« 『ブロークバック マウンテン』に教えられた、答えの出ないこと | トップページ | ブロークバック マウンテン:お母さんの手 »

2006年10月 3日 (火)

秋でございま~す♪

今日はちょっと気分転換(タイトルはサザエさん調?でお読みくださいませ~)。

10月になりました。秋です。
秋といえば、やっぱり‘食欲・芸術・読書・睡眠’でございますね。

しかし秋には他にも大事なことが(←ここでも大げさ)。道端の花大好き人間のわたしとしては、ご近所の金木犀がいつ開花するのかがものすごく気になるところなのです。
金木犀、昔は我が家にも植えてあったけどもよそのお宅にあげちゃったそうで。しかもうちではあまり咲かなかったのが植え替えたとたんたくさん綺麗に咲くようになったらしく・・・。キーッ、なんでさ~、どうしてなのさ~!ああ、金木犀のあるおうち、憧れるー。
でも以前はたくさんあった金木犀ポイントも、道路拡張工事やなんやかやでめっきり減ってしまいました。寂しいな・・・。

_0928_1_1
この画像を見てるだけで香りが・・・。

毎年この時期になると、朝出勤する時や夜帰宅途中に鼻を相当くんくんひくひくさせて金木犀の香りサーチを行ってしまいます。まだほとんど咲いていないときでもしっかり香ってくるんですよね。

昔読んだ漫画で、「祖母が金木犀の花を集めて枕を作ってくれていて、その枕を使うと髪に香りがうつるからとても気に入っていた・・・」とかいう話がありました。それが頭にあるせいで、どうやって枕作るんだろう?かなりたくさんの量の花が必要だよねえ、などといまだに気になってしまって。落ちた花を使うんならほうきでかき集めるのでしょうか、でも砂とかも混ざってしまいますよねえ。だったらやっぱり盛りの花を摘んじゃうのかなあ、なんだかもったいないなあ。うーむやっぱり気になる。

それにしても‘香り’ってものすごいタイムマシンだと思います。何かの香りにふっと反応してある特定の時期を強烈に思い出してしまうようなこと、皆さまも経験がおありじゃないですか?わたしは金木犀の香りを嗅ぐと、テニスコートの周りに背の低い金木犀が何本か植えてあった、すごく楽しかった高校時代を思い出します(テニスはやってなかったけど)。
(そしてここでやっぱりBBMの話をさせていただくと、‘香りのタイムマシン効果’を知っているわたしには、イニスがシャツの匂いを嗅いでみたけどもう何も残っていなかったという小説のくだりがとても悲しいのです。イニスの、ジャックの痕跡を探しだしたいという気持ちがすごくよくわかるから。はあ。)

ついでに、秋の花といえばやっぱりこれ。

F_0928_1_1 
「秋桜」、山口百恵ですね。

うちにはコスモスないんです。通勤途中のお宅にもたぶん植えられてないので、あんまり見ることがありません。・・・一面のコスモス畑に行ってみたい・・・。

そして、もうほとんど終わりかけだけど。

F_0928_2_1 
「曼珠沙華」といったらやっぱり百恵ちゃん、「彼岸花」といったらごんぎつね。

『ごんぎつね』は小学校の国語の教科書に載っていました。影絵のような挿絵がついていたのがすごく印象に残っています。文中に出てきたかはっきりとは覚えていない彼岸花、たしかその挿絵のなかにはあった気が。ごんは兵十に栗なんかも持っていってたような覚えがあるし、これはきっと秋のお話なんですよね。

で、話が彼岸花からずれてしまいますが、『ごんぎつね』を‘こんなに報われない、悲しいお話があってもいいの?’と幼心にむちゃくちゃショックを与える物語の西の横綱?とするなら、東の横綱はわたしにとっては『泣いた赤鬼』です。幼稚園の頃「キンダーブック」という本に収録されていたのを読んだのが最初だと思いますが、たぶんその時わたしは号泣したはずです。だって今でもやっぱりダメだもん(そういえば『西遊記』にこの『泣いた赤鬼』を元ネタにしたエピソードがありました。それを観た時も泣きました・・・)。

と、なんだかやっぱりまとまりがつかなくなってきたので強引にまとめてしまうと、こんな感じで(?)秋は花の探索にも、物思いにふけるのにもぴったりの季節なのでございました。そして食べて眠って映画観て本読んで、あー秋ってほんとに忙しい~。

|

« 『ブロークバック マウンテン』に教えられた、答えの出ないこと | トップページ | ブロークバック マウンテン:お母さんの手 »

日々のもろもろ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。先日、かいろさん宅にメグさんの貴重な記事のご紹介のお礼をレスしようと思っていたのですが、、、。
かいろさん、いくらレスが遅くても、大丈夫ですよー。
なんだか、かいろさんは、やっぱり律儀なかたなんですね、、。
金木犀、見なくなりましたね、、、??あの香りは大好きです!”香り”って、思い出が繋がっていますよね、、BBMの小説でも、ジャックの香りが出てきますし、、(涙)。

「ごんぎつね」はkabioさん宅でアツーく語りあってしまいました(笑)、BBMに通じるんですよね、、、。
「泣いた赤鬼」は、あの、青鬼が身代わりになるやつですか?
泣けます、泣けます!究極の自己犠牲ですよね、、でも、ある言葉を思い出しました、「自分が一番大事な人間は、結局は孤独だ、、」と。奇麗事でなく、本心から他者のことを思うことが出来る人間は、”孤独”ではないのかもしれません、、、。青鬼さんもきっと、、、。
話、間違ってたらすいません。(又、廊下に立ちます!(笑))

(メグさん、記事の紹介ありがとうございます。ナタリーはどこか知的な感じの女優さんだな、、、と思っていましたが、
しっかりとした考えのある方なんですね、、、。)

投稿: sumisu | 2006年10月 3日 (火) 11時32分

「ドコマデモ キミノトモダチ アオオニ」
…号泣。
『ごんぎつね』息子の教科書で久しぶりに読んで泣きました。
ハッピーエンドで終わらない事もあるんだと、
取り返しのつかない事もあるんだと胸に染みこむお話でした。
金木犀ももう終わりですね。

投稿: miyuco | 2006年10月 3日 (火) 18時15分

かいろさん★BBMはちょっとお休み。いかにも秋~!というほわほわブログですね♪コスモスの花々は本当に秋の代表選手です。濃いピンク、薄いピンク、そして白色。混ざって咲いている風景、私もとても好きです。香り高い金木犀も季節感たっぷりですけれど、最近の子供達ってこの花の香りで「トイレの芳香剤」を連想するっていうから困ったもんです。それから「曼珠沙華」。私もこの言葉で百恵ちゃんを連想します。百恵ちゃんご自身が「横須賀ストーリー」と並んで常に「大好きな歌」として挙げていた名曲ですね。彼岸花の濃い赤色も秋の色。花の種類で季節の移り変わりを感じられる国にいる私たちってやっぱり幸せですね・・・。イニスが初めて入ったジャックの部屋の窓から見える風景は、咲き乱れる花もなく殺風景でした。
「イニスははっと気がついた。大人になるまでジャックが知っていた道は、唯一この道だけだったのだと」
原作にあるこの文章を読むと、ジャックの孤独だった人生をふと思い、じ~んと来ちゃいます。

最後に、幼稚園時代のキンダーブック。懐かしいですねぇ。昔、「ぼうふらが かになった」という文章がキンダーブックに出ていて、何故か幼稚園児の私はそれを「ぼうふらが かにになった」とずっと読んでいて、その後、小学校4年生まで「ぼうふら」というのは「蟹の赤ちゃん」なのだと信じておりました。小学校の池に「ぼうふら」がいっぱいいるのを見て、「わー海でもないのに夏には蟹だらけになる」と喜んでクラス中の笑いものになった記憶があります(うひゃー、せっかくの美しいブログに、なんちゅー汚いコメントを!お許しを~)

オマケ★sumisuさん、嬉しいです。こちらこそありがとうございます。ナタリーの発言、ほんと素晴しいですよね★

投稿: メグ | 2006年10月 3日 (火) 18時23分

かいろさん、こんにちは。
金木犀とキンダーブック、まるでタイムマシンに乗せられた気分です。
私も金木犀の香りが好きで、以前はかいろさんのように香りサーチしてましたよ。私の住んでいるところでは先週位で散ってしまいましたが、この香りがすると本当に秋になったという感じですね。私の通っていた幼稚園の庭に白い花の銀木犀(というのかな?)があって、金木犀の匂いを嗅ぐと一瞬でそのころの自分を思い出せます。小さな私は細かな花を手に集めているんです。その時の感情まで思い出せます。‘香りのタイムマシン効果’すごい力を持っていると思います。あ~でも色っぽい話じゃないですね~。

そうそう、イニスはジャックの残り香を嗅ぐことはできなかったけど、思い出の中の残り香を感じたんですね。よけいに辛いですね。

そしてキンダーブック。メグさん安心してください、私はそこに描かれていた目鼻のついたねぎ坊主(ねぎの花?)を本当に存在するものだと信じてました。後で母に教えられ恥ずかしいというよりとてもがっかりしたんです。子供の時って変なことを信じるんですよね。

かいろさんと皆様のおかげで今日はしみじみと「秋」を思うことが出来ました。ありがとうございます。

投稿: kママ | 2006年10月 3日 (火) 20時44分

sumisuさん、miyucoさん、メグさん、こんにちは!コメントありがとうございます!まとめてお返事させてくださいませ。


・sumisuさん
ううう、sumisuさんにもお優しいお言葉をいただき、とても嬉しいです。ありがとうございます~。

>”香り”って、思い出が繋がっていますよね、、BBMの小説でも、ジャックの香りが出てきますし、、(涙)。

はい!香り→思い出、と直線でつながっていると思います!
シャツを見つけたことでイニスは一気にあの頃に戻ったのだろうけど、それでもジャックの香りを探さずにはいられなかったんだろうなあと思うと、もうほんとに涙、涙です・・・。せめて香りが残っていてくれたなら・・・ああ~~~。

>「ごんぎつね」はkabioさん宅でアツーく語りあってしまいました(笑)、BBMに通じるんですよね、、、。

いや~ん、kabioさんのところに書き込まれたsumisuさんのコメント、わたし拝見していません!8月の記事でしたよね?探し出します!
しかし、またここにもBBMつながりが。でもほんとです、相手の本当の心に気がついた時にはもう遅かった・・・。ウエ~ン、泣きそう・・・。
そして『泣いた赤鬼』は、おっしゃるとおり青鬼さんが身代わりになるお話です!

>「自分が一番大事な人間は、結局は孤独だ、、」と。奇麗事でなく、本心から他者のことを思うことが出来る人間は、”孤独”ではないのかもしれません、、、。青鬼さんもきっと、、、。

sumisuさん・・・はい、そうですよね。きっとまたふたりが会える時も来るだろうし、それに何より、赤鬼さんは青鬼さんのことを絶対に忘れないだろうし・・・。また素敵な考え方を教えてくださって、ありがとうございます。
ああ、sumisuさんにいただいたコメント、わたしの涙スイッチを押してしまいましたよううう。
それではこの辺で。ありがとうございました!


・miyucoさん

>「ドコマデモ キミノトモダチ アオオニ」

この出だしを拝見しただけでわたしもう涙が滲んできてしまいました・・・。そうでした、こんな置き手紙が戸に貼ってあったんですよね・・・。猛烈に読み直したいです~、『泣いた赤鬼』。でも本屋さんで絵本を立ち読みしたとしても絶対泣いちゃいます。か、買おうかな。
『ごんぎつね』は、やっぱり今の教科書にも収録されているのですか!これは小さい時に読んでおくべき話ですよね。
息子さんの教科書をお読みになるmiyucoさん、すごく素敵!そして、

>ハッピーエンドで終わらない事もあるんだと、
取り返しのつかない事もあるんだと胸に染みこむお話でした。

ありがとうございます!miyucoさんの表現やっぱり大好きです。そうなんです、‘取り返しがつかなくて’‘胸に染みこむ’まさにわたしはそう感じたのでした。
それではこの辺で。ありがとうございました!
追伸:わたしの住んでいるところでは、まだほとんど金木犀咲いていないのです~。これから満開になるところで、今から楽しみです♪


・メグさん
はい、ちょっとBBMはお休みしました~。でもやっぱりお山に戻ってきてしまうようで・・・。しかも『ごんぎつね』のことなどを書いたおかげでまたちょっと沈みがちな気分・・・。うー、墓穴です。

コスモス畑、たしか中学生ぐらいの頃に家族旅行で行った先にあったのを見て以来ご無沙汰しております。見たいなー、一面のコスモスが風に揺れる風景・・・。上に貼り付けた写真はあんまり綺麗だったもので黙ってお借りしてきたのですが、大きく拡大できます。デスクトップの背景なんかにもぴったりだと思われますので、よろしければどうぞ☆ うふ。

そして金木犀の香り、トイレの芳香剤なんてあんまりですう。もしわたしに子供がいたとして、そんなことを言われたらお母さんのわたしはかなりムキになって反論しちゃいそうです。さぞ‘大人げない大人’になるだろうなー。

>百恵ちゃんご自身が「横須賀ストーリー」と並んで常に「大好きな歌」として挙げていた名曲ですね。

そうなんですか!阿木・宇崎コンビの歌ですよね。今聞いても独特というか・・・。初めて聞いたのがいつだったかは定かではないけど、小さいながらもこれは大人の歌なんだなあと感じたことははっきり覚えております。もっとも、百恵ちゃんの歌はどれも‘大人’ですけども~。

>花の種類で季節の移り変わりを感じられる国にいる私たちってやっぱり幸せですね・・・。イニスが初めて入ったジャックの部屋の窓から見える風景は、咲き乱れる花もなく殺風景でした。

はい、ほんとにわたしたちは幸せですよね・・・。
そしてBBM。綺麗な風景がたくさんだったけれど、わたしが覚えている限りではほとんど花が出てこなかったような気がするんです。なんででしょう?

それにしてもぼうふら=蟹の赤ちゃんなんて!メグさんかわいいですう。でもぼうふらって赤いですもんね、その点では同じだ~。
しかし最近ぼうふらを見なくなったなあ。単にわたしが大人になってどぶなんかを覗いたりすることがなくなったからなんでしょうけど。現に蚊はたくさんいますしね。今年もたくさん血を吸われました~。
それではこの辺で。ありがとうございました!

投稿: かいろ | 2006年10月 3日 (火) 21時30分

kママさん、こんにちは!コメントありがとうございます!

>この香りがすると本当に秋になったという感じですね。

はい!逆に、この香りがしてこないと秋が来た!とは認めたくないような~。miyucoさんへのお返事にも書かせていただきましたが、こちらではまだ金木犀はあまり咲いていません。でも香りはしているんです。もう少ししたらもっともっと香ってくれるんだろうなあ、ワクワク。

>小さな私は細かな花を手に集めているんです。その時の感情まで思い出せます。

そうなんですよね、すごく細かいところまではっきりと思い出せてしまう・・・。実に不思議です。

>イニスはジャックの残り香を嗅ぐことはできなかったけど、思い出の中の残り香を感じたんですね。よけいに辛いですね。

‘思い出の中の残り香’・・・うわ~ん、また泣きそうですkママさ~ん。最近DVDで映画を観ることばかりしていたけれど、また小説の方も読み直したくなってきてしまいました。

そしてキンダーブック、みなさんいろいろ逸話をお持ちなんですね。今でも幼稚園では読まれているのでしょうか?

>後で母に教えられ恥ずかしいというよりとてもがっかりしたんです。子供の時って変なことを信じるんですよね。

わたしもそういうことありました、今は思い出せないけど。正しくない読み方をしたり勘違いをしていたりして、間違いに気がついたときのガッカリ感・・・。でもちょっと甘酸っぱい思い出だったりもしませんか?

わたしも、みなさんのおかげで昔を思い出したり発見したりすることができました~。うふふ。秋の力、でしょうか・・・。
それではこの辺で。ありがとうございました!

投稿: かいろ | 2006年10月 3日 (火) 22時15分

こんにちは。
金木犀の香り好きです。フルーティな感じがします。
この季節の風は、甘いですよね。
子どもの頃からこの香りが好きで、焼酎に漬け込んで香水作ってみたり。。。松葉にさして遊びました。(金木犀の花は、落ちると真ん中に穴のあいたおはじきみたいな形なので)
春は沈丁花の香り、季節の変わり目を花の香りで感じます。

ところで、いい男は、匂いも臭くないらしいですよ。そして好きな人の香りって好きになります。匂いが好きだからすきになる?(匂いフェチかも)
ジャックは、タバコと麝香のような汗のにおい、草に似たかすかな甘い匂い。そして山の凛とした冷気の匂いだったんですよね。似た匂いをかぐたび思い出すんだろうな。

投稿: しじみ | 2006年10月 4日 (水) 10時29分

しじみさん、こんにちは!コメントありがとうございます!

>この季節の風は、甘いですよね。

そうなんです、風が甘いんです!だからでしょうか、秋になると風が吹くたびになんだかなんともいえない気分になってしまいます。ああ詩的・・・(うっとり)。

>焼酎に漬け込んで香水作ってみたり。。。松葉にさして遊びました。(金木犀の花は、落ちると真ん中に穴のあいたおはじきみたいな形なので)

しじみさん、なんとステキな幼少時代!うわ~、焼酎プラス金木犀ってどんな香りの香水になるんでしょうか???そしてわたし、香りばかりを気にしていて金木犀の花の形をちゃんと見たことがありませんでした・・・反省です。満開になったら観察してみますね~。

いい男の匂い・・・ふうむ、またまた興味深いです。しじみさんはプチ匂いフェチなのですか、参考になります~(←???)。
外国の某人気俳優さんは、すごく体臭がきつい!(もっとはっきり言ってしまうと、臭い!)なんて書かれていましたが。しじみさんのおっしゃるように‘好きな人の香りって好きになる’とわたしも思うので、もしジェイクくんの体臭がすごかったとしてもわたくしたちならきっと大丈夫なのではないかと。あ、また妄想入ってますね。
ジャックの匂い・・・どんな匂いなのか、ちょっと嗅いでみたい。そしてイニスにも一度でいいからまた嗅がせてあげたいなあ・・・。ああ、やっぱりため息です。
それではこの辺で。ありがとうございました!

投稿: かいろ | 2006年10月 4日 (水) 13時29分

たびたびすみません。訂正です。
おはじきと言っても、私が子どもの頃持っていた、花形のプラスチックで出来たもので、、、一般的な形でないですね。
おはじき???ってなりましたよね。ごめんなさい。
ではまた~~。失礼しました。

投稿: しじみ | 2006年10月 5日 (木) 17時06分

しじみさん、こんにちは!わざわざ訂正によっていただきまして恐縮でございますう。
プラスティックのおはじき、わかります!わたしも持ってました~。いろいろな色のがあるんですよね。つなげて首飾り?にしたりしてました。うーん懐かしい。
あ~、やっぱり秋は思い出に浸るのによい季節のようです・・・。
それではこの辺で。ありがとうございました!

投稿: かいろ | 2006年10月 5日 (木) 21時59分

かいろさん、こちらにも失礼します。
今朝はこちらにコメントさせていただこうかと思ったら記事がアップされてましたので、ついそちらに行ってしまいました。

こちらでは、しじみさんもおっしゃってたように春は沈丁花,秋には金木犀の香りが風に乗って運ばれてくるのが大好き、と言いたかったんです。どちらも香りが風に運ばれてくるので、花の季節にはキョロキョロしてしまいます。

そして、春に沈丁花,秋に金木犀なら冬には絶対‘凛とした山の冷気の匂い’ですよね。なんてことも申し上げたかったのでした。
イニスがクロゼットのシャツにジャックの思い出に繋がる匂いを感じられなかったのは、こちらまで胸が痛くなるようでした。でも、映画のイニスの様子見ると、あのときのイニスは、きっとジャックの僅かな残り香でも感じられたんじゃないかと思っています。それに小説でも「しかし、今この手の中にあるものは、あの山の記憶が持つはずの力をいまだにとどめていた。」とあって、私は、残されたシャツはジャック本人の代わりにイニスに何がしかの力を与えたに違いないと思っているんです。

私、曼殊沙華も好きで、子供の頃「縁起の悪い花」と言われたときには不思議でなりませんでした。
小説のように、ツイスト家の墓地が「ジャックにはここに入って欲しくない、あいつをこんなわびしい土地に葬って欲しくない」とイニスに思わせるようなところなら、せめて曼殊沙華でも植えて秋の一時期にでも寂しくなくしてあげたいです。

なんだかあちこちまとまらないコメントで失礼いたしました。
それと、前回再度のコメントで「NGあったら観たいよ~」にメグさんも賛同していただいて、メグさんには他にもいろいろおっしゃていただいたうえに直接お礼も申し上げられなくて恐縮しています。機会がございましたら、よろしくとお伝えいただけますでしょうか。なんだか、かいろさんに個人的な頼みごとしてしまうようで申し訳なく、どうかお気を悪くなさいませんよう、くれぐれもよろしくお願いいたします。

投稿: 沙斗魔 | 2006年10月 9日 (月) 09時19分

かいろさんのお友だちの沙斗魔さん★あたたかいお言葉、こちらこそありがとうございます。お気持ち受け取らせていただきました(感涙)。かいろさん奏でるこの「バラライカ名曲コンサート♪」で私たち、出会えて本当に良かったですね。

かいろさん★いつもいつも本当に感謝しています~。

 ************

かいろ隊長殿★ケロロ・メグ隊員、本日「トホホな探偵結果」に新たなご報告をさせていただきましたっ!お店のBBM宣伝コーナーが段々縮小されてゆくのを見るのはやはり淋しいでありますっ(淋しかったので報告のときはつい、ケロロ語を忘れましたっ)!そちらは単なる報告ゆえ、隊長殿の返信をわざわざいただかずとも大丈夫でありますっ!いつも丁寧な返信をいただき誠にありがたく恐縮しておりますっ!以上~★

投稿: メグ | 2006年10月 9日 (月) 21時49分

沙斗魔さん、メグさん、こんにちは!コメントありがとうございます!また遅くなってしまいましたが、まとめてお返事させてください。


・沙斗魔さん
たくさんコメントをいただきまして嬉しいです~。

>どちらも香りが風に運ばれてくるので、花の季節にはキョロキョロしてしまいます。

そう、わたしもキョロキョロしまくってかなり挙動不審になっていそうな気がしま~す。さらに金木犀ポイントに差しかかると歩くのがゆっくりになっちゃって、そこを過ぎるとまたぐわあ~っと早足になってしまうので見た目ちょっと不気味かもしれません。

>小説でも「しかし、今この手の中にあるものは、あの山の記憶が持つはずの力をいまだにとどめていた。」とあって、私は、残されたシャツはジャック本人の代わりにイニスに何がしかの力を与えたに違いないと思っているんです。

はい、そうですよね・・・、沙斗魔さん。ありがとうございます、お礼申し上げます(わたしがお礼するのは変なんだけど)。
あの後、トレーラーでのイニスの様子を見て、それまでとは違って彼がとても穏やかな表情をしているようにわたしには感じられました。それはあのシャツ(=ジャック)と、ジャックのお母さんのおかげなんじゃないのかな、と思っています。

そしてジャックが葬られることになるお墓。あのお母さんなら、いつも何かの花が咲いているように、いろいろ植えてくれるんじゃないかなあなんて思うのですがいかがでしょう?どんな花を植えてくれるかしら・・・とやはり妄想してしまうわたしです。

以前こちらでkママさんとsumisuさんの橋渡しをすることができ、お役に立ててわたしも得意満面(←?)だったのでございます。コメントをくださる皆さまの間でやりとりしていただくのもアリなんじゃないかなあとわたしは思っております。だから沙斗魔さん、全然気にしないでくださいね~~~。
それではこの辺で。ありがとうございました!


・メグさん
いつもこちらのことを気遣ってくださるコメント、わたしこそが恐縮しておりまする。

>お店のBBM宣伝コーナーが段々縮小されてゆくのを見るのはやはり淋しいでありますっ

ねえ、ほんとに淋しいです・・・。わたしがDVDを買ったお店も、一番目立つところから移動させられていてガッカリしてしまいました。しかしわたしたちが知らないところでDVDを買って、借りてくれている方々がいらっしゃるだろうと信じて、これからも折に触れて偵察活動を続けていこうと思います。というわけでもうひとついただいたコメントへのお返事に移らせていただきまーす。

投稿: かいろ | 2006年10月11日 (水) 12時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101793/3618734

この記事へのトラックバック一覧です: 秋でございま~す♪:

« 『ブロークバック マウンテン』に教えられた、答えの出ないこと | トップページ | ブロークバック マウンテン:お母さんの手 »