« 『誰よりもママを愛す』  わたしはピンコさんを愛す~ | トップページ | 嵐が来たりて金田一 »

2006年9月15日 (金)

『ブロークバック マウンテン』とわたし(2)

うーん、あと一週間ですね。来週の今日には日本盤DVDが皆様のお手元に届くのか~と思うと、なんだか来し方(とちょっと気取って言ってみたりして)を振り返りたくなってしまいました。
今回は今まで以上に浅ーい記事になりますが、それでもいいよーというお心の広い方がいらっしゃいましたらお付き合いくださいませ。

『ゆれる』の記事で予告のことについて書きましたが、BBMに関しても同じような感じでした。
映画を観るときは本編中はなるべく静かにしてよう!というのがわたしのささやかなポリシーなので(当たり前なんだけど)、仕事帰りに観るときなんかは予告中に腹ごしらえしてしまおうとモグモグモグモグやっていることが多いのですが、BBMの予告が流れた時その食料を貪る手と口は止まりました。

“僕たちは、永遠に離れない・・・・・・『ブロークバック マウンテン』”

ゴックン。(←食べ物を飲み下した音) はー、観なきゃ。(←心に誓うわたし)

で、ちゃんと前売りを買って、初めて観たのは3月26日の日曜日(たしか)。観終わって、帰りのバスの中でパンフレットを開いてぱらぱらと見ていたわたしは、泣きそうになってしまったのでした。
理由はこれ↓

Brokeback03_1024

最初の写真のページ?を捲っていったしめくくりが、この2枚のシャツだったから。反則技だ!もうだめだ、ヤバイ!そう思ってすぐにパンフを閉じました。そして家に帰って熟読していたら案の定涙と鼻水でぐしゃぐしゃズルズルどろどろ。うーんやっぱりバスの中で読まなかったのは正解だったよ、なんてパンフだまったくもう!そしてなんて映画だ!ああこの気分に浸ったまま今日はもう寝てしまおう・・・。
さあ、ブロークバックな毎日の始まりです。
(ちなみに一緒に観たけどパンフレットは買わなかった友人に頼まれて貸したら、「このパンフすごくない?中身が充実しすぎ!」てな感じで驚いていましたー。エッヘン。)

仕事中にもふたりの20年に思いを馳せて涙ぐみ、小説を読んで、雑誌なども買って、もっと重症になったわたしはネットサーフィン?というものを初めて体験。いろいろな方の感想を読みたくて夜中過ぎてもカチカチ、カチッという日々が続き、しばらくしてBBMのホームページの掲示板の存在を知って初書き込み。そこでびあんこさんのブログを発見し、そのおかげでまたたくさんの方々に出会うことができました(改めて、びあんこさん、皆さん、ありがとうございます)。

で、もっと病が重くなりそうで怖いからもうちょっと待っとこうと思っていたサントラを我慢しきれずに買ってしまった4月の終わり。以前にも書きましたが、初めて中を開いたときまたもや泣きそうになったのはこの写真のせい↓

Brokeback_0425_1_1

このふたりの笑顔がCDの下から現れるようになっている、まったくもって心憎い演出のサントラ。
そして思ったのは、スタッフやキャストだけでなく、この物語に携わった方々みなさんのBBMに対する思いの強さや心配りは並大抵のものではないんだなあということ。字幕翻訳者に‘字幕が出ることで画面を汚してしまうのでは?’(こんな感じでしたよね?)なんて心配させるような、原作翻訳者に自分の仕事の誤りを公式に認めさせ訂正させるような、そんな作品今まであったかい?あったのかもしれないけどわたしは知らないや、ほんとにすごい映画・すごい小説に出会ってしまったんだなあと、空恐ろしいような気にさえさせられました。

それからちょっとして、ホームページの掲示板がタブロイド判の新聞になりました。公開前の宣伝としていろいろな人の一口感想をちらしにのせるというのではなく、公開後かなり経ってから映画をもう観た人たちの為に(まあそれだけではないだろうけども)こんなものをわざわざ作るなんてわたしが知る限りでは初めてのことだったので、これにもびっくり。もちろんちゃんと手に入れました!それも2部。お持ちでない方がいらしたら申し訳ありません・・・。

わたしが住んでいる地域では5月の中ごろに上映終了。しかしその後もこの映画に対する思いは募る一方で、とうとうブログを始めてしまったのですね・・・(もう丸4ヶ月になるのかな?あんまりBBMのこと書いてないし書いても中身ないことばっかりだなあ、と思いながらここまで来ました)。
脚本を買ったのはたしか6月。オンラインショッピング(とは言わない?ネットショッピング?よくわからない)も初体験だった・・・。このアナログで有名なわたしがそんなものにまで手を出すことになろうとは~~~、もうほんとに驚きの連続です。
そんで、8月には監督サイン入りのパンフレットに当選し、皆様からいろいろ素敵なお言葉を賜り、遂に来週DVDが発売されるまでに至ったわけであります。長いような、短いようなこの半年間でした。

ちなみに。
この前レンタルビデオ屋さんに行ったら‘BBMDVD、9/21レンタル開始!’とポスターが貼ってあって、ああほんとにもうすぐなんだなあと実感しました(立ち止まってかなりじっくりそのポスターを眺めてしまった・・・)。そして思ったのです。じゃあ9/21には会員になっているレンタルビデオ屋さん2軒ともに偵察に行って、どのくらい入荷されているか・どのくらい借りられているかをチェックしなきゃ~。まあそんなことしたって全然意味はないんだけど、気になるもん。
というわけで、9/21にはお店の棚と棚の間からお客さんの動向を窺っているわたくしの姿があるはずでございま~す。たくさんの人が借りてくれるといいですね。

|

« 『誰よりもママを愛す』  わたしはピンコさんを愛す~ | トップページ | 嵐が来たりて金田一 »

ブロークバック マウンテン」カテゴリの記事

コメント

かいろさん★おっしゃるとおり、あと1週間となりましたね(ドキドキ・わくわく)!この時期にあらためて「映画BBMと出逢ってからの半年間」をじっくり振り返りたくなったお気持ち、よーく解ります。映画そのものの素晴しさは言うまでもないことですが、おっしゃるとおり、この映画のプログラムがまた素晴しい“作品”ですよね!私はプログラムを買うと、新聞や雑誌に掲載されたその映画に関する記事や批評文をそのプログラムに貼り、一緒に保存する癖があるのですが、BBMに関しては、関連記事がたくさん集ってしまった上に、プログラム自体にその記事を貼るスペースがほとんどない!という状態でしたので、とうとう2冊購入し、1冊はペタペタスクラップブック状態、もう1冊はそのまま余計なものは一切貼らず、他人に手垢もつけさせずの永久保存版となっております。保存版でない方はもう何回も何回も読み返し過ぎて、おまけに記事貼りすぎて、ぼこぼこ・くたくた状態。それでもいまだに、寝しなにページを開いたり抱きしめたりしてます。かいろさんも触れていらっしゃる字幕翻訳者さんの文章(P70)の隣のページに掲載された写真、モノクロームだけど特に好きなんです。近くの映画館での上映が終わったあと、とうとうこの写真をプログラムから切り離してしまって、額に入れてベッドの枕元に飾ってしまったほどです(この写真を宣伝ポスターにしてくれてもよかったのに、とも思います)。

DVD発売に合わせてレンタルも開始ですね。TSUTAYAのTVCMご覧になりましたか?「月額2079円でDVD&CD借り放題!」という内容のCMなのですが、そのCM映像が絶対に(!)BBMを意識した映像なんです(画面中に羊がいっぱいの映像)。もしご覧になってなかったらTSUTAYA DISCASのHPをあけて「テレビCM公開中!」をクリックするとご覧になることができます。まるでTSUTAYAさんが「日本中のみなさーん!BBMのDVD、まもなくレンタル開始ですよー♪!」と大宣伝してくれているかのようです。

毎度ながらのNEWSWEEK日本版からの抜粋ですが、3/29号に「映画『ブロークバックマウンテン』はどんなスピーチやデモよりも、同性愛に対する見方を変える」力がある、と書かれていました。ほんとにそう思います。映画館へ行かなかったたくさんの人たちに、是非DVDで観てもらいたいと願っているところです。

わたしもこの映画と出会って、公式BBSからびあんこさんHPにめぐり合えて、さらに、かいろさんが奏でるバラライカ(毎回、名人芸♪のブログ)にたどり着くことができて・・・おかげさまで、それはそれはすてきな“登山”ができました。感謝してます~★

投稿: メグ | 2006年9月15日 (金) 23時06分

こんばんはー、かいろさん!

>うーん、あと一週間ですね・・・
まったくその通りでございますっっ(興奮)。

じつは、BBMの予告を一度も映画館で観たことがありません・・・、一度でいいから観てみたかったーーー。
しかも、あまり内容を知らないで映画を観たので、その日から一週間ぐらい眠れませんでした。

それから、CDを買い
>初めて中を開いたとき・・
すみません、私はひとり微笑んで(喜んで)しまいました。あまりにも仲良さげで。

それから半年間、じ~っとかいろさんが書かれていたびあんこさんのHPからかいろさんへジャンプ、BBMを愛する皆様方のブログを見つめながらようやく
勇気をだして書かせて頂くことに・・・(DVDもようやく先週申し込みしました、いつも行動に移すのが遅いんです)。

>ちなみに・・
うちの近所のビデオ屋さんは改装中でショックです。ポスターを見に通うつもりでした。(うちにもポスターあるんですが)

メグさんの
>額に入れてベッドの枕元に・・
あの写真は二人が一緒に暮らしているようで、とてもいい感じですよね!

BBMがうちに来たら、英語で・日本語で何回でも観るつもりです、もちろんヘッドホンで!!

投稿: ひろのしん | 2006年9月16日 (土) 00時23分

BBMを見た映画館にはその前にもかなりの頻度で行っていたんですが、結局予告には1度もお目にかからないままでした~残念。
あのパンフレットは力作ですよね。そしてタブロイド判も。チラシも何種類かあったと思うんですが私はイニスがピックアップに寄りかかってジャックが荷台に腰掛けて2人しておんなじ方を見てる写真(パンフレットにもモノクロですが載ってる、かいろさんが触れていた字幕翻訳者の画面を汚してしまう・・・というコメントの隣の写真です)を使ってるタイプのがなんだか好きでした。2人の表情がとってもあの2人らしくて。

かいろさんにとってBBMは映画の内容だけじゃなく、オンラインショッピングやブログなどなどいろんな世界が広がるきっかけだったんですね。私もです。ブログへのコメントなるものを初めてしたのはびあんこさんのとこでした。どきどきでしたが、あたたかい返信をいただいてとってもうれしくてそこからかいろさんにもお会いできたわけで、いや~ラッキーなコメントデビューでございました。かいろさんやびあんこさんや皆様にほんとに感謝してます。

私の行っていた映画館も5月半ばに上映終了しました。直前の安藤→ジェイクTV事件(すみません、前の話で。覚えてらっしゃいますでしょうか・・・)で、すっかり自分の熱意の持続に自信が無くなり(笑)今好きだから今見たい!と即効でリージョンフリーのDVDデッキとUS版のDVDを購入。そこから怒涛のようにジェイクのDVDや本や雑誌をポチるようになってしまいました。ちなみに私の「ぽち」というハンドルネームはここから来ております・・・「財布と相談してからぽちるよーに!」という戒めのために(汗) 「初めにソフトありき。どんなに高機能なハコも魅力的なソフトが無ければ意味はない」とよく言いますが、ほんとですよね~

>翻訳者に‘字幕が出ることで画面を汚してしまうのでは?’(こんな感じでしたよね?)なんて心配させるような、原作翻訳者に自分の仕事の誤りを公式に認めさせ訂正させるような、そんな作品今まであったかい?あったのかもしれないけどわたしは知らないや、

かいろさんたらすごい!ほんとにほんとにそうですよね。関わった人達が皆この作品をとても大切に思っているんですよね、きっと。BBMについて考えることってそんなに簡単には終わらなくて見るたび刻々こちらの気持ちも変化していくんですが、それは私たちにとってだけじゃなく、関わった彼らにとってもこの作品はそう簡単には終わらないのかも、なんて考えてしまいました。だからこうして字幕が出て翻訳本が出た後も、その人達は仕事が終わったからもうおしまい、じゃなくて、映画を見直したり、もう1度原文を読んだりして、推敲したくなるのかしらって。
ああ~なんか毎度ですが下手っぴーな文章でほんと申し訳ないです。私こそ、かいろさんの素敵なブログにコメントをつけることで画面を汚してるような気になってきました・・・退散。(涙)

投稿: ぽち | 2006年9月16日 (土) 01時06分

かいろさん、こんにちは。ホント、あと一週間を切りましたね。
私がBBMを知ったのは、丁度一年前。ヴェネチア映画祭で、アン・リーが監督した「二人のカウボーイの20年に渡る愛を描いた」作品が金獅子賞を受賞した、という新聞記事でした。
すっごく印象に残って、「絶対観たい!」と思ったのをよく憶えています。
その後、アメリカで公開されて話題になり、GG賞がありアカデミー賞があり・・。観る前から完全にBBMの虜でした。
かなり無理をして公開二日目に観に行ったのですが、その夜から数日はなかなか寝付けなかったのもよく憶えています。
私も皆さんと同じようにびあんこさんのHPに出逢って、まぁいろいろあって今はここにいる(イニスのセリフ)わけです(笑)。
しかし、レンタルってセルより一日早いのですね。ビックリです。
それから今日『トーチソング・トリロジー』探しにいったんだけど、扱ってなかったわ。
また別のところにも行ってみますね。
ではでは、長くなりましたが、またね。

投稿: 真紅 | 2006年9月16日 (土) 01時12分

こんばんは、かいろさん。公式BBSからびあんこさんと出会い、かいろさんや様々な方と出会い、この映画には、
不思議な力があるんだな、、、と、今さらながら思っています。
私もかいろさんとほとんど同じです、、それまでPCは仕事専用でしたし、PCを使わない段階では1週間や2週間も電源は入れないで、、まさか、自分がこんなに、コメントしてるなんて、今でも??状態なんです(笑)。
BBMを初めて知ったのは、新聞記事でしたね。あの、イニスのカウボーイハットの横顔に釘付けになったんです。なぜかとゆうと、ちょうどあんな感じのカウボーイハットを被ったジェームス・ディーンの畳分ぐらいの大きさの特大モノクロポスターを、実家にいたころは、ずーっと自室に貼ってたんです。
それで、その写真に惹かれて映画紹介記事を読み、、ん、これは観なくては!!と、公開日もチェックしたのを覚えています、、、。
そうそう、このパンフレット、本当によくできていますよねー!何度も読みかえしてしまいます、、スタッフの情熱をひしひしと感じます。

投稿: sumisu | 2006年9月16日 (土) 03時13分

メグさん、ひろのしんさん、ぽちさん、真紅さん、sumisuさん、こんにちは!コメントありがとうございます!まとめてお返事させていただきます~。

・メグさん
>映画そのものの素晴しさは言うまでもないことですが、おっしゃるとおり、この映画のプログラムがまた素晴しい“作品”ですよね!

そうなんですよっ!わたしから映画パンフ最優秀賞をささげちゃいます~。写真集としても、映画の資料としても、感動再現装置としても、もう使い道がたくさんで。それにしてもメグさんバージョンのパンフはきっと最強ですね。ここまで愛されたらパンフも本望ですよー、絶対に☆

>字幕翻訳者さんの文章(P70)の隣のページに掲載された写真、モノクロームだけど特に好きなんです。

みなさんのご指摘を受けて見直してみました。・・・なんて幸せそうなふたり。あーもう、もう~。
この写真を見て、以前どこかでこんな文を読んだことを思い出しました。
“互いを見つめ合うのは恋人たち。夫婦は同じ方向を見るもの”
ハア~~~~~~(←深いため息)。

>まるでTSUTAYAさんが「日本中のみなさーん!BBMのDVD、まもなくレンタル開始ですよー♪!」と大宣伝してくれているかのようです。

なななななんと!そんな宣伝活動(この際勝手にそう決定しちゃいます♪)が繰り広げられているのですか!それはぜひとも見なければ~。ありがとうございますメグさん。

>「映画『ブロークバックマウンテン』はどんなスピーチやデモよりも、同性愛に対する見方を変える」力がある、と書かれていました。ほんとにそう思います。映画館へ行かなかったたくさんの人たちに、是非DVDで観てもらいたいと願っているところです。

もうおっしゃるとおりです。DVDが発売されることによって(わたしたちファンが何度も観直せるということはもちろんですが)、映画館へ行かなかった方・行きたいのに行けなかった方たちに今度こそ観てもらえる!これってとっても大事なことですよね。うーん偵察隊がんばります!
それではこの辺で。ありがとうございました!
追伸:わたしの奏でるバラライカ、ひとりよがりの不協和音になっていないかとても心配なのですが・・・大丈夫でしょうか???毎回嬉しいお言葉をありがとうございます~~~。


・ひろのしんさん
>じつは、BBMの予告を一度も映画館で観たことがありません・・・、一度でいいから観てみたかったーーー。

ぬぬっ、それはなんとも・・・。本編だけでなく、やっぱり予告も映画館で見るほうがいいですもんね~。うむむ~、本当に残念でしたね・・・。わたしは何回か見ることができたんです、すみませんひろのしんさん~。

>しかも、あまり内容を知らないで映画を観たので、その日から一週間ぐらい眠れませんでした。

わたしもです!夜眠れず、通勤途中にも思い出し、仕事中も暇さえあれば山へワープしておりました。

>すみません、私はひとり微笑んで(喜んで)しまいました。あまりにも仲良さげで。

ね~、ほんとにもう・・・。ハア(←ここでもため息)。

>BBMを愛する皆様方のブログを見つめながらようやく
勇気をだして書かせて頂くことに・・・(DVDもようやく先週申し込みしました、いつも行動に移すのが遅いんです)。

いえ、ありふれた言い方ですが、行動を起こすことが大事なんです!イニスは結局行動を起こせなかったのですから!
そしてこれからもコメントお待ちしておりますので~♪(←それが言いたかったのかよ~)

>うちにもポスターあるんですが

うわ~、いいですねえ。お買い求めになったのですね。わたしはチャンスを逃してしまいました・・・。今お部屋に貼られてるのですか?大きいやつですか?撫でてますか?(変な質問~)

>BBMがうちに来たら、英語で・日本語で何回でも観るつもりです、もちろんヘッドホンで!!

は~い、リスニング仲間!でございまーす。吹き替えに英語字幕、とかでもいいかもしれませんね。ウフフフフ~、ちょっとは力がつくかしら~?そんなに簡単ではないでしょうけれども、少しずつ少しずつ。いひひ。
それではこの辺で。ありがとうございました!


・ぽちさん
あれ~、ぽちさんも予告をご覧になれなかったのですか・・・。残念です。

>あのパンフレットは力作ですよね。そしてタブロイド判も。チラシも何種類かあったと思うんですが私はイニスがピックアップに寄りかかってジャックが荷台に腰掛けて2人しておんなじ方を見てる写真を使ってるタイプのがなんだか好きでした。2人の表情がとってもあの2人らしくて。

やっぱりパンフの出来は素晴らしいし、タブロイド判も良かったですよね!しかしちらしにいくつかパターンがあったことは存じませんでした!!!うーん悔しい~、わたしはちらしの鬼(?)なのにい~。わたしが持っているのは普通のやつだけです。キ~ッ。しかも話題のあの写真を使ったもの・・・あー欲しかったあ。

>ブログへのコメントなるものを初めてしたのはびあんこさんのとこでした。どきどきでしたが、あたたかい返信をいただいてとってもうれしくてそこからかいろさんにもお会いできたわけで、いや~ラッキーなコメントデビューでございました。かいろさんやびあんこさんや皆様にほんとに感謝してます。

ぽちさんもですか!わたしも人様のブログに書き込ませていただいたのはびあんこさんのところが初めてだったのです。探せばもっといらっしゃるかもしれませんね。みんなBBMとびあんこさんのおかげでつながっているのですね・・・。
で、毎回書いてますけどわたしもぽちさんに感謝しておりますので!コメントいただけるのがとっても嬉しいんです~うふふ。

>直前の安藤→ジェイクTV事件(すみません、前の話で。覚えてらっしゃいますでしょうか・・・)で、すっかり自分の熱意の持続に自信が無くなり(笑)今好きだから今見たい!と即効でリージョンフリーのDVDデッキとUS版のDVDを購入。

もちろん覚えておりますです!
しかしぽちさんの行動力、スゴイ~。相手がBBM&ジェイクくんだったから、ということが大きかったりしますか?わたしも見習いたいです。すごくめんどくさがりやだしアナログだしあまり変化を好まない古臭いタイプの人間なので。んん?これってイニスじゃないですか?わーいわーい(←?)

>ちなみに私の「ぽち」というハンドルネームはここから来ております・・・「財布と相談してからぽちるよーに!」という戒めのために(汗)

にゃはは~☆ 秘蔵のエピソードのご披露、ありがとうございます~♪ なんかかわいいですー、ぽちさん♪

>私たちにとってだけじゃなく、関わった彼らにとってもこの作品はそう簡単には終わらないのかも、なんて考えてしまいました。だからこうして字幕が出て翻訳本が出た後も、その人達は仕事が終わったからもうおしまい、じゃなくて、映画を見直したり、もう1度原文を読んだりして、推敲したくなるのかしらって。

もうもうその通りです、ぽちさん!わたしが言いたかったのはこういうことなんです!あーすっきり。
この作品をもっと良くするためにいろいろな方向からたくさんの人が働きかけている・・・作品自体だけでなく、そういう所にもわたしは魅かれているのだと思うんです。みなさんもそうなのではないかなあ、と。
それではこの辺で。ありがとうございました!
追伸:汚してるってもう何ですかそれ~~~。ぽちさんがくださるコメント、わたし大好きなんですから!お願いしますよ~!(何を???)


・真紅さん
>私がBBMを知ったのは、丁度一年前。ヴェネチア映画祭で、アン・リーが監督した「二人のカウボーイの20年に渡る愛を描いた」作品が金獅子賞を受賞した、という新聞記事でした。
すっごく印象に残って、「絶対観たい!」と思ったのをよく憶えています。

はい、そのことについて書かれている記事を以前拝読しました!わたしはそこで、BBMと真紅さんの文章の魅力に更に参ってしまったんです~(←告白?)。

>かなり無理をして公開二日目に観に行ったのですが、その夜から数日はなかなか寝付けなかったのもよく憶えています。

なぜ眠れなくなってしまうんでしょう、BBMファンは。わたしも、寝ようとしても食べようとしても、ほんとに何をしててもふたりのことが頭から離れなくてしばらく大変でした・・・。

>私も皆さんと同じようにびあんこさんのHPに出逢って、まぁいろいろあって今はここにいる(イニスのセリフ)わけです(笑)。

ううむやっぱりびあんこさんだ!そしてそして、カッコイイ真紅さん!ここでこのせりふを聞くことができるなんて~。ではわたしはジャックの笑顔で受けて立ちます!あ、でもあんなにキュートには笑えないや~、ガッカリ。

『トーチソング』、あるといいなあ。わたしが入会しているところにはあったんですけど・・・。でもたぶんDVDはないと思います。ビデオのみでも大丈夫ですか?探し出してくださいね、真紅さん!
それではこの辺で。ありがとうございました!


・sumisuさん
>公式BBSからびあんこさんと出会い、かいろさんや様々な方と出会い、この映画には、不思議な力があるんだな、、、と、今さらながら思っています。

はい、まったくおっしゃるとおりです。本当にたくさんの人・考え方に出会うことができました。制作に携わった方たちも、まさかこの作品がここまでの力を持つことになるとは思っていなかったんじゃないでしょうか。いや、予想してたかな?

>それまでPCは仕事専用でしたし、PCを使わない段階では1週間や2週間も電源は入れないで、、まさか、自分がこんなに、コメントしてるなんて、今でも??状態なんです(笑)。

わたしも、元々内蔵されている?ゲームをたまーにするぐらいだったのに、今ではパソコンに触らない日はないのです~(しかし技術や知識は一向に身につかないのが悲しいところですが)。
sumisuさんのくださるコメントは、いつもわたしが知らない・でも興味のあることばかりで、とても勉強になるんです。これからもよろしくお願いいたしますね~。

>あの、イニスのカウボーイハットの横顔に釘付けになったんです。なぜかとゆうと、ちょうどあんな感じのカウボーイハットを被ったジェームス・ディーンの畳分ぐらいの大きさの特大モノクロポスターを、実家にいたころは、ずーっと自室に貼ってたんです。

カウボーイハット・・・わたしもBBMに出会ってますます好きになりました。しかし畳の大きさのJ.ディーンのポスターなんて、ものすごく貴重なものなのではないですか?そしてヒースやジェイクくんのやつ作ったら売れるんじゃないかな~、と呟いてみたりして。

>その写真に惹かれて映画紹介記事を読み、、ん、これは観なくては!!と、公開日もチェックしたのを覚えています、、、。

ではsumisuさんをBBMに引き合わせたのはジミーの功績なんですね!ありがとう、ジミーーーー!(←わたしが感謝するところではないんですけども☆)

>スタッフの情熱をひしひしと感じます

‘情熱’!そうです、その言葉がぴったりです!情熱の結晶だあ!!!(←興奮状態)
それではこの辺で。ありがとうございました!

投稿: かいろ | 2006年9月16日 (土) 23時00分

こんばんはかいろさん、皆様の熱いお話読ませて頂きました!

>今お部屋に・・・
私はおバカなので、ポスター大・中・小と買ってしまい大をパネルに入れてリビングに飾ってあります(そのためにリビング模様替えしました)。

80×105ぐらいでしょうか、眺めてはひとりニヤケておりますが・・撫でる(!)のは気がつきませんでした~~。
今日からさっそくtryしてみますね!!!どの辺りを?

投稿: ひろのしん | 2006年9月17日 (日) 02時12分

はい、sinoさんの‘地図’のように髪をですね!(すみません、送信してしまったのでここまで書くつもりでした)

投稿: ひろのしん | 2006年9月17日 (日) 02時29分

かいろさん、こんにちわ。間遠になってしまってしまってすみません。

かいろさんがBBMに出会ったのはそんな経緯があったんですね。私は映画館の予告観れなかったのでとても残念です。3月から5月まで通っていた映画館では、ホールにスクリーンがあって上映中の作品や上映予定作品の予告編を映してくれてたんですが、なんか集中できず、ちゃんとした予告観たかったなあと今も心残りでなりません。DVDに予告編もいれてほしいです。

BBMを知って以来、私の生活に様々な変化がありました。かいろさんはじめ様々な方のブログを知り、こうして伺わせていただくようになったのもその一つです。「BBMを知って私の人生(大袈裟?)はこう変わった!」シンポジウムなんてのが開かれたらものすごいことになるでしょうね。

それにしても、この写真の2人はほんとにほんとに幸せそうに笑ってて、これはジャックとイニスじゃなくてジェイクとヒースなのかなあ。ジャックとイニスにもこんな幸せな時間がたくさんあったならよかったのに、なんて思うと今でも涙が。私、こういう2人の姿をもっとい~っぱい観たかったです。

それと、タブロイド紙、私も2部持ってるんです。誰かほしい方いらしたらお譲りしたいくらいですよね。これも私の宝のひとつです。

今日は、ピンコさんの記事にもコメント差し上げたかったのですが、すっかり時間がなくなってしまい、また後日伺わせていただきたいと思います。古い記事へのコメントが多くて申し訳ありませんが、何卒よろしくお願いいたします。

投稿: 沙斗魔 | 2006年9月17日 (日) 12時05分

ひろのしんさん、沙斗魔さん、こんにちは!コメントありがとうございます!まとめてお返事させていただきます。

・ひろのしんさん

>ポスター大・中・小と買ってしまい大をパネルに入れてリビングに飾ってあります(そのためにリビング模様替えしました)。

ううううらやましいです!ひとつくださーい、ひろのしんさん!
しかもポスターの為に模様替え!それもリビング!ということはひろのしんさんのお宅に来られたお客様も彼らのお姿を拝めるのですね。いいですねえ~。
そしてひろのしんさん、わたしの代わりにポスターを撫でていただけますか?髪ですか、うーんステキ。背中のラインでもいいですよ。
と、このままでは変態度が増してきそうです・・・。それではこの辺で。ありがとうございました!


・沙斗魔さん
>ちゃんとした予告観たかったなあと今も心残りでなりません。DVDに予告編もいれてほしいです。

予告をご覧になれなかった方がこんなに多いとは・・・。わたしは何度か観ることができたので、申し訳ないです。本当にDVDに収録されているといいですね。

>「BBMを知って私の人生(大袈裟?)はこう変わった!」シンポジウムなんてのが開かれたらものすごいことになるでしょうね。

ほんとですね~。皆さん逸話を持っていらっしゃるのではないでしょうか。そのシンポジウムの内容をまとめて、監督とプルー氏とヒースとジェイクくんに送りたいです。喜んでくださるでしょうか?それとも引かれちゃいますかね?ああまたここでも妄想。

>ジャックとイニスにもこんな幸せな時間がたくさんあったならよかったのに、なんて思うと今でも涙が。私、こういう2人の姿をもっとい~っぱい観たかったです。

わたしもです、沙斗魔さん~。い~っぱい、い~っぱい観たかった・・・。何も考えずにただ幸せでいられた頃のふたりのことを知りたい!というのはファンなら誰でも同じですよね。最初の30分のロングバージョン、なんてものはないのでしょうか???ないならこれから撮影してくれ~!とか無理を言ったりして。

お忙しい中をいらしていただいて、いつも本当に感謝しております!古い記事だろうがなんだろうがコメント大歓迎なので、ぜひお願いいたしますね~。沙斗魔さんもピンコさんをお好きなら嬉しいのですが、どうでしょう?
それではこの辺で。ありがとうございました!

投稿: かいろ | 2006年9月17日 (日) 19時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101793/3453825

この記事へのトラックバック一覧です: 『ブロークバック マウンテン』とわたし(2):

» 映画 DVD 気ままなブログに気ままに観に来てください。 [映画 DVD 気ままなブログ]
日本映画や海外映画、ドラマのジャンルを問わずに気ままにピックアップしています〜よかったらこれから見ようとしている映画やDVDの参考にしてください。 [続きを読む]

受信: 2006年9月16日 (土) 21時14分

« 『誰よりもママを愛す』  わたしはピンコさんを愛す~ | トップページ | 嵐が来たりて金田一 »