« 『西遊記』DVD-BOX   金欠に拍車がかかるじゃないの~ | トップページ | 扇風機を買ってみたら »

2006年8月 8日 (火)

『28日後・・・』  “Help!”の代わりに“Hello!”という言葉を 

『プルートで朝食を』を観て、元々好きだったけど更に更に好きになってしまったC.マーフィー。怖いのは苦手なので観たいけどぜーったいに観られん!無理だ!と公開当時は思っていた、彼の出世作の『28日後・・・』にとうとう手を出してしまいました。

28日後...特別編 DVD 28日後...特別編

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2005/04/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

物語をとても乱暴にまとめてしまうと、いわゆる‘ゾンビ物’の部類に入るらしい(‘ゾンビ’ではなく‘感染者’という言葉が使われていましたが、彼らの風貌や性質は明らかにゾンビだと思われます)。凶暴化した猿が原因で発生した‘死のウイルス’。それに感染した人間が同じように凶暴化し、次々に他の人間を襲っていくようになってしまったイギリスが舞台です。
最初の感染から28日経った後、見知らぬ病室で主人公のジムは目覚めました。交通事故に遭い意識不明だったため何も事情を知らない彼は、自分のほかに誰もいない病院を後にして町をさ迷い歩き、人間のようでいて人間でない‘感染者’に襲われかけます。その彼を救ったのはセリーナとマーク。彼らから事の顛末を聞いたジムは、両親の身を案じてセリーナたちと一緒に実家へ向かいますが、既にふたりとも亡くなった後でした。そしてそこにも感染者が。彼らに襲われ感染してしまったマークを容赦なく殺すセリーナ。
仲間を失い行く当てもなく移動を続けていたジムとセリーナは、同じように感染を免れふたりきりで暮らしている父娘、フランクとハンナに偶然出会います。4人は行動を共にすることになり、ラジオから聞こえてきた軍隊の‘感染に対する答え’という言葉を頼りにマンチェスターへと向かうのですが・・・。

以下ネタばれ。

28dayslater_0802_1_1怖いのは苦手なのになぜ公開時にちょっと魅かれていたかと言うと、キャッチコピーがこんなだったから。

「誰もいなくなってしまった街に向かって、
それでも僕たちは叫び続ける。
“HELLO!”

このコピーどおり、感染者に気付かれる危険性を承知していながらもジムは“Hello!”と叫び、フランク父娘は自分たちの部屋の周りをたくさんの電飾で飾りながら、“Help!”というよりは“Hello!”という気持ちで誰かが現れるのを待っていました。そしてセリーナはそれまでそんな言葉の存在を忘れていただろうけれど、ジムやフランクたちに出会うことで“Hello!”という精神を思い出したに違いありません。

マンチェスターへ向かう旅の中で擬似家族のようになっていく4人。この結びつきが、後々ジムとセリーナに変化をもたらすことになります。

たとえ感染者でも、相手を殺すことにためらいを感じていたジム。「感染したらあんたもすぐ殺す」とジムに言い放ち、自分が生き残ることを第一に考えていたセリーナは、フランク父娘のことも‘足手まといになりそうだから’見捨てていこうとしていました。
しかし、‘擬似家族’の父親的存在だったフランクが死に、軍のラジオ放送が(すんごく言葉は悪いのですが)兵士たちにあてがう女性をおびき寄せるためのでっちあげにすぎなかったことを知った時、ジムとセリーナはそれまでとは正反対の行動をとるのです。

28dayslater_0802_2_1

ふたりを助け出すために兵士相手に人が変わったように闘うジム。感染者ではない人間を殺すことにも全く躊躇しません。
一方のセリーナはハンナを守ることを最優先し、また、ジムがまるで感染者になってしまったかのように兵士たちを襲うのを目の当たりにしても、最初の言葉どおり‘すぐ殺す’ことはできなくなっていました。

監督の言わんとしていたことは全然違うのかもしれません。ですがわたしは、ジムたちのこんな姿を見て、ものすごく過酷な状況にあっても(過酷な状況だからこそ?)人は誰かとつながっていたいと考え、そのつながりはいろいろな方向に(良い方向にでも、恐ろしい方向にでも)人を変化させる力を持っているものなのかな、と思ったのでした。

動物愛護団体(?)のメンバーがウイルスの感染源である猿を無理矢理逃がそうとしたことから始まったこの物語。わたしが勝手に見つけたメッセージのようなものとは裏腹に、皮肉に満ちてもいます。
‘危険な’猿に襲われたメンバーたちは、当初の目的とは反対にその猿を殺そうとする。そして、数少ない生き残った人間同士も殺しあう。食料(=人間)がなくなってしまったことによる餓死、という感染者たちの末路。
それなのに、わたしはなぜかとても清々しい気分で映画を観終えることができました。それは、ラストにもう一度出てくる“HELLO”の言葉と、ジムたち3人の、ホラー映画の登場人物たちには全くふさわしくないんじゃない?という表情のせい。なんだかすごく不思議な作品です。怖かったけど、観て良かった。

そしてお目当てのC.マーフィー、この映画でもやっぱり素敵でした。次の映画が楽しみです。でもできればあんまり怖いのには出ないで欲しいな~。

|

« 『西遊記』DVD-BOX   金欠に拍車がかかるじゃないの~ | トップページ | 扇風機を買ってみたら »

映画・な行」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。TBとコメントありがとうございます。
関西では、まだ『プルートで朝食を』は公開されてなくて
あと数日、と待っている状態です。
キリアン・マーフィーの出演作、結果的にたくさん観ているのだけれど、
彼の持ち味が生きた作品でしたよね。

たくさんの恐怖の中でも、見つかる希望。
それに気付けた彼らを見れたことで、わたしたちにも希望が生まれましたよね。
2パターンのいい方のラストを観て、こちらの終わり方でいいと思ったので、
もう1パターンは観ないでおきました。

投稿: 悠雅 | 2006年8月 9日 (水) 00時44分

これ映画館でみましたが、怖かったですね。
ドイツ映画の「es」にも似たパニックムービー。
でもコミカルなところもあり、皮肉なところもあり、
いろいろ考えさせられる。
様々な要素がつまっていて
見た人がそれぞれの感想がありそうな感じ。

ラスト二種類あって
わたしが見たときは、連続して違うオチが見れました。
絶望的的なラストがもうひとつあった記憶があります。
(ちょっと忘れた)

当時の感想
http://1yoshi.zero-city.com/html/612eigakannsou.htm#28days

投稿: yoshi | 2006年8月 9日 (水) 00時44分

悠雅さん、yoshiさん、こんにちは!コメントありがとうございます!まとめてお返事させていただきます。

・悠雅さん
TBありがとうございます!『プルート』早くご覧になれるといいですね。C.マーフィーすんごく素敵でした~。

わたしは一応両方のラストを観てみました。ハッピーエンドでない方を観た後は、こんな悲惨な終わり方になる可能性だってあったんだなあと思って、この希望に満ちた雰囲気がなおさら大事なものに感じられました。それが監督の意図なのかは分かりませんけれども。続編が楽しみなような、怖いような・・・。悠雅さんはご覧になりますか?
それではこの辺で。ありがとうございました!

・yoshiさん
うわー、映画館でご覧になったのですか~。さぞかし怖かったことでしょうね・・・。想像すると恐ろしいです。わたしは無理です~。
『es』も、少しだけ観たいなあとは思ったのですが、普通の人がどんどん常軌を逸していくというのはホラー映画よりも怖いので、わたしは無理そうです。でも気になるのですが。うーむ。
ところで実はこの映画、ラストは4種類ぐらいあったそうです。特典映像で観られるらしいのですが、わたしは観なくてもいいかなあ、と。
それでは今からyoshiさんの感想を拝読しに伺います。ありがとうございました!

投稿: かいろ | 2006年8月 9日 (水) 20時50分

TB&コメントありがとうございました♪
こちらにお邪魔するのが、すっかり遅くなってしまいました。

ほんとうにラストにホッとするのは、やはりHELLOの文字だから・・ですよね

怖いのは人間の狂気、でもどんな状況でも守りたい人がいる、一緒に頑張る人がいるということが強くなれるんだということもわかりました・・・

投稿: D | 2006年8月10日 (木) 14時38分

Dさん、こんにちは!TB&コメントありがとうございます!
あの‘HELLO’の字が、それまでの狂気や恐怖を全て洗い流してくれたような気がします。でも彼らの今後はどうなるのでしょう???Dさんは続編どうされますか~?
人間って怖いなあと思う部分もあり、すごいなあと思う部分もあり・・・。ラストの本当に不思議なさわやかさ?は、かなり貴重だなあと感心してしまったのでした。
それではこの辺で。ありがとうございました!

投稿: かいろ | 2006年8月10日 (木) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101793/2877055

この記事へのトラックバック一覧です: 『28日後・・・』  “Help!”の代わりに“Hello!”という言葉を :

» 28日後... [悠雅的生活]
HELLO [続きを読む]

受信: 2006年8月 9日 (水) 00時39分

» 28日後・・・ [映画を観よう]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 28日後... 特別編 イギリス キリアン・マーフィ、ナオミ・ハリス、ミーガン・バーンズ、ブレンダン・グリーソン、クリストファー・エクルストン?? 監督:ダニー・ボイル 『トレインスポッティング』?... [続きを読む]

受信: 2006年8月10日 (木) 14時35分

» 28日後って怖いの? [ホラー映画って呪怨が怖いの?]
ホラー映画洋画 ホラー映画初心者のすけきよです。近所のレンタル店でホラー部門上位にあった映画でタイトルに惹かれたものを選んでみました。夜の戯言のnaruさんが普通のホラーより面白いと言う28日後です。ゾンビ... [続きを読む]

受信: 2006年11月19日 (日) 22時14分

« 『西遊記』DVD-BOX   金欠に拍車がかかるじゃないの~ | トップページ | 扇風機を買ってみたら »