとに怒ってましたから。
私もあの受賞発表の日は(購読しているNEWSWEEK誌が「作品賞はBBMが確実!大本命!」って書くものだから)ワクワクしながら待っていて、そして受賞できなかったことを知ってものすごくがっかりしたのでした。

コメントへのお返事は気にしないで。また更新を待ってますから~★

投稿: メグ | 2006年12月 7日 (木) 01時43分

かいろさん、こんにちは。
更新が止まっていたので、お忙しいのかと思ってたのですが・・・
ちょっと回復されたようで、何よりです。
世の中、いろんなことがあるように、
自分の気力体力がままならないことも、よくあることで、
無理をしないことが一番です。
ノロ・ウィルスも蔓延してるけど、お互いに元気に年の瀬を乗り切りましょう(なんじゃそりゃ)

>泣けりゃあいいってわけじゃないのよ映画ってもんは!
は~~い!わたしもそれには大賛成!!
「泣ける映画」、という考え方自体、嫌いなのです。
そんなに映画で泣きたいのか?と余計な勘繰りをしてしまう…
世の中に蔓延る、「感動をありがとう!」というフレーズにも
いつも反発を覚えてしまうし。
泣くつもりなどなかったのに、気がついたら涙がはらはらと零れる。この気持ちをなんと表現したらいいのかわからない・・・
ってほうが、作品としてはいいと思うんですけどね。

ALWAYSもTVでようやく観た挙句、昭和の生活用品を懐かしんだだけで全体としては。。。。。、
消しゴムのほうは最初から観る気がなかった・・・ので
かいろさんの言葉を聞いて、小さくなりつつ一安心です。

投稿: 悠雅 | 2006年12月 8日 (金) 13時27分

メグさん、悠雅さん、こんにちは!コメントありがとうございます!まとめてお返事させてください。


☆メグさん
>でも健闘してくれたじゃないですかっ!『ダ・ヴィンチ』とは上映館の数が違いすぎるのですから、シネコンで相手にされなかったBBMがベスト5に入っているのは私は上出来だと思います。

そう、そうですよね~~~!うちの映画館では、『ダヴィンチ』は最初字・吹あわせてたしか3本も上映していましたから・・・。
うちのシネコン系列の他の映画館ではBBMを2,3週間ほど上映していたところもあるみたいなんですが、なにしろ配給会社の大きさは比較にならないし、宣伝力も違いすぎますもんね・・・。
となると、BBMは映画自体の力で4位を勝ち取ったということになるので、これはとってもめでたいことなんですね!ワーイワーイ。

>何と言っても『クラッシュ』には勝ったんだし(←可哀想な「クラッシュ」。皆にここまで言われなくとも:笑)

ウヒ~、ほんとにかわいそう。
たぶんBBMのことがなかったら、わたしの中でも‘うーんよい映画を観た’という最初の感想どおりの評価のままだったと思うんですけど・・・。BBMを敵に回してしまった(というのは言いすぎでしょうか?)のが運のつき、ということで、まああきらめてもらうしかないですねえ。なんちゃって。

しかし、おすぎさんご本人は(やはりBBMのことがあるから)‘アンチ『クラッシュ』’なのでしょうか?それとも最初から評価されていなかったのでしょうか?メグさんそこのところについてはご存知ですか?

オスカー授賞式からかなり時間が経ちましたね・・・。
わたしはその日は仕事だったんですが、まだ観ていないBBMが作品賞を獲ることをかけらも疑っていませんでした。
今までの経験からしてそんなつもりはもう全然ないはずだったのに、自分はアカデミー賞にまだ期待していたんだなあとわかってびっくりしたんですけども。
まあ審査員?も世代交代していくのだろうから、今後は少しずつ変わっていけるかもしれませんね(←アンタ何様???)。斜めの視線で?見守っていくことにしますー。
それではこの辺で。ありがとうございました!


☆悠雅さん
ご無沙汰しております。そして、

>世の中、いろんなことがあるように、
自分の気力体力がままならないことも、よくあることで、
無理をしないことが一番です。

こんなお優しいお言葉をありがとうございます!
ノロ・ウイルスにも寒さにも金欠にも自分のめんどくさがりさ加減にも負けずに、楽しい心で新しい年を迎えられたらいいなあと思っております。
忙しい時期がやってきましたが、悠雅さんもお体にお気をつけください!!!そしてそして、

>「泣ける映画」、という考え方自体、嫌いなのです。

以下の部分に、ぎゃ~、悠雅さん!諸手をあげて賛成でございます~~~。
よく「泣けるかと思って観たのに泣けなくてがっかり」とかいう感想を聞きますが、‘は???’と思ってしまうんです。
以前もどこかに書いたんですけど、そう言ってる人に会うと‘そんなに泣きたいなら『フランダースの犬』見とけ!’と心の中でつっこんでしまうのでした。

最近のキャッチコピーでも“今年一番泣ける”だのなんだのというなんとも貧弱なものをよく見かけますが、げんなりしちゃいます。一番簡単な売り方なんでしょうけど、今の人はそんなに泣きたいのかしら・・・そんなんで大丈夫なのかしら世の中は・・・と、余計なお世話を焼いてしまったりして。
おっと、思わず熱くなっちゃいましたが、とにかく、‘泣く目的で観たのに泣けなかったからその作品はイマイチ’なんて評価をするのはその映画に対してとっても失礼なんじゃ~!と言いたいのです~。

>かいろさんの言葉を聞いて、小さくなりつつ一安心です。

いえ、こちらこそ悠雅さんにご賛同いただきまして元気百倍!なのでございます♪ でも自分のところではこんなふうに偉そうに言ってるけど、他の公の場で同じ事を同じ調子で言える勇気は持ち合わせていない小心者のかいろなのでした・・・。
それではこの辺で。ありがとうございました!

投稿: かいろ | 2006年12月10日 (日) 14時26分

かいろさん★どのコメントにも必ず丁寧に返事をくださって、

  「本当にありがとうございます~!!こちらこそ恐縮です~!」

ほんとにほんとに、お返事なんて4年後だって構わないのですから(イニスとジャックも4年我慢したんだし)、全然気になさらずにいてくださいね★

さてさて、おすぎさんの『クラッシュ』評。
私の知る限りをお伝えしますと、大体この映画はポール・ハギス監督ご自身が「観客の反応は、大好きか大嫌いかのどちらかだ」と話しているのですが、この二者択一論で言えば、おすぎさんは「大嫌い派」だったようです。理由→「ポール・ハギス監督の“僕って頭いいでしょ?”っていう自惚れがスクリーンからプンプン匂ってくるので、そこが嫌っ!」ということでした。
とくにかくハギス監督という人は、NEWSWEEKのインタビューでも「監督にとっての最悪の仕打ちは、映画を見た人たちから『いい映画だったね』と誉められること」なんて答えているくらいですから、おすぎさんでなくても「インテリぶってて、かっわいくなーい!」と思った人は少なくなかったのではないかしら。
(結局、自分の作品が受賞することになった)オスカー向けの宣伝効果についても「実際どのくらい効果があるのだろうか?」なんてしらばっくれてたし!(←私も結構イジワルな見方してましゅ)ちなみに毎年恒例となっている、この“オスカー向け宣伝合戦”について、やはり自作がノミネートされてたジョージ・クルーニーは「僕は、いちばん上に『ブロークバック・マウンテン』と書いてある広告しか読まなかった」と言ってくださってました~~(さすが全米№1セクシー男!)。

まぁなにもここまで『クラッシュ』に意地悪言うこともないのですが(汗)。
ハギス監督自身は『ミリオンダラー・ベイビー』を見ても判るように脚本家としては一流と評判の人ですから。今回の007も、これだけ面白くなったのは「脚本にポール・ハギスを選んだから」という評を最近読みました。

とにかく、BBMに作品賞を与えず、『クラッシュ』を落としどころにしたというところに、アカデミー賞の限界があるのでしょう。授賞式の翌日のロサンジェルスタイムズには「アカデミーに革命は起きなかった」という見出しが載ったそうです。

ハギス監督は「『クラッシュ』を見終わったら(誉めるより)議論してほしい」と言ってましたが、「『クラッシュ』なんか、もう誰も議論してないよ~。BBMのことは遭難者たちによって延々、高尚な語り合いが続けられてますけど~。PBSっていう言葉まで生まれたんだぞ~」なんて威張ってしまうメグなのでした(メグの方こそ“アンタ何様?”状態ね:笑)★
(バラライカ・ファンの中に『クラッシュ』贔屓の方がいらしたら、ほんとにほんとにごめんなさい!)

投稿: メグ | 2006年12月10日 (日) 16時31分

メグさん、こんにちは!コメントありがとうございます!お返事の順番を間違ってしまいました、申し訳ありません~。

おすぎさんの『クラッシュ』評をお教えいただき、ありがとうございます。そうなんですかー、やはりかなりな‘アンチ’でいらしたのですか。しかし、

>大体この映画はポール・ハギス監督ご自身が「観客の反応は、大好きか大嫌いかのどちらかだ」と話している

うーん、わたし自身はどっちでもないかもです。
褒めるにしてもけなすにしても、「わたしはこう思うから好きなの!(嫌いなの!)」てな風に熱く語りたくなる映画ではないなあ・・・と思ってしまったり。こういうお客さんって、映画に携わった人からすると一番嫌なタイプでしょうねえ。ポールさんごめんなさい。イヒ。でもでも、

>とにかくハギス監督という人は、NEWSWEEKのインタビューでも「監督にとっての最悪の仕打ちは、映画を見た人たちから『いい映画だったね』と誉められること」なんて答えているくらいですから、おすぎさんでなくても「インテリぶってて、かっわいくなーい!」と思った人は少なくなかったのではないかしら。

わたしこういうヒネくれた人は好きです~。リー監督もどっちかというと同じタイプなような気がしますし・・・。ち、違います???
それに最近『硫黄島二部作』を観ましたが、やはりP.ハギスは才能豊かな人なんだなあということはよくわかります。
今度のオスカーにこの2作品が絡んでくることは間違いないと思いますけども、日本を描いた『硫黄島からの手紙』はさてさてどういう扱いになるのでしょうか?オスカーの真価を意地悪~く見守りたいです、ウフフフフ~。
それではこの辺で。ありがとうございました!

投稿: かいろ | 2006年12月17日 (日) 17時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101793/4450536

この記事へのトラックバック一覧です: わたしの住んでるところで今年人気だった映画は?:

» 月曜日のことですが [22歳♀の逆襲                       ~打倒セルライト!めざせ、ドキドキ☆ナイスボディ!!~]
「私の頭の中の消しゴム」を見ました。 先週の火曜日がレンタル半額だったので、3本ほど借りたんです。 これって原作は日本のドラマなんですね。初めて知りました。 …で、なんか、生きることについて考えさせられました。 人間、いつ何が起こるかわからないじゃない... [続きを読む]

受信: 2006年12月 8日 (金) 10時39分

» キング~罪の王~ [DVD Check]
キング~罪の王~ [続きを読む]

受信: 2007年1月22日 (月) 23時12分

« (わたしにとっての)ビッグニュース続き | トップページ | 『007 カジノロワイヤル』  待ってましたよダニエルさん! »