« トホホな偵察結果 | トップページ | 『ブロークバック マウンテン』に教えられた、答えの出ないこと »

2006年9月26日 (火)

ブロークバック マウンテン:山の影響力

日曜日、やっと4ヵ月半ぶりに『ブロークバック マウンテン』(←なんだか略さずにちゃんとタイトルを書きたい気分)を観ることができました。
すごく懐かしい、会いたくてたまらなかった人に再会できたような気持ちで、メインメニューの画面で『The Wings』が流れ出したとたんになぜか泣きそうになってしまいました。

観終わった後に自分が今まで書いてきた記事を読み直してみたら、あまりにも内容が浅すぎてがっかり・げんなり。でも書いてしまったものは仕方ありません~。
というわけで、今日の記事も例に漏れず極めて個人的でどうでもいいような(しかもかなりささやかな)感想になります。よろしければお付き合いください。

Brokebackmountainrearviewmirror_0506_12_2 
やっぱりこのシーンがすごく好きだった。

‘初めて観たときはこんなふうだった’というのは以前記事にしましたが、実を言うとその他にも感じたことがありまして。日めくりカレンダーにでも載ってるんじゃない?というようなその感想をここで暴露してしまうと、

‘イニスとジャックに恥じないように(?)毎日をちゃんと生きていこう’

イヤ~、恥ーずーかーしーい~~~。ものすごく的外れな感想だというのはわかってるんだけど、でもふたりを見ていてほんとにそう思ったんですよね、あの時のわたしは・・・。
で、実際に、めんどくさくて伸ばし伸ばしにしていたことを少しずつ片付けていきました。どうでもいいようなことばっかりなのですが、例えば、伸ばしっぱなしにしていた髪を切りに行ったり、スニーカーを洗ったり、部屋の掃除をしたり。
しかしその決意も長続きはしなくて、結局いつの間にか普段どおりのだるだる~とした生活に逆戻りしてしまったんですけども。

そしてこの夏、仕事に対して全くやる気が起きなくて、毎日毎日出勤するのが苦痛でたまらなかったわたし。特にこの何週間かはいやいや働いているせいでいくつかミスをして、‘あーもう辞めちゃいたい病’がもうピークに達していました。
でも、日曜にBBMを再見して、イニスとジャックの生きざま?を見て仕事に臨んだ月曜日。なぜか、今までみたいに嫌だーイヤだー帰りたーいという気持ちにはならずに、目の前の作業にただ無心に集中することができたのでした。なんでだろう?こじつけ・思い込みと言われてしまうとそれまでなのですが、それでもやっぱり、これはふたりの影響なんじゃないかな?とわたしは思っています。イニスとジャックの人生を思うと、こんなことで文句言ってる場合じゃないじゃろ、自分!きちんとやるべき事はやろうよ、自分!ちゃんと部屋の掃除しようよ、自分!シャツにアイロンかけようよ、自分!(←キャ~、どんだけめんどくさがりかがバレてしまう~)
“BBMを知ったことでわたしの人生はこんなに変わった!というシンポジウムが開かれたら~”というコメントを以前沙斗魔さんからいただきましたが、人生だけでなく、もしかするとわたしの場合は意識や考え方もも少ーしだけ良い方向に変化できたのかな?なんて思ってしまったり。後はこの変化をどれだけ持続させることができるか、なんですが。うーん、できるだけ努力してみよう・・・。全然当てにはならないけど。

以上、自分のことばかり書いてしまいました~。あ、いつもですが。

Brokeback_0509_10_1 

更にどうでもいいこと。
わたしはAMAZONではDVDを買わず、いつものお店で予約しました。土曜日に取りに行って、DVDを入れた鞄を膝にのせて電車に揺られて帰ったわたしは、あのシャツ(=ジャック)を助手席に乗せて家路に着くイニスの気持ちの何百分の一か(何千分の一か、かも)がわかったような気がしたのでした。妄想もここまで来ると、あっぱれですなあ(←自分で言うな)。

しかし、ひゃー。今日の記事は恥さらしまくりになってしまいました。いやーん。

|

« トホホな偵察結果 | トップページ | 『ブロークバック マウンテン』に教えられた、答えの出ないこと »

ブロークバック マウンテン」カテゴリの記事

コメント

かいろさん★「ブロークバックマウンテン」について今まで書いてこられた、かいろさんの名文の数々。それを「あまりにも内容が浅すぎてがっかり・げんなり」だなんて、どうかおっしゃらないで。私がかいろさんに初コメント差し上げたのは8/4の例の『西遊記』記事でしたが、それ以前からずっとかいろさんの文章に私は胸打たれていたのですから。特に7/20にお書きになった「人生の最も素晴しい日々」。この中の後半部分、「わたしの中で彼らの物語は~」で始まって更に「ジャックに会う前にイニスが婚約してしまっていたこと。(中略)イニスではなくジャックの方に経済的な余裕をもたせて、ふたりが会い続けることができるようにしてしまったこと・・・」と続くこの一連の文章は、本当に上手な書かれ方で私にはいつまでも印象に残っている名文です。かいろさんのこの文章を読む前に、私はNEWSWEEKで原作者アニー・プルーの「執筆しながら涙がこぼれそうになった。なにも二人にこれほどつらい人生を送らせなくても、と罪悪感を感じた」(←これ、8/25に差し上げたコメントにも書いてます)という言葉を読んでいたので、その後に出会ったかいろさんのこの文章が、まさに原作者の意図する事をズバリ言い当てていらしたのです!どうぞこれからも映画に関する素敵なブログ、続けていってくださいませ~(しばらくの間は、BBMのお話が続くのでは~という期待もしております:笑)。私も「イニスとジャックに恥じないように毎日をちゃんと生きてゆこう」でありますっ!(←もうケロロはやめいっちゅーに・・・)
★わたしも一日1回、あの2枚重ねのシャツをイニスが抱きしめたように、DVDを抱きしめております。

投稿: メグ | 2006年9月26日 (火) 12時29分

メグさん、こんにちは!コメントありがとうございます!
身に余るお褒めのお言葉・・・なんだか恥ずかしくもこそばゆく、そして何よりものすごく嬉しいです。ブログ続けてきてよかった~~~(涙)、なんて。
今回いただいたありがたいコメントを受けまして、「人生の最も素晴らしい日々」の記事を自分でも読み直してみました。うーむ・・・メグさんがそうおっしゃってくださるってことは、けっこういいこと書けてるのかな???うーむ・・・。しかも、

>その後に出会ったかいろさんのこの文章が、まさに原作者の意図する事をズバリ言い当てていらしたのです!

うわあ~、そんな畏れ多い!!!いいのですかメグさん???いつものことだけど、ものすごく単純なわたしは調子に乗りまくって暴走してしまいそうです~~~。それにしても、

>原作者アニー・プルーの「執筆しながら涙がこぼれそうになった。なにも二人にこれほどつらい人生を送らせなくても、と罪悪感を感じた」(←これ、8/25に差し上げたコメントにも書いてます)という言葉

8/25にいただいたこのコメント、もちろんはっきり覚えております。心にずっしりくるプルー氏の言葉、もう絶対に忘れることはできません。プルー氏にとってもイニスとジャックは特別で、本当はわたしたち以上に彼らに幸せになってほしいと思われていたのですよね・・・。ああ~。

>どうぞこれからも映画に関する素敵なブログ、続けていってくださいませ~

はい!イニスとジャックに恥じないような日々を送りつつ(まあ実行できるかわからないけど~)、細々とブログも続けていく所存であります!メグさん、これからもよろしくお願いいたします!
ちなみに・・・抱きしめてはいませんが、わたしも気がつけばぼーっとDVDのジャケットを眺めているでありますう~。イヒヒ。
それではこの辺で。ありがとうございました!

投稿: かいろ | 2006年9月26日 (火) 20時04分

おはようございます、かいろさん。仕事の疲れといっても、たいした事ないんですよー、心配して頂いて恐縮です、(焦)。
かいろさんの文章は、いつも、”映画への愛”に溢れています!
あの、、、文章って、その人の人柄がどこかに表れると思うんです、、、かいろさんの文章は、素敵なかいろさん自身が現れています。

私もBBMの影響とゆうか、それまであんなに大好きな映画や小説を楽しむこともなく、ただ、猛スピードで日常を消化していた様な、、、(悲)。
映画や小説は人生でどうしても、なくてはならないものでは
ないかもしれませんが、、しかし、現代は「コミュニケーション不全」の時代だが、「コミュニケーション渇望」の時代でもあると、、、、映画や小説、またはこのようにブログ(かいろさん、いつも感謝、感謝です。)で感動を分かち合う事は、素晴らしいことですよね。

kママさんの、アウトドア一式もあることですし、お山いきますかー(笑)、、、って、まぁ、これは冗談ですが、BBMを通じて沢山の方々と知り合えて嬉しかったです。
心の泉が枯れかけていたところに、滾々と水が湧き出してきたような感じです。
BBMで知り合えたのも、何かの縁ですし、
かいろさんも、もし、大阪にくることがあれば教えてくださいね。観光のお手伝いしますよー!

投稿: sumisu | 2006年9月27日 (水) 09時26分

す、すいません。前回かいろさんが、「一晩語り明かすほうが、、」と、返事抜けていました(焦)。
そうですよね、みなさん全国にいらっしゃるんで、実際会うのは難しいかもしれないですが、ぜひ一晩語り明かしたいです!!
学生時代の友人とかは、そんな語り明かした経験のバックボーンがあるから、何年間会わなくても、再会した瞬間、打ち解けるあえるんだと思います。
(しかし、私はナゼ、いつもこんなにオッチョコチョイなんでしょうか(涙)、かいろさんところでも、何回も訂正してますよね、、、(反省)。)

投稿: sumisu | 2006年9月27日 (水) 10時04分

sumisuさん、こんにちは!コメントありがとうございます!
お仕事、落ち着かれたのですか?パソコンの画面ってなんであんなに目が疲れるのでしょう・・・。
我が家にはDVDプレーヤーがないので(←けちんぼの表れ・・・)BBMもパソコンのちっさい画面で観返したのですが、あまりにも目の負担が大きくて長時間観ることができません。どんだけ観てるのかって話ですがー。ヒヒヒヒヒ~。
sumisuさんも、目を労わりつつ何度も何度も観直してくださいませ☆
そしてまたとても嬉しいお言葉を、ありがとうございます。

>かいろさんの文章は、素敵なかいろさん自身が現れています。

う~、もったいないですsumisuさん~。そんなにたいした人物じゃないんです~。でも、そう言ってくださるsumisuさんの中のかいろ像に近づけるように、これから努力していこうと思います!

>それまであんなに大好きな映画や小説を楽しむこともなく、ただ、猛スピードで日常を消化していた様な、、、(悲)。
>映画や小説、またはこのようにブログ(かいろさん、いつも感謝、感謝です。)で感動を分かち合う事は、素晴らしいことですよね。

わたしを含め多くの方が、きっと‘猛スピードで日常を消化’されていらっしゃったのだと思うんです。それがBBMに出会えたことで劇的に(というとちょっと大げさかもしれませんが)変化したのではないかと。・・・映画一本にこんな力があるなんて、本当にスゴイです!それから、

>BBMを通じて沢山の方々と知り合えて嬉しかったです。
心の泉が枯れかけていたところに、滾々と水が湧き出してきたような感じです。

わたしもまさにこんな風に感じております!心の泉には水が滾々と湧き出で、涙腺に溜まっていた古い涙も洗い流され後から後から新鮮な涙が作り出される。あ、やっぱり大げさですね、ひゃー。

>そうですよね、みなさん全国にいらっしゃるんで、実際会うのは難しいかもしれないですが、ぜひ一晩語り明かしたいです!!

前にも書きましたが、‘BBMファンの集い’なんてものをどなたかが開いてくれないものかと本気で考えているわたしなのです~。もし実現したら、きっと初めて会うのに同窓会!てな雰囲気になるでしょうね・・・。同じ気持ちを共有しているわたしたちなら、

>再会した瞬間、打ち解けるあえるんだと思います。

こんな感じになれるのではないかなあ・・・。イニスとジャックも4年後の再会でまさにこうだったですもんね・・・。ふう。
それではこの辺で。ありがとうございました!
追伸:ワーイワーイ、すごく頼もしくてステキなガイドさんだ~!sumisuさん、よろしくお願いいたしますです~。
そして、訂正とかなんとかそんなことはお気になさらないでくださいませ☆ コメントをいただけるのって、本当に嬉しいんです。皆さまからのコメントがブログを続けていくエネルギーなんですから!これからもたくさん、お待ちしておりますね~♪

投稿: かいろ | 2006年9月27日 (水) 12時54分

かいろさん、おはようございます。

ご無沙汰してしまってごめんなさい。
今日は、かいろさんに更に謝らなきゃならないことがあるんです。実は私、DVD予約してなかったんです。きゃ~!ごごご勘弁を~!もう袋叩きの刑ですか?かいろさんに「DVD発売」と教えていただいたときは「やったー!」と思ったものの、なんかあれこれ考えてるうちに時期が迫ってきてしまい、発売されてからでも遅くないはず、と思ったりして。ほんとは夏の間も「ジャックとイニスを私の六畳間に連れてきて、はたしてどう対処したものか」なんか考えてぐるぐるしてたのでした。バカですよねえ。わざわざ持参のためにお店まで足を運んでお家まで大事に2人を連れ帰ったかいろさんとは雲泥の差です。BBMフリークの風上にもおけないでしょうか。
それでも、今はちゃんと2人にお越しいただいてますので、どうか許してくださいね。

>『ブロークバック マウンテン』(←なんだか略さずにちゃんとタイトルを書きたい気分)

思わず、かいろさんが画面の前で居ずまい正してる姿を想像してしまいました。ありがとうございます。て、私がお礼言うのもおかしな話ですけど、私、今ではタイトル聞いただけで涙ぐんでまうパブロフの犬状態です。
そのわりに、DVDの感想は「『ブロークバック マウンテン』だけは映画館で観たい」なんです。なんだか何もかも全然違う気がして。なんなんでしょう。BBMはBBM。なのに、DVDってどうも違うんです。やはり、山は遠くて、わざわざ出掛けないと登れないところにあるんでした。
でも、劇場版の予告編がいっぱい入ってたのはとても嬉しかったです。これだけでも買った甲斐がありました。
それが、びあんこさんのお宅で雑誌のこと紹介されてたのでDVDステーションを買ったら付録に新作紹介のDVDが付いてて、これに収録されてるBBMの予告がプレミアムエディションに入ってるどの予告とも違うんです。なんか、この予告の流れで作ると、違うBBMがもう1本できてしまうような感じで、私、何故かこの付録のBBM予告が一番好きです。

>自分が今まで書いてきた記事を読み直してみたら、あまりにも内容が浅すぎてがっかり・げんなり

かいろさん、謙遜のしすぎです。私、今までかいろさんの記事にどれだけ慰められ勇気づけられたことかわかりません。かいろさんのお書きになる文章は、どれもかいろさんの素直で優しいお人柄が感じられて魅力あふれる充実した内容だといつも感心しているんです。私なんかそれに甘えて、訪問させていただくも我儘し放題になってしまって心苦しい限りです。かいろさんの記事や、コメントにいただくレス、大大大好きです。

>やっぱりこのシーンがすごく好きだった。

私、この場面で、イニス、足が長すぎてO脚に見える、と思ってしまったんでした。ね、ね、そう見えますよね。

>‘あーもう辞めちゃいたい病’が
>月曜日。なぜか、今までみたいに嫌だーイヤダー帰りたーいという気分にはならずに、

かいろさん、そういうことって確かにあります。私もBBMを知って以来、それまでのダレた日常が嘘のように活気づいて、メリハリのある1週間を過ごすようになりました。不調だったところが快復したりもして、何か身体に良い効果のある脳内物質が出てるんじゃないかと思ったりしました。かいろさんは、そのうえ掃除やアイロンかけまで!BBMには人を良い方向に動かす大きな力があるんですね。

そして、そんなBBMパワー満載の記事のなかに、度々私の戯言のような発言取り上げてくださって恐縮しています。嬉しいというか恥ずかしいというか、かいろさんには助けていただくことばかりです。言い古した言葉ではございますが、いつも、本当にありがとうございます。

それに、レスいただいて‘きゃ~、私も同じ~!’と思っても次のコメントが遅くなってお話もできないままになってしまってごめんなさい。
前回、「私はピンコさんを愛す」にコメント差し上げた際にいただいたレスで

>マンションの間取り図があったりするとかなり見入ってしまう

ビンゴ!です。かいろさん。私、不動産の広告大好きなんです。新築建売やマンションの間取り図見るの楽しいですよねー!なので、BBMもつい、イニスが最初に住んでた牧場の家とかジャックの実家(特に2階)なんか‘ここんちの間取りどうなってんだ?’と詮索してしまったり。日本と欧米の間取りって随分違うみたいなので、平面図あったら絶対見たいです。
それと、田村正和パパの桃のむき方があまりにひどくて、何年も主夫やってるとはとても思えず(美味しそうな桃だったのに、あれじゃ桃が可哀相でした)。それに比べて、ジャックの芋の皮むく手つきはプロ並だった、と改めてジャックが愛しく、って何言ってるんでしょうね。いつにもまして古くさくいうえに支離滅裂なことばかりでごめんなさい。

ほんとは、「『ブロークバック マウンテン』に教えられた、答えの出ないこと」にもコメント差し上げたかったのですが、今日は時間なくて、また明日にでも伺えましたら、その際にはよろしくお願いいたします。

投稿: 沙斗魔 | 2006年9月30日 (土) 09時01分

沙斗魔さん、こんにちは!コメントありがとうございます!
>ほんとは夏の間も「ジャックとイニスを私の六畳間に連れてきて、はたしてどう対処したものか」なんか考えてぐるぐるしてたのでした。

沙斗魔さんのお気持ちなんとなくわかる気がします・・・。わたしも実はお店に予約しに行ったのはけっこう経ってからでしたもん。だから謝っていただく必要なんて全然ないんです~。“どう対処したものか”、ほんとにそんな感じですよね・・・。だって病が悪化するのは目に見えているし、なにより、

>DVDの感想は「『ブロークバック マウンテン』だけは映画館で観たい」なんです。なんだか何もかも全然違う気がして。なんなんでしょう。BBMはBBM。なのに、DVDってどうも違うんです。

そうなんです~。自分ちでいつでも観られるのは実に嬉しいのですが、なんだか違うんですよね。まさに、

>やはり、山は遠くて、わざわざ出掛けないと登れないところにあるんでした。

ああ、もうおっしゃるとおりです~。沙斗魔さん、愛ですね・・・。また映画館で上映していただいて、ぜひ‘わざわざ出掛け’させてほしいものでございます。

>これに収録されてるBBMの予告がプレミアムエディションに入ってるどの予告とも違うんです。

わたしはその雑誌は買っていませんが、レンタルビデオ屋さんでもしかするとその沙斗魔さんお気に入りの予告を見たかも・・・。ラリーンの「彼が亡くなったの」という感じのせりふの後にセピア色のジャックが出てくるやつでしょうか?わたしも好きでした~。モニターの前でかぶりつきでみてしまいました。レンタルするふりをしてまた見にいこうかな~、なんて考えてます☆(←ちゃんとレンタルしろって)
しかし、

>かいろさんの記事や、コメントにいただくレス、大大大好きです。

ありがとうございます、沙斗魔さん~~~。わたしこそ、皆さまからいただくとても愛に溢れたコメントにいつも励まされているのでございます。これからも「大好き」と言っていただけるような記事やお返事が書けるかはわかりませんが、どうぞよろしくお願いいたします!なるべく頑張りますので☆

>この場面で、イニス、足が長すぎてO脚に見える

ほほほほほんとだ!O脚だ!長いと足ってO脚になるものなんですね~。果たしてジャックは・・・?それはまあそっとしておこうかな~、なんて。いひひ。

>BBMには人を良い方向に動かす大きな力があるんですね。

はい、ほんとにそうです!DVD(というかイニスとジャック)が我が家に来てからというもの、少しだけ仕事に対する意欲が戻ってきました。いつまで続くかは神のみぞ知る、ですけども・・・。きっと皆さまの生活にも(もしかして肌にも?)ハリが出ているのではないかと。BBM美容効果?うふ。

>BBMもつい、イニスが最初に住んでた牧場の家とかジャックの実家(特に2階)なんか‘ここんちの間取りどうなってんだ?’と詮索してしまったり。

はい!sumisuさんも同じでいらっしゃるということで、オホホホ~♪ しかし、ジャックのテキサスの家は大きくて広そうなのにあまり出てきませんでしたね。外観なんて全くわからないままだったような・・・。ジャックの心がテキサスの家にはなかったからなのかな、と深読みしてみたりして~。まあそれはないでしょうけども。
しかし沙斗魔さん、ジャックと嘉門家のパパを比べてしまうとは~。確かに桃の皮むき、ヘタッピでしたよね。そしてジャックの手つきのまあ鮮やかなこと・・・。ああ、ジャックに剥いてもらった桃を食べた~い(←意味不明)。
それではこの辺で。ありがとうございました!

投稿: かいろ | 2006年10月 2日 (月) 21時00分

かいろさん、こんばんは。

先日は長たらしいコメントにご丁寧なレスいただき、ありがとうございました。
なんだか、返事のしようもない内容のコメントで、かいろさんを困らせてしまったかもしれません。どっと疲れてしまわれたようでしたら申し訳ないことでした。私が経験してきた事なんかたいしたことではなかったのに、何だか大袈裟でした。ごめんなさい。

レスいただいた付録DVDのこと、そうそうそうです、かいろさん。そのDVDの予告のDVD(ああ、我ながらくどい!)でした。
安易なメロドラマ風になってしまいそうですが、あんなふうにラリーンに電話して初めてジャックの死を知ったイニスが、若い頃のジャックの笑顔を思い浮かべる、みたいなのもありかなあと思ったし、イニスとアルマが派手に夫婦喧嘩したっていいんじゃないの?と思ったんでした。「やがて歩み始めた夫々の道」というナレーションも、ジャックとイニス2人で過ごした時間があれほど短いものじゃなかったかのようで、ああほんとにそんなふうに何年、いいや何ヶ月でもいいから「やがて」と表現できるくらい長い時間を2人で過ごした末の別れ、そして何年後かの再会、だったらよかったのにと思ってしまったんでした。
予告の映像からは、2人が幸福に過ごした時間の儚さもジャックの絶望もイニスの葛藤も伝わってこなくて、同じように思い通りにならない人生を要約してるようでもなんだかまだ救いが感じられる筋立てみたいな気がするんです。幻想なんですけど、そんな夢もたまにはいいですよね。

あと、すっごいつまらないこと言っていいですか?
山で仕事を交替した最初の日、馬に乗ろうとするイニスの後ろにジャックが来て「あまり眠れない」と言うシーン、私、いつもイニスが馬に乗ろうと足を振り上げたとたんジャックを蹴飛ばすんじゃないかと見る度ドキドキしちゃうんです。ジェイクが近寄りすぎてヒースの足が当たっちゃって撮り直し、なんてNGなかったんでしょうか。あったとしたら、再会キスシーン13テイク撮り直しの次に観たいNGシーンです。

それと、「みんなのシネマレビュー」まだ見てないんです。DVD発売されて以降どうでしょう。私が見る頃(いつ頃なの!?)には10点増えててほしいです。

投稿: 沙斗魔 | 2006年10月 7日 (土) 18時21分

かいろさん★沙斗魔さんのコメントの後半部分に便乗です♪
「DVDの特典映像にNG集があったら良かったのにー」と思います。
体育座りしているイニスをジャックが投げ縄でつかまえるシーン・・・このシーンは絶対にNGがあったと思うのです。投げ縄が一度で決まらず、イニスの顔にバシッと当たってしまって、思わず素に戻ったヒースが「いてー!このやろ~」とか言ってジェイクが笑い転げているシーンとか、きっとあったんじゃないかと思うのです。あと、モーテルでのシーンでジャックの煙草の灰がヒースの左肩に落ちてヒースが「あちー!」って言ってるところとか(こんなのばっかり想像してましゅ:笑)★

投稿: メグ | 2006年10月 7日 (土) 21時39分

沙斗魔さん、メグさん、こんにちは!コメントありがとうございます!まとめてお返事させてください。


・沙斗魔さん
こちらこそ、なんだか沙斗魔さんに昔のことを思い出させてしまったのではないか・・・と反省しております。でも、「すみません」の応酬になってしまいそうなので、ここでストップ!ということでよろしいでしょうか?そんなわけで、話を進めさせていただきま~す。

>レスいただいた付録DVDのこと、そうそうそうです、かいろさん。そのDVDの予告のDVD(ああ、我ながらくどい!)でした。

おお、やっぱりあの予告だったのですね~!
けっこう高いところに置いてあるモニターでほとんど音も聞こえないような状態だったので(でもかぶりつきだったんだけど~)わたしはきちんと観られてはいないのですが・・・。沙斗魔さんからいただいたコメントを拝見して、もう一回かぶりつき鑑賞を決行しなければ、と思ってしまいました。
あのセピア色のジャック・・・リー監督は絶対あんな演出はしないだろうけど、

>幻想なんですけど、そんな夢もたまにはいいですよね。

わたしもそう思います。辛い展開になることが嫌というほど・身に染みて分かっているからこそ、ちょっと幸せ気分の場面が多いバージョンを観たくなるのはファンなら仕方がないのよ~!と訴えたら監督も分かってくれるかな~(←?)、なんて。

NG集・・・。見たいですねえ、すんごく。大変な現場であっただろうというのは疑いようもないけれど、間違ってしまって照れ笑いするようなふたり、なんていう場面もきっとたくさん?あったはずですよね。うーん、そのふたりの笑顔をわたしたちにも分けてほしいな~。そしたら本編を観た後にその笑顔でちょっと元気になれるかも。
特典映像の方はわたしはまだ一回しか観ていないのですが、沙斗魔さんはご覧になりましたか?とても厳しい人生を送ったイニスとジャックとは違う素のヒースやジェイクくんを見ることができて、少しホッとしてしまった単純なわたしなのでした。
そして‘みんなのシネマレビュー’ですが、

>私が見る頃(いつ頃なの!?)には10点増えててほしいです。

ひとりだけ増えてました!ちょっと嬉しい☆ でもまた他の方の感想を読み返したら、うーんそれはどうかなあ・・・とやっぱり思ってしまいました。まだまだ修行が足りないようです~。
それではこの辺で。ありがとうございました!


・メグさん
メールもいただきましてありがとうございます~!お返事はゆっくり書かせていただきますので(いつになるかは分かりませんが・・・)、しばしお待ちくださいませ。

それにしても投げ縄の場面・・・。わたしもメグさんの読みは正しいと思います!絶対何回か失敗してるはず~。本編でのOKシーンも、わたしは見ていてヒヤヒヤしてしまうんです。「あーきちんと捕まえられたよ、よかった~」なんて思って。見たい、見たいぞ~~~。頼む~!
しかし、BBMのこのDVDはファンの愛の大きさに応えきれていないんじゃないかなあという印象が拭えないのですが、どうでしょう?もちょっと特典を増やしてほしかった。まあ本国で発売されたもの自体がこんな感じなのでしょうから、仕方ないと言えば仕方ないのですが、でもなあ。う~む。わたしとしては、音声解説がないのが最大の不満でございます。本人たちの前でリー監督が彼らを褒めちぎっているのを是非聞きたかったです・・・。グスン
それではこの辺で。ありがとうございました!

投稿: かいろ | 2006年10月 8日 (日) 19時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101793/3580959

この記事へのトラックバック一覧です: ブロークバック マウンテン:山の影響力:

« トホホな偵察結果 | トップページ | 『ブロークバック マウンテン』に教えられた、答えの出ないこと »