« イメージカラーバトン | トップページ | ショック続き »

2006年11月22日 (水)

巨匠が逝く

崖っぷちにいたわんこが助かってよかった~と思っていたら、その一方でロバート・アルトマン監督が亡くなったそうですね(この比べ方、我ながらヘン)。
今日の夕刊を読んで初めて知ったのですが、‘大好き!アルトマン最高!’というわけではないわたしもやはりびっくりしてしまいました。

アルトマン監督は、群像劇を語るときには外せないお方らしく。
以前から何度も書いているわたしが大好きなP.T.アンダーソンの『マグノリア』を解説する文中には、必ずと言っていいほどアルトマン監督の名前と『ショートカッツ』が出てきます。でも『ショートカッツ』はずいぶん前に一度観たきりでほとんど覚えていません。もう一回観直さなきゃ~、もう一回観直さなきゃ~と思いながら何年も経ってしまったんですが(どんだけ悩んでんだ)、きっと今回のことでアルトマン作品をたくさんの方がレンタルされるだろうから、観る機会がまたちょっと遠のいちゃったかもです・・・。

マグノリア DVD マグノリア

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2006/07/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

『ショートカッツ』のDVDは廃盤らしい・・・。

アルトマン監督映画の有名どころと言えば『マッシュ』『ナッシュビル』『ザ・プレイヤー』『ショートカッツ』『ゴスフォードパーク』でしょうか(やっぱりこうやって見ると群像劇の人なんですね)。わたしは『クッキー・フォーチュン』が面白くて好きでした。
そしてもうひとつ、話はよく覚えていないんだけどこの作品。

Longgoodbye_1122_1  『ロング グッドバイ』 おしゃれだー、このポスター。

レイモンド・チャンドラーの『長いお別れ』を映画化したものですが、結末は原作とは全然違うそうです。読んでないからよくわかんないんだけど(あの有名なフィリップ・マーロウを演じているのはエリオット・グールド。ハンフリー・ボガートがマーロウを演じている映画を観たことがあるけど、E.グールドとボギーのマーロウはだいぶん印象が違ってたような気がします)。
さて、話を覚えていないのにどこが好きなのかというと、それは雰囲気。
‘猫とふたりぐらしの男やもめの探偵’なんてすごく想像力(妄想力?)をかきたてられちゃうのです。もちろんラストには哀愁が漂っているし・・・。そしていろいろなアレンジの『THE LONG GOODBYE』という曲がカーラジオから聞こえてきたりバーのBGMとして使われていたりしていて、とにかくすんごくかっこよかったのでした。この曲は映画のためのオリジナルなのかな?それとも昔からあった名曲?あー、なんだかまた観たくなってきちゃった。

更に、マーロウと言えばいろいろな名せりふがあるようですが、やはり一番印象的なのはこれ(正確ではないと思うけど)。

「男はタフでなければ生きていけない。優しくなければ生きている資格がない」

これは『プレイバック』からのせりふ。‘ハードボイルド’の魅力を理解できるかどうか自信はないけど、ちょっと読んでみたいなあ・・・。
ちなみに『長いお別れ』の名セリフは、「ギムレットにはまだ早すぎるね」なんだそうです。どういう意味なんだろう?

長いお別れ Book 長いお別れ

著者:清水 俊二,レイモンド・チャンドラー
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

あれれ、いつの間にか話がアルトマンからマーロウに変わってしまってる!なんでこうなるんだろ???まあ脱線はわたしの得意技ですから~。

それにしても、です。この秋はいろいろな方がお亡くなりになっていますね・・・。ご冥福をお祈りいたします。

|

« イメージカラーバトン | トップページ | ショック続き »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

私もこのニュースで言葉を失いました。
時は流れているもの・・・いつかは終わる命なのですよね。
けれども、こんなに素敵な作品を残した人生。ありがとうと伝えたいです。

投稿: D | 2006年11月22日 (水) 23時05分

かいろさん★おっしゃるとおり、この秋はいろいろな方がお亡くなられて。
先月は声優の武藤礼子さんがお亡くなりになりました。武藤さんといえば、マリリン・モンローやリズ・テーラーの色っぽい吹き替え。そしてなんと言っても「ムーミン」のノンノンの声!可愛かったです♪でも・・・訃報を伝える新聞報道があまりに小さくて・・・私はそれがショックでした~(涙)。今って、特にアニメなんかは、その時その時の売れっ子タレントさんに吹き替えをやらせることが多いけど、もっともっとプロの声優さんを大事にしてほしいなぁと思ったりするのでした。

アルトマン監督の作品は(たぶん)見ていないので、こんなコメントになっちゃいました~★

投稿: メグ | 2006年11月23日 (木) 01時16分

かいろさん、こんにちは。
私も自分の記事の最後にちょっと書きましたが、アルトマン監督、ご冥福をお祈りしたいですね。
今年のアカデミー賞で名誉賞を受賞されました。花道でしたね。
私は『ショート・カッツ』しか記憶にないのですが、この機会にいくつか観てみたいと思います。
来春には遺作(メリル・ストリープご出演)が公開のようです。
『ロング・グッドバイ』は近々村上春樹の新訳が出ますので、私はそれを楽しみに待っているところです。
かいろさんも一緒に待ちませんか?
ではでは、また来ますね。

投稿: 真紅 | 2006年11月23日 (木) 06時23分

こんにちは。
自分ちで書かないでこちらにお邪魔して喋っててどうするんでしょう・・・
というのも、巨匠と言われる方の作品を
『ゴスフォード・パーク』と、しか観てないわたし、勉強不足を痛感しつつ、
改めて調べてみたら、なんと、あの『コンバット』の監督さんでもあったんですね。
小さい頃に親がTVで観ていて、WOWOWだかでも最近放送してたのですけど…

『ゴスフォード・パーク』、大好きです。

投稿: 悠雅 | 2006年11月23日 (木) 10時54分

Dさん、メグさん、真紅さん、悠雅さん、こんにちは!コメントありがとうございます!まとめてお返事させてください。


☆Dさん
はい、そうなんです・・・。
先に新聞を読んでいた母が「ロバートなんとかって監督知ってる?」と聞いてきたんです。新聞を読んでその質問をしてくるってことは・・・ガーン・・・。
その後自分でもその記事を読んで、かなりショックでした。でも、

>けれども、こんなに素敵な作品を残した人生。ありがとうと伝えたいです。

おっしゃるとおりです!わたしもDさんとご一緒にアルトマン監督に感謝の言葉を贈らせていただきます。
それに、彼の作品はきっとずっと残っていくのだから、そういう意味では不死の存在ですもんね。監督っていうお仕事は、やはり偉大なものなんですね・・・。
それではこの辺で。ありがとうございました!


☆メグさん
武藤礼子さん・・・。申し訳ないのですが、お名前をうかがってもわたしはピンと来ません・・・。でもたぶん声を聴いたらああ~、この声~!と思うと思うんですが。

そしてメグさんのおっしゃるとおり、最近の吹き替えの傾向はかなりけしからんとわたしも思います。本職の方を差し置いてまでこの人に吹き替えをさせる意味は果たしてあるの?という場合も少なくないですよね。まったくもう!プン!
しかしそうは言いながらも、今年のお正月映画の中のある1本のアニメの豪華声優陣にわたくし興奮しておりまして。根っからの声優さんはほとんどいないのでいつもだったら憤慨するパターンなのですが、この作品に限っては今から楽しみなのです♪ でもでもやっぱり、

>もっともっとプロの声優さんを大事にしてほしいなぁと思ったりするのでした。

もちろんこうも思うし・・・。うーんどっちつかずだ。
それではこの辺で。ありがとうございました!


☆真紅さん
アルトマン監督、名誉賞だったんですね・・・。すっかり忘れておりました。ごめんなさいアルトマンさん。

> この機会にいくつか観てみたいと思います。

わー、真紅さんのアルトマン作品の記事、楽しみにしておりますね♪
そして遺作情報をありがとうございます。どんな作品なのでしょうか、これは絶対観なくては。さらに、

>『ロング・グッドバイ』は近々村上春樹の新訳が出ますので、私はそれを楽しみに待っているところです。

これまた素晴らしい情報!ますます読んでみたい気分が盛り上がってきました~。
しかし、春樹氏はいろいろ翻訳をされているんですね。真紅さんは翻訳作品も全部読まれてたりするのですか?ヒー、やっぱりカッコイイ真紅さん~。
それではこの辺で。ありがとうございました!


☆悠雅さん
アルトマン作品、調べてみたら本当にたくさんありました。わたしは有名なものを何本か観ているだけなので、亡くなってショックなもののいざ記事を書こうとしたらいつも以上に内容がない浅いものになってしまって・・・。これからまた観直して、勉強しようと思っております。

『コンバット』・・・また勉強不足でわたしは存じ上げないんですが、やっぱり戦争ものなんですよね。しかも皮肉に満ち満ちていそうな・・・。面白そうだけど、覚悟もいりそうですね。
ちなみにわたしも『ゴスフォードパーク』好きでした!でも一度観たきりで面白かったということしか覚えていません~。これも観直さなきゃです。
しかし、今考えてもものすごい豪華キャスト。他の作品もすごい人がたくさん出ているし、‘アルトマン’という名前の威力は並大抵ではないんですね。やっぱり彼は‘巨匠’なんだなあと改めて思ってしまいます。
それではこの辺で。ありがとうございました!

投稿: かいろ | 2006年11月23日 (木) 21時57分

かいろさん、こんばんは。
この間『ロンググットバイ』を観ました。ポスターの色調がなんとも言えず(紫色!)niceです。変わった雰囲気の映画だなあと・・最後のシーンに驚きつつ観ていました。しかもフィリップ・マーロウ(!)の名前しか聞いたことがなく・・・・・・アルトマン作品、詳しくないのにおじゃましちゃってすみません。

メグさんの‘プロの声優さんを大事に・・’私もそう思っていました。でもかいろさんの‘今年のお正月映画・・’に一番ピピッと!もしや‘鉄コン’では?
ps・・‘OctoberSky’鑑賞後、仕事に行きました~~~(出勤遅)

投稿: ひろのしん | 2006年11月28日 (火) 23時47分

ひろのしんさん、こんにちは!コメントありがとうございます!遅くなってしまいましたがお返事させてください。
『ロンググッドバイ』ご覧になったのですかー!追悼特集で放送されたんでしょうか?
わたしもアルトマン作品に詳しいわけではないんですけど、『ロンググッドバイ』はひろのしんさんがおっしゃるように、

>変わった雰囲気の映画だなあと・・

いうことでとても頭に残っている映画なのでした。でも内容はほとんど覚えてないので、つっこんだ記事が書けなかったという・・・(恥)。しかし、かっこよかった音楽は強烈で。今でもちょびっと歌えます。

そして、はいそうです、『鉄コン』です!本当に豪華キャストなんですよ~。
ひろのしんさんはご覧になる予定おありですか?『鉄コン』。わたしは年内に観られそうにはないんですが、ひろのしんさんご覧になったらちょこっと感想をお聞かせください!お待ちしております♪
それではこの辺で。『遠い空の向こうに』のために出勤時間を遅らせたステキな旦那さまと、ご家族によろしくお伝えください☆ ありがとうございました!

投稿: かいろ | 2006年12月 7日 (木) 17時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101793/4276733

この記事へのトラックバック一覧です: 巨匠が逝く:

» 二大スター競演のモノクロのいぶし銀! [この広い空のどこかで今日もいい日旅立ち]
この作品もやわな正義感など吹き飛ぶほどの業界のワルぶりがなまなかではない。映画もその業界の内幕をえぐりながら、やわな批評などせず、リアリズムの迫力で押しに押す。マーク・ロブスンの代表作のひとつではあるだろう。 [続きを読む]

受信: 2006年12月16日 (土) 23時18分

« イメージカラーバトン | トップページ | ショック続き »