« 皆様にぜひ観ていただきたい映画 | トップページ | 『誰よりもママを愛す』  わたしはピンコさんを愛す~ »

2006年9月13日 (水)

『ゆれる』  てくてくてく、と うちに 帰ろう

わたしはBBMを映画館で6回観ることができましたが、6回とも同じ映画館だったので必然的に予告も同じものを何回も見ることになりました。普段から予告にかなり流されやすいわたしに(何度も見たから、ということを差し引いても)、‘これは!!!’とものすごく期待をさせたのが、この『ゆれる』という映画です。そしてその期待は裏切られませんでした。

_0908_3_2『ゆれる』
(2006 日本)

父親と一緒に暮らしながら地元で家業のガソリンスタンドを継ぎ、地道に働いている兄の稔。折り合いの悪い父親から逃れ、東京でカメラマンとして成功し華やかな生活を送っている弟の猛。正反対のふたりですが、しかし稔は常に弟のことを気遣い、猛は兄のことだけは慕っていました。
母の一周忌で久しぶりに故郷に戻った猛。稔は弟を家族の思い出深い渓谷に連れて行きます。そこで起こった思わぬできごと。ふたりと一緒に来ていた幼なじみの智恵子が吊橋の上から転落し、死んでしまったのです。その場にいたのは稔ひとり。別行動をとっていた猛は、離れたところから一部始終を見ていました。
殺人容疑で逮捕された兄の為に奔走する猛ですが、その過程で彼は、優しく穏やかな人格者だとばかり思っていた兄の思いがけない一面を垣間見ることになります。自分の知っていた兄は、偽者だったのか?本当はこんな人間だったのか?離れても分かり合えていると思っていた自分たちのつながりは、ただの幻だったのか?
‘本当の兄’を取り戻すために猛が取った行動とは・・・?

以下ネタばれ(真紅さん、ここから先はお読みにならないでください~。ほとんど全部書いちゃってます)。

映画の序盤、母親の一周忌の席。猛と父親は、久しぶりに顔を合わせたにも関わらず言い争いを始めてしまいます。その間に入ってふたりを諌めながら、父がひっくり返したとっくりから流れ出た酒を懸命に拭き取る稔。そのズボンを、ひっくり返ったままのとっくりから滴る雫が濡らします。しかし、ふたりの世話を焼くのに必死な彼はそれに気付かず、とっくりをちゃんと戻してくれる人もいません。‘兄’はずっとこういう風に生きてきたのか、そう思わされる場面です。
そして拘置所の面会室で、弟は兄の思いを初めて知ることになります。

「お前の人生は素晴らしいよ。自分にしか出来ない仕事して、いろんな人に会って、いい金稼いで。俺見ろよ。仕事は単調、女にはモテない、家に帰れば炊事洗濯に親父の講釈、で、そのうえ人殺しちゃったって、何だよそれ」

「ねえなんで?なんで俺とお前はこんなに違うの?」

_0908_2

面会を重ねるうちに、稔と猛の関係はどんどん悪化していきます。弟に唾を吐きかける兄、兄に向かってパイプ椅子を投げつける弟。でも、唾もパイプ椅子も、ふたりの間に立ちはだかるアクリル板に邪魔されて相手には届きません。さらけ出してもぶつけても届かない、そういう場所に来て初めて兄の本音を知ることができたという皮肉、弟の悲しみと動揺。

半ば発作的に口走った言葉により逮捕された稔ですが、裁判が進むにつれ、結論は‘あれは事故だった可能性が高い’という方向に流れていきます。父親やその兄である担当弁護士、稔を慕う同僚は安心し、裁判での勝利を確信しますが、猛だけは違いました。なぜなら、他の者は誰ひとりとして知らない兄の姿を彼は知ってしまったから。彼はあの時全てを見ていたから。‘兄は、嘘をついている’・・・猛は決心します。

「これを話すことで僕と兄が引き裂かれて、ふたりとも惨めな人生を送ることになったとしても、僕は元の、僕の兄貴を取り戻すために、自分の人生を賭けて本当のことを話そうと思います・・・」

猛の証言のせいで、稔は有罪になります。
しかし裁判がどう決着したとしても、ふたりが兄弟であることに変わりはありません。猛は、この先にもっと残酷な事実が待っていることを知りませんでした。
兄が猛のために取っていてくれた、母の形見の8ミリビデオ。その中にあった答えに猛が気付いたのは、全てが終わった後。8ミリは常に彼のそばにあり、見ようと思えばいつでも見ることができたのに、猛はその存在すら忘れてしまっていたのです。

_0912_1_2

稔と猛兄弟の間に、長い時間をかけて作られた溝。しかし。その溝は確かに存在していたけれど、幼い頃あの渓谷でしっかりと手をつないでいた時のままに、兄の手はまだちゃんと弟の手を握りしめていた。その手を離してしまったのは、本当は弟の方でした。8ミリを見た猛が自分がよく知っていた兄の優しさやあの事件のこと全てを思い出し、自分が間違っていたのだと悟った時は、もう遅すぎました。
(うわあ、ここにもイニスが~、とBBMにこじつけてしまうわたし。しかしBBMと決定的に違うのは、彼のつながりたい相手はまだ生きているということでした。)
遅すぎたことに気付きながらも、弟は必死に兄を追いかけるのです。

「兄ちゃん!家に帰ろう!兄ちゃん!」

弟の叫びに兄がどう応えるか、そしてこれから先のふたりがどうなるのか。ほんの少しの希望を感じさせるだけで、監督ははっきりと結論を出してくれません。
いろいろなことを超えて、ふたりは再びつながることができるのか?そんなの誰にも、きっと本人たちにもわからない。でも、つながれると信じたい。きっと、ふたりの間の橋がまた渡れるようになる日が来る、来てほしい・・・。稔が一瞬見せた笑顔にすがって、そう願わずにはいられません。

時間が解決してくれる問題と、時間がたちすぎたせいでこじれてしまう問題。
兄弟の間に存在する確執。
兄の、弟に対する、そして自分の人生に対する鬱屈。弟の、兄に対する負い目。
家族だから許せることと、家族だからこそ許せないこと。

これまでの・これからの自分と家族、間違いを正してやり直すことの難しさ、そして、どんなに困難でもやり通さなければならないことがあるということ、誰かとつながるということ・・・そんないろいろなことを、否応なく考えさせられてしまった映画でした。

|

« 皆様にぜひ観ていただきたい映画 | トップページ | 『誰よりもママを愛す』  わたしはピンコさんを愛す~ »

映画・や行」カテゴリの記事

コメント

かいろさん★映画「ゆれる」、どうしても観たくて封切されて間もない頃に映画館に行ったらものすごく混んでる日だったのであきらめて帰ってきて、それからしばらく忘れていて、最近ようやく「あ、そろそろ見に行かなくちゃ上映が終わっちゃうかも」と思ってた矢先、かいろさんの“ネタばれブログ”を読んでしまいましたぁぁぁー★でも、かいろさんの上手な文章を読み終えて、やっぱり期待しながら観に行こっ!と思いました(笑)。
香川照之さん、デビュー当時から注目してました。でも(作品に恵まれなかったのかな?)なかなかブレイクしなくって「テレビ界も映画界も見る眼がないなぁ」と不満に思っていたら、4年前でしたか、大河ドラマ『利家とまつ』で豊臣秀吉役に抜擢されて一躍全国区の顔になりました。最初の頃NHKには「秀吉を演じてる俳優は誰?」という問い合わせが殺到したそうで、私は密かに「気づくのが遅いっつーの!」と思っていました。そして昨年、とうとう大金はたいて『利家とまつ』のDVD全巻を買ってしまいましたっ(このドラマ今見ると、当時はまだ無名に近かった伊藤英明や成宮寛貴が利家の息子役で出演してました。いわゆる“イケメン”には目聡いNHKであります:汗)。オダギリジョーもいいけれど、この映画は「香川照之の映画」ととらえてよろしいのでしょうか。楽しみに映画館へ行ってきます。ご紹介ありがとうございました~★

投稿: メグ | 2006年9月13日 (水) 22時15分

メグさん、こんにちは!コメントありがとうございます!

>封切されて間もない頃に映画館に行ったらものすごく混んでる日だった

はあ~、どこでも多いんですねお客さん。わたしの友人は立ち見したと言ってました(もっともレディースデイのことだったそうですが)。わたしが観たときも始まってるのに後から後からお客さんがやって来て、終わってから客席を見て‘最初はこんなに入ってなかったよね???’とびっくりしてしまいました。

>かいろさんの“ネタばれブログ”を読んでしまいましたぁぁぁー★でも、かいろさんの上手な文章を読み終えて、やっぱり期待しながら観に行こっ!と思いました(笑)。

すすすすすみませんネタばれさせてしまって~~~!!!でも嬉しいお言葉ありがとうございますう。 ぜひ観に行かれてくださいね。そして感想を書き込んでいただけると嬉しいでーす(最近こればっかりだなあ)。

香川照之さん、(最初からわかりきっていたことだけど)この映画でもものすごい存在感でした。何気ないしぐさが不気味だったり怖かったり、でも優しかったり弱かったり。オダギリジョーも良くて、このふたりだからこそこんな一言では言い表せない兄弟の複雑な間柄を表現できたのかなあとわたしは思いました。

>最初の頃NHKには「秀吉を演じてる俳優は誰?」という問い合わせが殺到したそうで、私は密かに「気づくのが遅いっつーの!」と思っていました。

えっ、そうだったんですか?ほんとに遅すぎですねえええ。その前にもいろいろ出演なさってたと思ったんですが・・・。でもあの秀吉はまた強烈でしたもんね。
しかし大河ドラマのDVDを全巻買ってしまわれたとは、メグさんすごいです!香川氏目当てということなんですよね?愛だーーー!

>いわゆる“イケメン”には目聡いNHKであります:汗

うひゃひゃ、全く同感でございます~。けっこうミーハー☆NHK。

>オダギリジョーもいいけれど、この映画は「香川照之の映画」ととらえてよろしいのでしょうか。

うーん、先にも書かせていただきましたが、やっぱりこれはどちらかひとりでは成り立たないというか、兄弟ふたりの映画なので、うーん。香川さんの演技は圧巻だったけれど、オダギリジョーも彼ならではという感じで・・・。メグさん、ご自分の目でどんなもんか判断なさってください。そしてわたしにも教えてくださいませ~。
それではこの辺で。ありがとうございました!

投稿: かいろ | 2006年9月14日 (木) 00時00分

こんばんわ、かいろさん。TBありがとうございました。
予告編からしてすごく印象的な映画でした。私も予告を何度も観ていて、だいぶ前から「これは必ず観ねば」と思っていました。楽しみにしていた映画が当たりだと、ほんとに嬉しいですよね~。

兄弟の確執、溝がだんだん深くなっていく過程は観ていて辛いものがありましたが、だからこそあのラストシーンは感動的でした。オダジョーと香川さんの演技合戦が見事でした。何もかもが全く正反対の二人なのに、いつの間にかほんとうの兄弟に見えてくるから不思議です。この二人以外に、あの兄弟の役は出来なかっただろうなあと思いました。
それにしても、かいろさんのレビュー素晴らしいです。私も精進しなければ・・・。

投稿: さばきち | 2006年9月14日 (木) 23時46分

さばきちさん、こんにちは!TB&コメントありがとうございます!

>予告編からしてすごく印象的な映画でした。私も予告を何度も観ていて、だいぶ前から「これは必ず観ねば」と思っていました。

はい、思わず見入ってしまうような予告でしたー。わたしも絶対絶対観るんだ!と心に決めていて、しかし時間が合わず、このままでは観られないまま終わってしまう~~~と無理矢理観に行ったのですが、

>楽しみにしていた映画が当たりだと、ほんとに嬉しいですよね~。

ね~もうほんとに♪ ありがとう西川監督!オダギリ・香川両氏!
(でもでも時々、予告の方が断然出来がいい作品ってのもありますよねえ。そのときはガックリです~。)

>兄弟の確執、溝がだんだん深くなっていく過程は観ていて辛いものがありましたが、だからこそあのラストシーンは感動的でした。

同感ですう、さばきちさん~~~。あの笑顔に加えて、エンドクレジットで流れる曲がまたすごく良くて、鼻をグスグスさせてしまいました。

>何もかもが全く正反対の二人なのに、いつの間にかほんとうの兄弟に見えてくるから不思議です。この二人以外に、あの兄弟の役は出来なかっただろうなあと思いました。

これまた同感ですうううう。あのふたりが演じたからこそこんなに説得力のある映画になったんですよね。ほんとに兄弟にしか見えないですもんね。
それに蟹江敬三・伊武雅刀兄弟も、あー、ほんとに兄弟だーと思ってしまいました。俳優さんて、ほんとに、スゴイです。

そしてさばきちさん、嬉しいお言葉ありがとうございます~~~。でもわたしの書く文章は大したことないのです。さばきちさんのレヴューこそが素晴らしいのです!なんだか褒め合いみたいで‘んん~、なんだかなあ’という感じですが、ほんとに本心ですから!というわけでこれからもお邪魔させていただきます、よろしくお願いいたします☆
それではこの辺で。ありがとうございました!

投稿: かいろ | 2006年9月15日 (金) 19時31分

連続TBのストーカーみたいでごめんなさい(汗)
こちらも お伺いするのが遅くなり、すみません。
TBありがとうございました。

肉親だからこそ、相手を傷つける言葉を知っている。
どうあがいても切れない絆だから 遠慮なく傷つける。
とても残酷で哀しい、でも、切ない映画でした。
西川監督、おそるべし・・・。

投稿: kino | 2006年9月30日 (土) 17時47分

kinoさん、こんにちは!コメントありがとうございます!
‘家族’というつながりがどんなに強固で、そして同時にどんなに脆いものなのか。怖くて悲しくて、でも最後にはほんの少し光が見えるようなこんな映画を、32歳の女性監督がここまで描ききってしまって、日本映画界は喜ぶと同時に恐れも感じているのでは???などと余計な心配をしてしまいそうです。ほんとに、

>西川監督、おそるべし・・・。

ですね。次の映画はどんなのかな~~~。
それにしても、ラストの香川さんの表情・・・あの笑顔を観るためだけにでももう一度この映画を観たいかもしれません。

それではこの辺で。たくさんコメントをいただきましてありがとうございました、これからもよろしくお願いいたします!

投稿: かいろ | 2006年10月 2日 (月) 22時08分

こんにちは♪
TB&コメント、ありがとうございました。

オダジョーくんと香川さんが兄弟?って初め聞いた時思いましたが、
兄、弟、とそれぞれが実に象徴的でわかりやすかったですね。
お父さんといい、叔父さんといい、キャスティングが絶妙な作品でした。

投稿: ひらで~ | 2006年12月 9日 (土) 10時27分

ひらで~さん、こんにちは!コメントとTBをありがとうございます!

はい、この映画は内容ももちろんですが、キャスティングの素晴らしさも大きな魅力のひとつだと思います。
わたしも最初はオダギリと香川さんって・・・と、あんまりぴんとこなかったのですが、今ではこの映画の中の兄弟を他の俳優さんたちが演じるなんて考えられません。
やっぱり映画のキャスティングって大切な要素なんだなあと思い知りました。
それではこの辺で。ありがとうございました!

投稿: かいろ | 2006年12月10日 (日) 14時39分

かいろさま、こんにちは。拙記事にコメントとTBをありがとうございました。
当方からもTBさせて下さいね。
さて、記事を全て読ませていただきましたが・・ほとんど同じ文章がある!ビックリ!!
私はあのラストの後、兄はバスに乗ったと思うんですよね。
7年もの刑期を終えても兄は変わっていない、っていうのはあの「手の揚げ方」で表現されていたと思います。
でも彼は警察に自供したとき、殺人犯になってでも自分を変えたいと思っていたんだと思うんです。
自分を変えて、あの家と田舎町から出たい、そう思っていたのではないかな。
だからあの後バスに乗って、どこか知らないところへ行ったと思うんですよね・・。
新しい人生を始めた彼に、自分は刑務所に入る前、実は「素晴らしい人生」を送っていたんだと気付いて欲しいと思いました。
そのとき、弟の叫びが耳にこだまするんじゃないでしょうか。。
勝手な事を書いてしまいましたが、そんな風に、いろいろと考えさせられる映画でした。
ではでは、また伺いますね!

投稿: 真紅 | 2007年3月23日 (金) 19時25分

真紅さん、こんにちは!TB&コメント、ありがとうございます!
半年前の記事だったので自分でも何を書いたか覚えておらず・・・。だいぶん酔ってますね、この文章。まあいつものことなんですけども、シュン。
わたしは二人姉妹の下なので上の人の立場に立つのは難しいのですが。でもいろいろと考えさせられる映画だというのは本当に仰るとおりで、わたしの頭の中には未だにあのラストの音楽と香川氏の笑顔があるんです。やっぱり、バスに乗ったのかなあ。乗ったのだとしても、いつか再会できる日は来ますよね、きっと。
それではこの辺で。ありがとうございました!

投稿: かいろ | 2007年3月24日 (土) 22時39分

こんにちは。
ご無沙汰して申し訳ありません。
香川照之もオダギリジョーも大好きな俳優さんですがこの映画の二人は言葉に尽くせないくらい素晴らしかった。
ラストに希望が見えるようなつくりの映画を観ても心から納得できる事が少ないというへそ曲がりの私ですが、この映画は素直に信じることができました。
(最近では「バベル」がダメでした…)
それは二人の感情の揺れに深く同調できたからで、素晴らしい脚本と役者さんの賜物だと思います。いい映画に出会えてよかった!

投稿: miyuco | 2007年5月29日 (火) 14時51分

miyucoさん、こんにちは!TB&コメントありがとうございます!
香川さんとオダギリジョーの、これは代表作になると思います。本当に素晴らしかったですもんね。そしてあのラストもわたしの映画史に残る名場面になりました。
公開時に一度観たきりなので、また観直したいです。でもかなりエネルギーがいりそう・・・。
それではこの辺で。ありがとうございました!
P.S.わたしは『バベル』も好きでした~。

投稿: かいろ | 2007年5月29日 (火) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101793/3379635

この記事へのトラックバック一覧です: 『ゆれる』  てくてくてく、と うちに 帰ろう:

» 映画 『ゆれる』 [ANTHEM]
表情と空気で語る複雑な感情 まず最初に声を大にして言いたいのは、とてつもなく良い [続きを読む]

受信: 2006年9月13日 (水) 10時36分

» ゆれる [ひとりごと]
母親の一周忌で山梨の故郷に戻った猛は、兄の稔と幼馴染の智恵子と共に、幼い頃よく遊びに来た渓谷へ足を運ぶが、そこで思わぬ悲劇が起こる。 それは果たして故意だったのか?事故だったのか?その時彼らの間で何があったのか?猛が目にしたものは? 舞台は法廷へと移り、兄弟がそれぞれ秘めていた心情が激しく揺れ動き、少しずつ露わにされていく。 真面目で優しくて、人当たりの良い稔。実家の小さなガソ... [続きを読む]

受信: 2006年9月14日 (木) 23時33分

» 『ゆれる』 [Sweet* Days ]
監督:西川美和 CAST:オダギリジョー、香川照之 他 東京でカメラマンをしている早川猛(オダギリ)は、母の一周忌の為に帰省する。翌日、温厚で優しい兄の稔(香川照之)と幼なじみの智恵子と猛の三人で、幼い頃に兄弟でよく行った蓮美渓谷へ向かう・・・・ 良かったぁ・・・久々にズキュンと来ました。凄く切ないし辛いし。とても痛くて哀しかった・・・・ 格好良くて女にもてて家を出て好きな事をしている弟と、田舎町でそのまま家業を継ぐ冴えない兄の、それぞれの心に渦巻く葛藤。 それはま... [続きを読む]

受信: 2006年12月 9日 (土) 06時50分

» ゆれる☆あの橋を渡るまでは、兄弟でした。 [☆お気楽♪電影生活☆]
ロキシー1にて鑑賞♪ [続きを読む]

受信: 2006年12月 9日 (土) 09時47分

» 「ゆれる」 [やまたくの音吐朗々Diary]
ワーナーマイカル(板橋)のアンコールシネマにて、見逃していた2006年話題の邦画「ゆれる」を観賞。監督は西川美和。出演はオダギリジョー、香川照之、真木よう子ほか。東京で活躍しているカメラマンの猛は、母の一周忌で帰省する。彼は実家のガソリンスタンドを継いだ兄の稔や、... [続きを読む]

受信: 2007年3月 2日 (金) 09時11分

» ゆれる [シネ・ガラリーナ]
<梅田シネ・リーブルにて> 2006年/日本 監督/西川美和 女のドロドロした粘着質な物語「ヴァイブレータ」を描いたのは、男性の廣木隆一監督だった。そして32歳の若手女性監督西川美和は、男の見栄や嫉妬をさらけ出し、兄弟の再生の物語を作った。女性の監督だから繊細な物語が撮れるとか、男性だからダイナミックにできるとか、そういった男性、女性という分類は、もはや全く関係ない。ようやくそういう段階に来たのだ、と非常に感慨深く思う。 それにしても、西川監督の人間描写には全く恐れ入る。人間の心の裏側... [続きを読む]

受信: 2007年3月18日 (日) 23時47分

» あるいは裏切りという名の記憶〜『ゆれる』 [真紅のthinkingdays]
 東京でカメラマンとして成功し、「自分にしかできない仕事をして、いろんな人に 会って、金稼いで」;「素晴らしい人生」を送る弟と、田舎で家業のガソリンスタンドを 継ぎ、「仕事は単調で、女にはモテない、家に... [続きを読む]

受信: 2007年3月23日 (金) 19時15分

» か細い橋は朽ちていなかった●ゆれる [Prism Viewpoints]
「兄を取り戻す」 取り戻したのは、兄が弟を取り戻していた。 主人公のカメラマンである、弟の早川 猛(たけし)役には、 『激辛カレーを食べて、あなたは「辛い!」と怒ります?●SHINOBI』や、 『ラストま... [続きを読む]

受信: 2007年4月21日 (土) 00時32分

» 『ゆれる』 [milk pan,milk crown ]
[僕は元の、僕の兄貴を取り戻すために、自分の人生をかけて、本当のことを話そうと思います。] 予告編で流れるこのセリフにひっかかった。元の兄貴ってなに?今の兄貴は本当の兄貴ではないってこと?そんなこと言えるほど兄貴のことわかってるの?元の兄貴とはあなたにとって都合のいい兄貴ってことじゃないの?傲岸不遜ではないですか。 このセリフがどのような流れで発せられどんなふうに周りが受け止めるるんだろう。感動的なシーンと位置づけられていたら、それは違うと感じるんじゃないかな。 そんな私のひよわな想像をはるかに超え... [続きを読む]

受信: 2007年5月29日 (火) 14時35分

« 皆様にぜひ観ていただきたい映画 | トップページ | 『誰よりもママを愛す』  わたしはピンコさんを愛す~ »