« ウォンカーウァイの映画に出てくる人たち≒イニス? | トップページ | カサノバ »

2006年6月30日 (金)

わたしの映画好きの血は・・・

うちの母は昔映画が大好きでした。母のすぐ下の弟も同じく。ちなみに母のオールタイムベストは『シェーン』、ダーリンはモンゴメリークリフト(以下モンティ)。叔父は(母によると)『誰が為に鐘は鳴る』が好きで、バーグマンとテレサライトという女優さんに夢中だったそうです(と、年がバレる?怒られる~)。昔はリバイバルでよい映画が何度も繰り返し上映されていたそうで、傷がたくさん入った映画を名画座?で観ていたよ、と言ってました。
『シェーン』、そんなにいいの?と尋ねると、いいのよ~と母。あるシーンで、男の子が「シェーン?」と声をかけるとシェーンが「んー?」と返すそうなのですが、そのときの言い方がね~、もうね~と半ば身悶えしながら(?)答えてくれます。この『シェーン』のどこが好き?という会話は何度も繰り広げられているのですが、それ前にも聞いたよーといいながらやっぱりまた同じことを母に尋ねてしまうわたしなのでした。
もし結婚できて(今の時点ではその確率非常に少ないんだけど、ヒ~)、子供が生まれてその子が大きくなって映画好きに育ったとしたら、わたしも子供とこういう会話をしたいな、と思ったりして。その時はきっとBBMの話も必ずするだろうなあ。お母さん、この映画に夢中になっちゃったせいでパソコンはじめたのよ~とか言って(これは事実です。バリバリのパソコン初心者なのでございます、わたくし)。

この前、母お勧めのモンティ映画を借りてきてふたりで観ました。観ている最中のわたしたちの会話:

ふたり 「うわあ、出てきた~」

わたし 「モンティって頭大きくない?」
母 「ほんとやねえ、体はスリムなのにねえ」
わたし 「体細いから頭大きく見えるんかな」
母 「ああ、そうかもね」

母 「この背中がね、いいのよ」
わたし 「背中のラインが?」
母 「この猫背っぽいところがね、なんか淋しそうで」
わたし 「なるほど~」

観終わった後の会話:

母 「モンティは、声は駄目だね」
わたし 「ええ~?いい声してると思うけどなあ。しゃべり方とかすごく良くない?」
母 「そう?」
わたし 「うん」

Montgomeryclift_0628_1_1Montgomery Clift (結構かっこいい・・・)

モンティというとわたしが思い浮かべるのはあまりにも救いのなかった『陽のあたる場所』。母によるとモンティが演じるのはやはり陰のある役が多いらしく、だからたまに普通の善良な人を演っている彼を見るとほっとしたそうです。
母とモンティについて話していると、まるでわたしが“ジェイクくんのほくろがたまらん!!!”とか“トニーレオンなら脚触っても許す~”とか言っていたりするのと全然変わらなくて、ああ、昔も今も女の子(と敢えて言わせていただきます)の憧れの人(?)への気持ちというのは変わらないもんなんだなあと思ってしまいます。
叔父は叔父で若い頃にテレサライトのファンクラブに入っていたそうで、彼女あてに書いたファンレターがファンクラブの会報に載ったという経歴の持ち主(母の暴露により発覚)。女の子だけじゃなくて男の子もおんなじなんだなあ~。いや、というより、好きなものに対する情熱とかミーハー気分というのはいつの時代でも、いくつになっても誰もが持っているものなんだ、きっと!それでいいのだ!
わたしの映画好きや俳優さんへの入れ込み具合はこのふたりから受け継いだものだと思われます。うちの父は映画全然観ないもんなあ。

Jake_0514_3_3 Jake Gyllenhaal (もちろん素敵・・・)

ところで先日‘映画検定’の試験が行われたそうです。だいぶ前に本屋さんで映画検定の本を見つけてぱらぱらと立ち読みしてみたけど、ぜーんぜんチンプンカンプンだったのできれいさっぱり忘れていたわたし。母はニュースでその試験のことを知ったらしく、わたしが帰宅してご飯を食べているときに「今日映画検定の試験があったんだってよ」と教えてくれました。 「3級か4級の問題で『第三の男』のラストシーンの写真が出て、‘この映画のタイトルを答えなさい’っていうのがあったんだって」「はあ~、そうなんや~」「映画観てなくてもみんな知ってそうだもんね、あのラストは」「そうかなあ」 そこから話はあの名画のラストシーンはどんなだったっけ?という方向へ流れて、あれはこうだったね、じゃああれは?あのラストもよかったよねえ、わたし最後観ただけで泣いちゃうよ~、などという会話を延々と続けたわたしたち親子でございました。
映画の知識をたくさん持っているのはもちろんかっこいいけど、それよりもやっぱりわたしは大好きな映画についてみんなであつーく語り合うほうが性に合ってるなあ。だから試験は受けません(受けても合格できないから~という負け惜しみも20%ぐらいは入っていますが、にゃは)。

というわけで、冷静に分析するのは到底無理なのですが、これからも『男はつらいよ』の寅さんのような人情路線で?ぼちぼち映画について語っていきたいと思います。皆様よろしくお願いいたします~。

|

« ウォンカーウァイの映画に出てくる人たち≒イニス? | トップページ | カサノバ »

映画について思うこと」カテゴリの記事

コメント

かいろさん、

お母さまとの会話、とっても楽しそう♪ こんな風に話できるのって素敵ですよね~

私の母も映画が大好きです。『誰が為に鐘は鳴る』の中で、バーグマンがキスする時に「鼻がぶつかりそうなときはどうしたらいいの?」ってゲイリークーパーに聞くシーン、可愛くて特に好きだそうです。「日本人にはあんまり無い悩みよね」と(笑)クーパーは「こうするんだよ」と言いたげに顔を傾けますが。BBMでのイニスとジャックは傾ける余裕も無さそうで、鼻痛そうでしたね・・・

このジェイク、すごくかっこいい♪ 前にかいろさんが紹介してくださった写真もとっても素敵でした。
彼は普段着があまりに無造作だと思いません?もちろんTシャツに不可欠な筋肉もちゃんとあるので無造作なのは似合うし、あまりにもキメキメな男の人って却って引いちゃうんですけど、時々、君は自分をわかっとらん!!というカッコの時が(涙)

映画検定のニュース、私も見ましたよ~でも私も

>大好きな映画についてみんなであつーく語り合うほうが性に合ってるなあ

かいろさんの意見に全く同感です!

投稿: ぽち | 2006年6月30日 (金) 22時43分

ぽちさん、こんにちは!コメントありがとうございます!
ぽちさんのお母様も映画がお好きなのですか~。真紅さんのお母様もなんですよね、母3人娘?でお話しすることができたらすんごく盛り上がったりするかもしれませんねえ。しかもかなりミーハーになったりして。で、わたしたちはその様子を陰からうひゃひゃと眺めたりしてー。おっとここでも妄想の翼が・・・。

『誰が為に鐘は鳴る』のあのせりふはあまりにも有名ですね。わたしの叔父もたぶん同じことを言っていたと推測されます。そしてくう~っとなっていたのじゃないかなあ。わたしたちが4年目の再会のキスでジャックが泣きそうな顔になるのを見てうにゃあ~っとなってしまうように。あそこはほんとに痛そうでしたよねえ~。

ジェイクくん、普段着はそんなに無造作なのですか?雑誌なんかではスタイリストさんの力でかっこよくなっているだけなのでしょうか???でもそういう無造作なのも好きです♪重症。わたしもキメキメな人は引きまくりです。ジェイクくんぐらいが丁度いいです♪(って良くは知らないのですが~)。
ありゃ、長くなってしまいました、それではこの辺で。ありがとうございました。

投稿: かいろ | 2006年7月 1日 (土) 00時17分

 はじめまして。映画館にお勤めで映画が好きっていいですねえ。お母様と叔父様も素敵です。かいろさんとお母さんを逆にしたのが私と娘です。私、娘には最初、ヒースが好きと思われてたようで(たしかにヒースも好きなのですが)あれ?といわれてます。今まで好きになった俳優はみなヒースタイプで、ジェイクのような若く優しげな俳優に惹かれてる私は確かに娘には珍しいかも。
 さらば我が愛をDVDで見て娘に絶対みなさいと薦めたら、見た後、あまりにヘビーだと落ち込んでました。私はこれでレスリーを見直し、でもそのときは既に亡くなった後でした。トニーレオンは始皇帝暗殺で、いいなあと。(ついでにというとなんですがチョンウソンは上海グランドで。これも一人に興味を持つと次つぎに関連した映画やDVDを見るので輪が広がってしまうのです。楽園の瑕はビデオなので、レンタルショップにあっても手がだせません。見たいんですが。
 いまみたいのはバブルボーイ(!?)ジェイクは素と役柄のギャップがまた魅力的な俳優で興味がつきませんね。でもBBMのおかげで見たい映画の対象が広がり、考え、感じることもいっぱいできて、ビバ!映画です。 

投稿: ふみ | 2006年7月 1日 (土) 00時36分

ふみさん、こんばんは、はじめまして!コメントありがとうございます!
ふみさんのお名前はびあんこさんのところでお見かけしておりました、来てくださって嬉しいです!

わたしもヒース&ジェイクもともと好きだったのですが(BBMを観ようと思ったのも好きな俳優ふたりのラブストーリーかあ、うふふふふ、というかなり不純?な動機からでした。お恥ずかしいです)、BBMを観てから更に更に好きになってしまいました~。わたしも特にジェイクくんびいきです。なので、ジャック自体が好きなのか、ジェイクが演じたジャックだから好きなのか、判断に困っております。どっちにしろ好きだってことなのでいいのですが。

『さらば、我が愛』は本当に重い映画でした・・・。わたしもしばらく立ち直れませんでした。レスリー本人もそうだったのではないかなあと思えてなりません。俳優さんのお仕事は、わたしにはできません・・・。でも『楽園の瑕』は、やっぱり辛い物語ではありますが、レスリーもトニーもすごく素敵でした(身なりは汚いのですが)。ふみさんもご覧になれるといいですね!感想をお聞きしたいです。

それにしても

>一人に興味を持つと次つぎに関連した映画やDVDを見るので輪が広がってしまうのです。

>ジェイクは素と役柄のギャップがまた魅力的な俳優で興味がつきませんね。でもBBMのおかげで見たい映画の対象が広がり、考え、感じることもいっぱいできて、ビバ!映画です。 

はい!仰るとおりです!よろしければまたいらしてくださいませ、お待ちしております。ありがとうございました。

投稿: かいろ | 2006年7月 1日 (土) 01時42分

かいろさん、こんにちは。かいろさんと同じく、映画好きの血を母から受け継いだ真紅です。
素敵なご家族ですね~。お母様と一緒にDVD鑑賞できるって、うらやましいです。
うちの母のアイドルって誰なんだろう??日本人では郷ひろみみたいですけど、今度聞いてみますね。
モンゴメリ・クリフトといえば。「60年代版BBMを撮るとすれば、キャストは?」と問われ、アン・リーは「ポール・ニューマンとモンゴメリ・クリフト」と答えていますね。
私はこの話を聞くまでモンゴメリ・クリフトという俳優さんを知らず、作品は未見で写真しか見ていません。イニス役でしょうかね?ポール・ニューマンがジャックかな。
機会があれば出演作品も観てみたいと思います。
ではでは、またね。

投稿: 真紅 | 2006年7月 1日 (土) 10時35分

真紅さん、こんにちは!コメントありがとうございます!
ななななんと、真紅さんのお母様のアイドルは郷ひろみなのですか!?う~む、そうこられるとは・・・。ぜひ他のアイドルのことも教えてくださいませ、とっても興味津々です~。

>「60年代版BBMを撮るとすれば、キャストは?」と問われ、アン・リーは「ポール・ニューマンとモンゴメリ・クリフト」と答えていますね。

これまた興味深いお話ですね・・・。でもかなり納得です。すごく合ってる。わたしの中ではイニス→ポールニューマン、ジャック→モンティ、かなあ。実を言うとポールニューマンも大好きなわたしなのです。若い頃も歳とってからもすごくかっこいい!願わくばジェイクくんにもこうなって欲しいもんです(結局それかい)。
それではこの辺で。ありがとうございました。

投稿: かいろ | 2006年7月 1日 (土) 22時28分

こんばんは、かいろさん。映画好きのお母様で羨ましい
です!私は、モンティはあまり、詳しくないですが、
私の大好きなジェームス・ディーンと感じが似ている
とゆわれています。ジミーも猫背なんですよ、、。
モンティは一時期エリザベス・テーラーと恋仲だったよう
な、、。それで、思いだしましたが、ジェイクが黒髪に碧眼
で、、とありましたが、リズ(エリザベス・テーラー)
ほど、黒髪、碧眼が美しい女優はいません!
リズが絶世の美女のクレオパトラを演じたのも納得です。
バーグマンも鼻が高いですものね、、。わたしは
ハンフリー・ボガードと共演した「カサブランカ」
の”君の瞳に乾杯”のセリフが好きです!
あの、バーグマンの瞳から、ポロッと一筋流れる涙の美しい事。(溜息)

前に真紅さんが、リー監督の映画にトニーが!!とあり、
私も、鼻血状態です!それで気になるのが、以前ある監督
が、他の監督の映画を観て、出来が素晴らしいとやはり
嫉妬すると、、、ウォン監督も、リー監督のBBMの
成功は知っているでしょうし、、どうゆう心境なのかな?、、と。
それに、トニーがカンヌで主演男優賞をとった時、
あの大男のウォン監督が小柄なトニーの顔を両手でガシッ
と掴み、ブチューと強烈に頬にキスしてたんです、、
(トニーは困り顔でしたが、、)これを見て、本当に
トニーがお気に入りなんだな、、と実感しました。
でも、ウォン監督作品にジェイクも出てほしいですよね
、、。あれ、、なんだか、話題ずれててすいません、(焦)。

投稿: sumisu | 2006年7月 2日 (日) 23時13分

sumisuさん、こんにちは!コメントありがとうございます!遅くなってしまいましたがお返事させてくださいませ。

ジェームスディーン、わたしの叔父も大好きだったそうです。『エデンの東』を何度も観たらしいとのこと(これも母情報)。そしてわたしの学生時代のサークル仲間(男)も、むちゃくちゃジミーが好きでした。性別・時代を超えてみんなに愛される、そんな存在なのですね・・・。ジェイクくんはこれからそうなってくれるでしょうか?ちょっとタイプが違うかなあ。
そしてエリザベステイラー。わたしは例によって彼女の映画を観たことがあまりないのですが、『クレオパトラ』や『緑園の天使』などは観なければ、と思っております。彼女はモンティとは3度ほど共演したことがあるとどこかに書いてありましたが、モンティが事故にあって大変だったとき彼女がとても親身になって世話をしたらしいです(またまた母情報)。『陽のあたる場所』の時のふたりは本当に美しかった~。お似合いだなーと思ったけど、うまくいかないものなんですね。

『カサブランカ』のバーグマンの涙!なんであんなに綺麗に泣けるんでしょうか、女優さんて!涙の量を調節できるのかしら?とかあほなことを考えてしまうわたしです。やっぱモノクロっていいなあ~。うーん、昔の映画もたくさん観なければ!

そしてそして!!!ウォンカーウァイ×ジェイク!実現したら鼻血の大合唱(?)ですね、sumisuさん!で、素晴らしい映画を撮ってジェイクにブチューッとして欲しいなあ。トニーにキスするなんて、sumisuさんの仰るとおりカーウァイ氏は本当にトニーが好きなんですね~。わたしもそのシーン見たかったですう。カーウァイ氏もアンリー氏に負けないくらいの映画をとってもらいたいなあ。
うわ~、長くなってしまいました!それではこの辺で。ありがとうございました。

投稿: かいろ | 2006年7月 3日 (月) 20時59分

私の映画デビューは(記憶にないけれど)1歳半頃らしく、そんな小さい子を連れていったのか?と・・だから、きっと映画好きは母からの教え?(遺伝)なのね・・と思っていました!

先日、その母とM・クリフトの話をしていたら「知らない」という回答・・え??なんでよぉ~~(汗)
いろんな俳優の名前を出しては、知らないという回答がいくつか・・・作品は知っているけれど俳優の名前を覚えていないらしいことが判明!

「それにしても、あんたよく知ってるねぇ~?」といわれました(呆然)

でも、よくよく考えれば。。。
私は母が映画鑑賞中に、破水して早産で生まれてきたとんでもないヤツでして・・・母曰く「もしかして、映画観たくて生まれてきたの?」だって・・・

そ、そうなのかなぁ~(苦笑)

投稿: D | 2006年7月 5日 (水) 18時40分

Dさん、こんにちは。いつもこっそり覗かせていただいております!コメントありがとうございます!

1歳半!!!早い!!!いったい何をご覧になったのでしょうか?気になります~。お母様にお聞きしたらわかりますか?それにしてもやはり映画好きの子の母(父も?)は映画好きなのですね。ということはDさんのお子さんもゆくゆくは・・・。わ~い(←?)。

>作品は知っているけれど俳優の名前を覚えていないらしいことが判明!

うちの母もちょっと似ているかもしれません。うちの母は、この映画は?と尋ねるとええーっとね、ええーっとね、誰だったけ、誰が出てたっけ、という感じですが。

>私は母が映画鑑賞中に、破水して早産で生まれてきたとんでもないヤツでして・・・母曰く「もしかして、映画観たくて生まれてきたの?」だって・・・

す、すごい逸話ですね。Dさんの映画好きは宿命だったんですね~。うふふふふ。というわけでこれからもお邪魔させてくださいませ、ありがとうございました。

投稿: かいろ | 2006年7月 5日 (水) 21時15分

かいろさん、こんにちは。再びコメントさせていただきますね。
今、実家に帰っているのです。母に「昔の映画俳優で誰が好きだった?」と尋ねたところ、なんと「モンゴメリ・クリフト」という答えが返って来ましたよ!
母曰く、とっても内向的な感じの俳優さんだった、と。昔はとにかく、いい俳優さんがいっぱいいて、女優さんはとにかく綺麗だった。演技力がどうのこうの、じゃなくて、とにかくみんな綺麗だったと申しておりました。
母は60代後半なのですが、かいろさんのお母様と同世代なのでしょうかね?
ただ、うちの母はいろいろあって忙しく、実家にいながらゆっくり映画の話もままなりません。私もゴタゴタしていて、今月は映画館に行けそうもないです(泣)
でも、ちょっとうれしかったのでコメントしてしまいました。かいろさんもご自愛下さいね。またお話しましょう。ではでは。

投稿: 真紅 | 2006年8月 9日 (水) 23時55分

真紅さん、こんにちは!コメントありがとございます!
うわあ、里帰りされてらっしゃるのですね、どこなのかなあ~(興味津々)。

モンティって、実は大人気なのでしょうか???本当に真紅さんのお母様とうちの母、話が合うかもしれませんね~。嬉しいです、教えてくださってありがとうございます♪

>昔はとにかく、いい俳優さんがいっぱいいて、女優さんはとにかく綺麗だった。演技力がどうのこうの、じゃなくて、とにかくみんな綺麗だったと申しておりました。

わたしも同感です!!!昔の映画をそんなにたくさん観たわけではないけれど、女優さんは本当に綺麗~。モノクロだからこんなに綺麗に見えるのかなあ、でも絶対それだけではないよなあと真剣に考え込んでしまうほどみんな綺麗なんですよね。

>私もゴタゴタしていて、今月は映画館に行けそうもないです(泣)

ありゃあ~、それは残念です~~~。早く落ち着かれるといいですね。オシムジャパンも勝ったことですし(ん?関係ないかな?)。真紅さんもお母様もくれぐれもご無理なさらずに、休養と栄養をしっかり取ってくださいませ。で、おふたりがゆっくりお話できる時間ができますように。よろしくお伝えくださいね。
それではこの辺で。ありがとうございました!

投稿: かいろ | 2006年8月10日 (木) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101793/2416829

この記事へのトラックバック一覧です: わたしの映画好きの血は・・・:

« ウォンカーウァイの映画に出てくる人たち≒イニス? | トップページ | カサノバ »