« ブロークバック マウンテン:映画も、小説も。 | トップページ | ナイロビの蜂 »

2006年5月22日 (月)

ブロークバック マウンテン:アルマとラリーン

Balalaika_0521_5 バラライカ、こんな楽器でした。うう~ん、紫のバラライカがカイロにあるんでしょうか。謎です。しかしブログのタイトルは変えません!(←開き直り)

今日は、アルマとラリーン(ミシェルウィリアムズとアンハサウェイ)について書こうと思います。といっても皆様のように深い考察はできません~。

以下、ネタばれです。

一般的な感想でアルマに同情が集まるのは(ミシェルの評価が高いのは)、イニスとジャックのキスシーンを目撃したことによりひとりで苦しむ様子が描かれていたからでした。アルマの苦悩や苛立ちはその表情、言葉つき、動き、すべてから感じ取ることができます。ちなみにわたしがすごいと思ったのは、休日出勤のことでイニスと言い争いになり、アルマが本当にドスドスと足音を立てているかのように歩いていくシーンです。あれはアルマの歩き方ですよね。ミシェルはあんなふうではないと思います。ん?案外そうだったりして?
対するラリーンは、うすうす気付いてはいるけれど表向きには何も知らないということになっているので、登場人物としても女優アンハサウェイとしても見せ場があまりありません。しかしBBMに入れ込んでいる、イニスとジャックに肩入れしている(これはあまりよろしくない表現かもしれませんが)人にとっては、ラリーンはアルマと同じくらいか、もしくはそれ以上に悲しい存在。わたしはどちらかと言わなくてもはっきりラリーンが好きです。ラスト間際の電話のシーン、ここだけでわたしをラリーン派にするには十分でした(これはびあんこさんのところにも書かせていただきましたが)。ここのシーンでアンハサウェイが本当にどアップで映されていたのは、監督がこのラリーン(アンハサウェイ)を観客の心にしっかりと焼き付けておきたかったからなのだと思います。

Brokeback_0522_4_3 Brokeback_0522_3_5

ラリーンは時が経つにしたがって外見がどんどん派手になっていく。アルマは人相が悪くなっていく(失礼かな?でもあの感謝祭?のディナーのときのアルマは新婚時代とは別人のような顔になってましたよね)。それもはっきり知っているかいないかの違いからだろうし、ラリーンのほうは経済的に余裕があったからそっちのほうに変化のベクトルが向かっちゃったんだろうけれど。性格の違いもあったかもしれません。昨日ふと、イニスとジャックの決定的瞬間(!)を目撃したのがラリーンのほうだったとしたらどうなっていたかなあと思ってしまいました。物語の展開上そんなこと起こるわけはないんだけども。アルマは夫に問いただすことができずに悶々と悩みますが、ラリーンなら「ちょっと!あんたたちどういうこと!!!」てな台詞ぐらい言える・・・かな?いや、やっぱり言わないかな。ラリーンびいきなので、もし知っていたのが彼女だったらこの登場人物全員の苦しい15年間をなんとかする方向に持っていけたんじゃないかなあと、過剰な期待(?)をしてしまいます。‘悲しい存在’なんて書いたけど、BBMの中でいちばんパワフル?芯が強い?のはラリーンとジャックのお母さんだと思うので。う~ん、何を書いているのか分からなくなってきた・・・。
あ~、やっぱりアルマよりもラリーンのことについてたくさん書いちゃいました。今回はこの辺で。

|

« ブロークバック マウンテン:映画も、小説も。 | トップページ | ナイロビの蜂 »

ブロークバック マウンテン」カテゴリの記事

コメント

かいろさん、こんにちは。
コメントありがとうございました、かいろさんもラリーンがお好きなんですよね、嬉しいです。
TBがまたもやダメだったとか、何故なんでしょう?
拙ブログのTBのURLを、こちらの該当記事の、相手先TBのURLっていう四角にコピペするだけですよね? 同じココログ同士なのに、謎です。

>もし知っていたのが彼女だったらこの登場人物全員の苦しい15年間をなんとかする方向に持っていけたんじゃないかなあと、過剰な期待(?)をしてしまいます。

なるほどー。そういう道もアリだったかも。でもラリーンは結局、イニスとも電話で話すだけで…、解決できそうにないアルマが現場を見てしまいましたねえ。

>アルマが本当にドスドスと足音を立てているかのように歩いていくシーンです。

演技でしょうけど、ほんと生活感にあふれた主婦って感じですよね。うーん、またBBMを見たくなってきました。
ではでは、またー。

投稿: びあんこ | 2006年5月22日 (月) 19時09分

びあんこさん、コメントありがとうございます!
なんでTBできないのか、本当に謎なんです・・・。真紅さんのところにはできたんですけど。何かバリアがあるとかですかね?←あるわけない
ラリーン、大好きです。ジャックとあのまま暮らしていったとしてもやはり苦しいことに変わりはなかったでしょうが、でもラリーンはそれを望んでいたと思ってます。
しかし気になるのは、ジャック亡き後も彼女のあの厚化粧とアクセサリー過多・ものすごい髪型は変わらなかったのかということです。そして誰かと再婚したでしょうか。ラリーンなら息子とふたりで頑張っていくのかな。
それではまたいらしてくださ~い。

投稿: かいろ | 2006年5月22日 (月) 19時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101793/1890129

この記事へのトラックバック一覧です: ブロークバック マウンテン:アルマとラリーン:

« ブロークバック マウンテン:映画も、小説も。 | トップページ | ナイロビの蜂 »