« カイロの紫のバラ | トップページ | ブロークバック マウンテン:「Opening」という曲 »

2006年6月14日 (水)

嫌われ松子の一生

うう~ん、またものすごい映画を観てしまいました。皆さんもご存知だと思いますが、「嫌われ松子の一生」でございます。例によって小説を読まずに映画を観たのですが、小説での‘松子の一生’はどういう描かれ方をしているのでしょうか?気になるけど、読むのがちょっと怖い気もします・・・。

嫌われ松子の一生 (上) Book 嫌われ松子の一生 (上)

著者:山田 宗樹
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

東京荒川の河川敷で死体となって発見された、川尻松子(53)。その甥の笙は、九州で暮らしている父親(松子の弟)のかわりに、存在さえ知らなかった叔母・松子の暮らしていたアパートの整理をすることになる。うまくいかないことばかりで自暴自棄に生きていた笙だが、いろいろな人から生前の松子にまつわる話を聞くうちに、その人生に興味を覚えるようになる・・・。

以下ネタばれです。

予告などを見てわたしが勝手に想像していた松子という人は、‘どんなに不幸に見舞われてもそれをものともせず、ターミネーターのごとく起き上がり幸せに向かって邁進するとことん楽天的な女性’ だったのですが、それはちょっと違っていました。確かに松子のまわりにはいつも花や蝶や鳥が舞い踊っているし彼女自身も常に歌っているけれど、決して楽天的なわけではないし、ちゃんと(という言い方はおかしいけれど)ダメージも受けている。「なんで?」と呟き「なんでーっっっ!」と絶叫しながらもそのダメージを乗り越えて次の幸せを見つける松子ですが、‘ゼロからのスタート’ではなくいつも‘マイナスからのスタート’で、しかも誰かに裏切られるたびにそのマイナス度は大きくなっていくので、観ているほうもかなりのエネルギーを必要とされます。

Matsuko_0614_1_2 松子の人格や人生に大きな影響を与えたのは父親の存在でした(イのつく人やジャのつく人を思い出しますねえ・・・)。病弱の妹ばかりを可愛がる父親に愛されたくて、‘こうしたらきっとお父さんは気に入ってくれる’という判断基準のもとに生きていた松子でしたが、ある時、自分が妹より愛されることは絶対にないのだと思い知らされます。同じ頃、ちょっとした誤解から大きな問題を引き起こして勤めていた高校をくびになってしまった彼女は、勢い余って家を飛び出しました。いろいろな男に出会っては裏切られる<総天然色の不幸の見本市>な人生の始まりです。
子供の頃に‘おとぎばなしに出てくるお姫様のような人生’に憧れた松子なのに、恋に落ちる男が揃いも揃って‘白馬に乗った王子様’からは外見的にも内面的にも程遠いというのはなんとも皮肉で現実的。実際の生活の中でそんな王子様(あるいはお姫様)のような人なんてそうそういるわけないもん。いや、というより、よく‘好きになった人が理想のタイプ’なんて言いますが、松子の場合は‘好きになった人が白馬に乗った王子様’だったのかもしれません(えらく許容範囲が広い松子ですが、監督によると‘誰でも良かったわけではない’とのこと。うーむ、人の心の摩訶不思議さよ)。
そしてそれ以上に皮肉だったのは、<自分を愛してくれていなかったはずの父親>も、<衝動的に首を絞めかける程の憎しみを覚えてしまった、父親の愛を独り占めしていた妹>も、死ぬ間際まで松子のことを案じて気にかけていたのに松子はそれに気付けなかったということ。また、松子を本当に愛した男たちも確かにいたのに、愛情の表現方法を間違っていたり、気付くのが遅かったりで松子を幸せにすることができなかったということ(うーん、またもちょっとイニス?)。松子のためを考えて彼女を捨てたやくざの龍は、松子の自分への愛情が、まるで神様が不完全で欠点だらけの人間を丸ごと愛してくれるようなものだったことを悟り、刑務所の中で号泣します(で、わたしも号泣)。

‘この人となら地獄に行っても幸せ’とまで思っていた男(やくざの龍)にも裏切られてしまった松子。彼女が晩年暮らしたアパートの近くには、故郷にあるのと似たような川が流れていました。泣きながらその川を眺め、もう誰も信じない、もうどうでもいい、と引きこもりのような生活をおくっていた松子ですが、あることをきっかけに‘あたしまだやれる!’という希望を持ちはじめます。ところがまた人生をやりなおそうとしたその時に、なんとも理不尽な理由で松子は殺されてしまいました。笙は思います、‘叔母さん、あなたの人生って・・・’。しかし最後には、笙も、松子自身も、彼女の人生はただ悲惨なだけのものではなかったということに気付くのです。観客もそれを教えられます。

良い映画というのは、ラストが本当に印象的(少なくともわたしが好きな映画にはほとんどその法則があてはまる)。
この映画のラストでは、まるで松子の魂が生まれ変わったかのような風が川面を吹き抜けていき、観客はその風と共に彼女の人生を振り返ることができます(監督の意図したところは違うのかもしれませんが、わたしにはそう感じられました)。詳しく書きたい気持ちはあるのですが、もったいないので(?)やめておきます。どんなに素敵なラストなのか、これはちゃんと自分の目で見てもらったほうがいいので。ただ、階段を幸せそうに歌を歌いながらのぼっていく松子がとっても綺麗だったこと、「お姉ちゃん、お帰り」「ただいま」という会話とその後の松子の笑顔に、彼女が本当に望んでいたささやかな幸せを教えられて、またも涙と鼻水で呼吸困難に陥ってしまったということは強調しておかなければなりませぬ。
「下妻物語」も大好きだったけど、「松子」はそれ以上でした。スタッフやキャストの方々にお礼を言いたくなる映画が、またひとつ増えてしまいました。嬉しい限りです。

Matsuko_0612_1_1 「嫌われ松子の一生」
(2006 日本)

‘不幸って何?’

人の幸せや不幸というのははたから見るだけでは判断できないんだなあ・・・。

|

« カイロの紫のバラ | トップページ | ブロークバック マウンテン:「Opening」という曲 »

映画・か行」カテゴリの記事

コメント

>かいろさん
TB、コメント有り難うございました。
早速こちらからもTB貼らせていただきました。
「松子」はかなり悲惨な話ですが、あのラストから、なんとも言えないすがすがしさを感じました。決して後ろ向きにならない松子の超ポジティブシンキングを見習いたい…とは思わないけど(苦笑)
ホントにいい映画でしたね。
またおじゃまします〜

投稿: Boh | 2006年6月15日 (木) 01時46分

かいろさん、こんにちは。
私も昨日、『松子』観てきました。またまた気が合いますね(笑)
TBトライしたのですが届いていないようです。同じくBohさん宅にも送信できません、やはりココログにはTBできないのかもしれません??残念です。
『松子』エントリをアップしておりますので、お暇な折にでも遊びに来て下さいね。お待ちしております。
ではでは。

投稿: 真紅 | 2006年6月15日 (木) 11時30分

こんにちは。
こちらにお邪魔するのは初めてです^^
エネルギッシュな映画でしたね。
キャスティングも見事でした。
(クドカンの屈折している物書きが凄かった)
でも、中谷美紀に関してはちょっと思うところがありました。
熱演なのにもどかしいというか…
TBできるかな…ソネブロ絶不調だし。
(えっと、勤めていた「高校」ではなくて「中学」では…
無粋な指摘、ごめんなさい)

投稿: miyuco | 2006年6月15日 (木) 11時56分

こんにちは。ブログでは初めましてです。
思い切ってコメント残します・・・ちょっと緊張するね。
場違いだったらごめんね。

松子、見たいけど怖い・・・というわけで未見です。
でも見て良かったという話をよく聞くので、その
迷いは深まるばかり。

見たら感想を伝えますね~。

投稿: ひらま | 2006年6月15日 (木) 17時12分

Bohさん、真紅さん、miyucoさん、ひらまさん、コメントありがとうございます!まとめてお返事させてくださいませ。

・Bohさん
TBありがとうございます!あのラスト、本当に素敵でした~(しつこい)。映画に携わった人たちの、松子への愛情が感じられました。大げさでしょうか?わたしも松子を見習いたいとは思いませんが、なんだかんだいって彼女はやっぱり愛されていたので、そこはちょっとだけうらやましいような・・・あら、こんな観方ではいけないのですかね?それではこの辺で。またお邪魔させてください。

・真紅さん
うわー、本当に気が合いますねー。真紅さんのストーカーになった気分です、フフフのフ(不気味)。こちらからTBさせていただきました~。真紅さんからのTB,いつか届きますように・・・。そして素敵なお母様によろしくお伝えくださいませ。(一度お母様とも映画のお話をしてみたいわたくしでございます☆) それではこの辺で。

・miyucoさん
こんにちは!TB&コメントありがとうございますー、嬉しいです!
中谷美紀、わたしは今までそんなに好きではなかったのですが、この熱意はやっぱりすごいなあと思いました。そして瑛太も柄本明も黒沢あすかも伊勢谷も香川照之もクドカンもひとりも良々さんも、このまま行くと全員の名前を書きそうなくらいみんな良かったです。ほんとにキャスティングの勝利ですね。はっ、しかし中学なのですか?うーん、確認を怠りました・・・、はずかしい~。それではこの辺で。またお邪魔させてください。

・ひらまさん
あなたは・・・もしかして・・・○○さんですか???わーい、コメントありがとうございますー。これからもたくさん書き込んでください、お待ちしておりますう~。
「松子」、観たほうがいいですよ。しかも映画館で観たほうがいいです。しかしちょっと覚悟がいるかも。けっこうエネルギーもいるかも・・・。観たらぜひ感想聞かせてくださいね。それではこの辺で。またメールしますねー。

投稿: かいろ | 2006年6月15日 (木) 23時05分

いやー凄い映画でしたねえ。
長年映画を見ていますが、こんな泣かされ方したのは初めてです。

女性に暴力をふるうという、一番嫌いな映画の要素があって、引いてみていたのですが、いつしか松子の心理に感情移入して・・・ついに号泣(笑)。ああ、女性っていうのはこうしてダメ男にくっついていくんだ、と妙に納得し、最後は涙に暮れつつも、なぜかやさしい気持ちに。

フロイト的な心理学、哲学的ともとれる深い描写にも見事やられてしまいました。とにかく、この監督、天才だわ~と思った次第なのです。中島監督の次回作、楽しみです♪

投稿: yoshi | 2006年7月13日 (木) 20時22分

yoshiさん、こんにちは!

>とにかく、この監督、天才だわ~と思った次第なのです。

ほんとです!ただものではないと思います。パンフレットを最近買ったのですが、この映画はいろいろな点においてこれまでの邦画に比べて‘異常な’映画だったみたいです。スタッフやキャストの方々の並々ならぬ苦労の結果がこの作品なんだなあと改めて思いました。
映画の中で風が吹いてキーホルダーの鈴(?)がチリーンと鳴るたびに、うるうるしてしまいます。
それではこの辺で。ありがとうございました!

投稿: かいろ | 2006年7月13日 (木) 21時11分

かいろさん、こんにちは。
TBとコメントありがとうございました!
そちらでも再上映があるのですね。是非行って下さい。何度みても面白いです。結局5回観た自分が保証します(笑)。
これだけの出来の作品だがら多分ウチでDVDなどで観ても面白いと思うけど、やはりこの映画は劇場ですよね!

投稿: 発生 | 2006年7月20日 (木) 23時13分

発生さん、こんにちは。TB&コメントありがとうございます!

>これだけの出来の作品だがら多分ウチでDVDなどで観ても面白いと思うけど、やはりこの映画は劇場ですよね!

はい、全くそのとおりです~。今度内山理奈主演でドラマになるそうですが、かなり不安が・・・。この映画とは別の作り方でこの映画以上のものを作ることができるんでしょうか???無理だと思うのですが。

3回目、必ず行きますね!発生さんも6回目いかれるのですか?それではこの辺で、ありがとうございました。

投稿: かいろ | 2006年7月20日 (木) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101793/2192005

この記事へのトラックバック一覧です: 嫌われ松子の一生:

» 嫌われ松子の一生 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
ある日、荒川の河川敷で女性の他殺体が発見されます。川尻松子(中谷美紀)、53歳。今まで彼女の存在を知らずにいた甥の笙(瑛太)は、松子の弟である父親(香川照之)に頼まれ、松子の住んでいた部屋の後片付けをすることになります。乱雑jな部屋を片付けながら、笙は、松子の人... [続きを読む]

受信: 2006年6月14日 (水) 23時18分

» 松子の一生に涙する【嫌われ松子の一生】 [犬も歩けばBohにあたる!]
「嫌われ松子の一生」 タイトルだけでキョーレツである。 本屋で平積みされている [続きを読む]

受信: 2006年6月15日 (木) 01時42分

» 『嫌われ松子の一生』みてきました。 [milk pan,milk crown]
極彩色の転落人生。お姫様のような人生に憧れ、でも、どうしてもうまくいかない松子の一生。「なんで~?」画面はお花とか星とかキラキラしたもので彩られています。松子のために。よくできています。私にとっては、感動…とか好きとかいう感情とはちょっと違う感覚。 オープニング 、でかでかと starring MIKI NAKATANI の文字。撮影中の監督と中谷美紀とのバトルが伝わってきているので、この派手なクレジットを見て、よかったね~と思ってしまった私はすでに術中にはまってるってことかな。 松子は、生きるエ... [続きを読む]

受信: 2006年6月15日 (木) 11時59分

» 『嫌われ松子の一生』('06/日本) [傍流点景]
 すべての愚かしい人々のために、すべてのはぐれ者たちのために。  くだらない、つまらない、馬鹿馬鹿しくも切ない本質をこれ見よがしにゴテゴテと飾り立て、さあ見世物小屋へいらっしゃい、ガラクタでデタラメだけど素晴らしいでしょ!と魅せるのがつまり、私が愛する“キャンプ”感の乱暴な要約であるけども、現在の日本人映画監督で中島哲也ほどポップかつ、この“キャンプ”な映像センスを持った人はいないと思う。それはJR... [続きを読む]

受信: 2006年6月16日 (金) 00時35分

» 嫌われ松子の一生/山田宗樹 [文学な?ブログ]
やるせない思いで最終頁を閉じました。些細なことに何度も自分を見失い、流され、それでも死より生きることを選んできた松子。その人生の終わりがこれではあまりに辛すぎます。 体の弱い妹に父の愛情を奪われ、父の希望をかなえようとなった教師の職を追われ、失踪してあちこちを彷徨いながらも、必死に生きてゆく松子。感情に流され、積み重ねてきたものを根底から壊して、また一から、というよりむしろマイナスから人生を何度も繰り返します。 偶然のように起こる事件に翻弄される松子を見ていると、なんでもっと機用に生きら... [続きを読む]

受信: 2006年6月17日 (土) 11時27分

» 嫌われ松子の一生見てきました。 [よしなしごと]
 正直最初は見なくても良いかなと思っていたのですが、他の方のブログを読むとかなり評判がよいので嫌われ松子の一生見てきました。 [続きを読む]

受信: 2006年6月17日 (土) 12時34分

» 「中島ワールド」炸裂!〜『嫌われ松子の一生』 [真紅のthinkingdays]
 母からメール。「先日の朝日の映画評を読んで、今朝『嫌われ松子の一生』を観て 来ました。これは面白い!!邦画をみて久しぶりに感動、是非お勧めです」 「了解。次のレディースディに行ってみます」と返信した。寺脇研氏... [続きを読む]

受信: 2006年6月26日 (月) 03時18分

» 嫌われ松子の一生 [泣ける映画と本のblog]
●「嫌われ松子の一生」みた 同じ中島監督の「下妻物語」を10年に1本の怪作と評しましたが 今回の「嫌われ松子」は10年後も残っていく奇作、というか 下妻以上の超怪作といわざるを得ない。 まさに天才的演出、映像を繰り出した... [続きを読む]

受信: 2006年7月13日 (木) 18時41分

» 嫌われ松子の一生 [丼 BLOG]
(06年6月鑑賞) 「近年稀に見る傑作。極めて悲惨な一生の物語を見せられて何故こんなに清々しい気持ちになれるのか。それはきっと人間讃歌になってるから。単なるカタルシス以上の物がそこにある。」監督:中島哲也。出演:中谷美紀、ほか。 先日、4回目を観に行っちゃいました(^_^;)。情報量が極端に多い映画なんで何度観ても新たな発見があります。 各所で絶賛されてるから改めてわしが書く必要もないよーなものだけど、それで... [続きを読む]

受信: 2006年7月20日 (木) 22時57分

» 嫌われ松子の一生 [映画、言いたい放題!]
誰に聞いても絶賛のこの作品。 2006年が終わる前にDVDでやっと観ました。 ふぅ。 平成13年の夏、。荒川の河川敷に何者かに撲殺された女性の死体。 その姿は醜く肥え太り、身なりはホームレスのようだった。 彼女の名は川尻松子。 彼女は何故殺されなければならなかったの... [続きを読む]

受信: 2006年12月29日 (金) 16時13分

« カイロの紫のバラ | トップページ | ブロークバック マウンテン:「Opening」という曲 »