« 巨匠が逝く | トップページ | (わたしにとっての)ビッグニュース続き »

2006年11月23日 (木)

ショック続き

昨日アルトマン監督の訃報を聞いたばかりなのに、今日もまた・・・。

灰谷健次郎さんが亡くなったそうです。
やはりここでも勉強不足で『兎の眼』と『太陽の子』しか読んだことはないんだけど、でもこのふたつはわたしにとって大好きな、大事な物語。
ごみ焼却場のこと。戦争で心を病むということ。そのほかにも、それまでのわたしが全然知らなかったいろいろなことを教えられて、初めて読んだときたぶん小学生だったわたしはカルチャーショックを受けました。そして自分の眼も‘兎の眼’になるほど泣いたことをはっきり覚えてる。
いつものことだけど、書いてたらもう本当に読みたくてたまらなくなってきてしまいました・・・。

兎の眼 Book 兎の眼

著者:灰谷 健次郎
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


太陽の子 Book 太陽の子

著者:灰谷 健次郎
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今の小中学生は、こんな本読むんだろうか。ぜひとも読んでほしいです。今時流行らないのかな、こんな真面目なお話。でも、読んでみたら絶対何かを得ることができると思うんだけど・・・。

灰谷さん、ご冥福をお祈りします・・・。

|

« 巨匠が逝く | トップページ | (わたしにとっての)ビッグニュース続き »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

かいろさん★灰谷健次郎さんの訃報は夕方のラジオのニュースで知りました。でもNHKの7時のニュースではやらなかったような。
『兎の眼』。今の子供たち、読まないでしょうね。読んだとしても「感動したっ!」あるいは反対に「うそくせー!」という“ひと言感想”で終わってしまうかも。未成年者犯罪が日常化してしまったような現代では、しかも「少年法を改正して未成年にも厳罰を」という声が多数を占める(私もときどきこの多数派の声に賛同してしまう)現代では、灰谷さんが思い描いた「理想の教育・理想の子供たち」の姿はもはや“時代遅れ扱い”かもしれません。いつだったか『ちいさいモモちゃん』の作者・松谷みよ子さんが「灰谷さんの文学は、確かに文句はつけられますが、それでも感動が残るのです」と書いていらしたのを読んで印象に残っています。賛否両論あるでしょうが、欠点を認めながらも、それでも高く評価される物語だと。
大切なことは「まず、読んでみること」そして「知ること」ですよね。読まずに批判する人は私は許せません。とにかく、本をよく読むこと、よね。できれば、心に無垢な部分が残っている時に。

こう書いてみて、ふと思うのです。
かいろさんにしても、お友だちの真紅さんにしても、びあんこさんにしても。それから(私がコメントさしあげなくても毎日拝読している)その他多くのBBM遭難中のブロガーの方々にしても・・・皆さん、実によく本を読んでいらっしゃる!教養高く、知性は深く。すなわち、遭難者=読書家なのよ!
最近は書評家としても活躍なさっている俳優の児玉清さんが「日本人がダメになったのは実用書ばかり読んで、物語を読まなくなったから」という持論をさかんに主張なさっているけれど、これって正論だと思う。BBMを否定する人って本読まない人なのよ!(←決め付けてる:汗)本読まないから心の許容範囲が狭いのよ!本読まないから“学びとる”人生経験が不足してるのよ!だから、映画を見もしないで「カウボーイのホモ映画」って言いやがる短絡的な単細胞動物なのよーーっ!!(←むちゃくちゃ興奮気味~!:汗)ぜいぜい・・・。

私たちの学生時代ってよく教授から「君たち、村上春樹ばっかり読んでるんじゃないよ」と叱られたけど、今の学生は「村上春樹すら読んでない」と教授が嘆いているそうです。もっとも私は、学生時代は(村上さんよりも)司馬遼太郎と山本周五郎にどっぷりハマッてましたけど(笑)。
でも、おすぎさんじゃないけど、本当に「BBMって心が貧しい人にはわかんない映画」なのよ。

・・・・??なんだか話がへんてこりんになってしまいましたね。
すみません~★★私もご冥福をお祈りします。

投稿: メグ | 2006年11月23日 (木) 23時31分

私も今朝の朝刊で、一番最初にこの記事が飛び込んできました。
主人に「灰谷健次郎が亡くなったって・・・」と言ったら、誰?という顔をしていたのでさびしかったですが・・・

メグさんも仰っているように、本を読まなくなりましたね・・・物語を・・ですね。
本を読むことで、想像力を養い、想像力がつくことで相手の立場になって考えることや、シュミレーション能力がつくと常々思っている私です。(娘たちにも本は惜しみなく与えているほうかなぁ・・・まずは図書館で借りて読むのですけど)

灰谷健次郎といえば、沖縄の離島に移り住んだ関係で、こちらではとてもなじみのある方なのです。
あ、だから新聞の記事も大きかったのかも?
「手と目と声と」と「はるかニライ・カナイ」大好きでした。

投稿: D | 2006年11月25日 (土) 20時43分

メグさん、Dさん、こんにちは!コメントありがとうございます!今さらですがお返事させてください。


☆メグさん
>『兎の眼』。今の子供たち、読まないでしょうね。読んだとしても「感動したっ!」あるいは反対に「うそくせー!」という“ひと言感想”で終わってしまうかも。

そうですね、読まないでしょうね・・・。そして“ひと言感想”で切り捨てられてしまうというのも、ほんとにそうかも・・・。
でも、少しくらいは読んでみていろいろ考えるきっかけになった!なんて人も出てくるんじゃないかなあなどと淡い期待を抱いているわたくしなのです。甘いでしょうかね・・・。
しかし、「感動したっ!」という言葉は、どこかの誰かさんの決めゼリフ(?)だー。小泉さんは読んだことあるのかなあ?

そして、毎日の新聞やニュースを見るにつけ、

>灰谷さんが思い描いた「理想の教育・理想の子供たち」の姿はもはや“時代遅れ扱い”かもしれません。

これはもはや否定できなくなってしまってるなあ、と無力感に襲われてしまいます。子供から大人までどうしてこんなになっちゃったんだろ、って(←偉そうですが)。こんなんだから『ALWAYS 三丁目の夕日』がアカデミー賞総なめにしちゃうんだろうなあ・・・。
灰谷さんは、この世の中の状態をどう思われていたんでしょうかね。うう~。

>賛否両論あるでしょうが、欠点を認めながらも、それでも高く評価される物語だと。
>大切なことは「まず、読んでみること」そして「知ること」ですよね。
>とにかく、本をよく読むこと、よね。

そう、そうなんですメグさん~~~!!!おっしゃる通りでございます!うお~~~!!!

>児玉清さんが「日本人がダメになったのは実用書ばかり読んで、物語を読まなくなったから」という持論をさかんに主張なさっているけれど、これって正論だと思う。

ですよねえ・・・。新聞に載ってる本の広告でも、そういう類のものがすごく多いです。‘たちまち重版!’とか‘何万部突破!’とかいう字が躍っているのを見ると、みんないろいろ困ってるんだなあ、悩んでるんだなあと思います(いやいや、わたしももちろん日々悩みまくりなんですけど)。
でも、実用書だけではなく小説だって悩みや心配事の答えを出してくれますよね。

>本読まないから心の許容範囲が狭いのよ!本読まないから“学びとる”人生経験が不足してるのよ!

メグさんのお言葉を否定するようで申し訳ないんですが、わたしの読書量はすごく少ないです。ごごごごごめんなさい。
でも映画はけっこう観てるから、物語の中で他の人の人生を目撃する機会はたくさんありました(←じまん)!ちょっとは‘心の許容範囲’広がっているといいんですけど、どうでしょう・・・。

村上春樹氏は、真紅さんが教えてくださった『長いお別れ』のほかに今度『ギャツビー』も新たに翻訳されるそうで、ただいま新聞にインタビューが連載されております。『ギャツビー』読みなおそっかな~。しかし、

>学生時代は(村上さんよりも)司馬遼太郎と山本周五郎にどっぷりハマッてましたけど(笑)。

メグさんシブイ~。うちの母も司馬遼さん大好きなんです。メグさんとお話できたら盛り上がるかもですねえええ。もっともうちの母は時代小説全般が好きなんですけど。

それでは長くなってしまいましたがこの辺で。ありがとうございました!


☆Dさん
>主人に「灰谷健次郎が亡くなったって・・・」と言ったら、誰?という顔をしていたのでさびしかったですが・・・

わたしもこのニュースを知った翌日に同僚に話してみたんですが、あんまり反応がなくって・・・。『兎の眼』は誰もが知っていると思い込んでいたので、かなり淋しかったです。

>本を読むことで、想像力を養い、想像力がつくことで相手の立場になって考えることや、シュミレーション能力がつくと常々思っている私です。

全く同感です、Dさん!!!Dさんをハグしちゃいたいです~~~(←迷惑)!
そして、Dさんの娘さんたちは小さいころから映画に親しみ本を読み。きっとすごく素敵な女性になりますね、断言できます☆ なんだかわたしが嬉しいです!

>灰谷健次郎といえば、沖縄の離島に移り住んだ関係で、こちらではとてもなじみのある方なのです。

そうなんですよね。『太陽の子』も、灰谷さんの経験が織り込まれているとか・・・。うう、やはり読み直さないといけませんね。そのほかの作品も、この機会に(と言ったらなんだけど)読んでみたいです。
それではこの辺で。ありがとうございました!

投稿: かいろ | 2006年12月 7日 (木) 15時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101793/4290969

この記事へのトラックバック一覧です: ショック続き:

» 灰谷健次郎 - 兎の眼 [Jinbatsu Yui Blog ___CUT BOSS MAGENTA VOLATILE]
兎の眼灰谷 健次郎 (1998/03)角川書店この商品の詳細を見る 大学を出たばかりの新任教師・小谷芙美先生が受け持ったのは、学校では一言も口をきこうとしない一年生・鉄三。決して心を開かない鉄三に打ちのめされる小谷先生だ... [続きを読む]

受信: 2007年1月21日 (日) 16時07分

« 巨匠が逝く | トップページ | (わたしにとっての)ビッグニュース続き »