トップページ | ブロークバック マウンテン:アルマとラリーン »

2006年5月19日 (金)

ブロークバック マウンテン:映画も、小説も。

最初からネタばれです。

びあんこさんのところで前に読んだ「まどろみの抱擁=ダンス」。
http://emmanueltb.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/100_ff92.html
BBM好きの方々には文才がある!と思っているのはわたしだけではないでしょう☆(願わくばわたくしめにもその文才を~を~を~。無理か?)

以前見た是枝裕和監督の「ワンダフルライフ」という映画は、亡くなった人が自分の人生で一番印象深い思い出(それか、いちばん幸福な思い出、だったかも)を映画にしてもらって、それを観ながら天国へ旅立っていく、というものでした。背中からの抱擁のシーンがジャックにとってものすごく大切な思い出だったということを知って、この「ワンダフルライフ」を思い出しました。ジャックならあの時を選ぶんだろうな、と。

Brokeback_0429_1

小説を翻訳された米塚真治さんがパンフレットに書かれていたように、映画を観ただけではジャックにとってのこのシーンの重要性は伝わらないかもしれないけれど、大切な思い出なんだってことは分かりすぎるほど分かりました。びあんこさんの仰るとおり‘白眉’のシーンですからね、なんたって。わたしのこれまで観てきた中でも屈指です。映画史上に残る名場面だといえます。

この前小説を読み直したとき、急に、この場面をこの位置に入れた原作のアニープルーさんはすごいなあ、さすがだなあと思ってしまいました。そんなの改めて言わんでも分かりきっとることやんけ!とお叱りを受けそうですが、あの諍いの後にこんな幸福な美しいシーンを持ってくるなんてわたしには考えつきません(当たり前じゃ)。そしてよく見てみるととここだけ時系列が違うんですね。小説では、イニスが回想していることになってはいますが物語はちゃんと時間軸に沿って展開していくし、映画も言わずもがなです。
時間というくくりを無視してここに入れたということに、このシーンはここに入れるんだ!というアニープルーさんの強い思いのようなものが表れているような気がします。もしかすると、ジャックだけでなく彼女にとってもこのシーンは大切なものだったりして(それはちょっとセンチメンタルすぎますかね?)。

そして、その後に歳を取ったジャックが走り去るイニスの車をみつめている場面を付け加えた脚色のおふたり(初見で、あれ、仲直りしてこんな幸せな感じになってんのかな?とよくわからないまま観ていたおばかなわたしを、続くあのシーンが打ちのめしました)。ヒースの優しい、囁くような声と、ジェイクの穏やかな、幸福な表情。BBMのスタッフやキャストは、本当にこの原作を深く深く読み込んで臨んだのだなあと、頭が下がる思いです。それからここ、音楽もすごくよい。「BROKEBACK MOUNTAIN 3」ですね、サントラによると。喧嘩の場面から続いてきた音楽が、あの回想シーンに入ると、曇り空から太陽の光が差し込んでくるような、そんな感じに変わる(これはどなたかが書かれていたかも。もしそうだったらすみません)、あの瞬間がとても好きです。

イニスがジャックを背中から抱きしめたのは、自分のほうを向けさせて、ジャックのまどろみを邪魔したくなかったからなのではないかなあとわたしは思います。あの時のイニスの優しさは、全部俺に預けていいよ、と言っているように見えたので。背中を向けて誰かにもたれるって(うう~、表現力が足りない~)、そして背中を向けてる人の全部を受けとめるって、本当に信頼している大事な人に対してしかできないことじゃないでしょうか。
(ちなみにわたし個人も、背中から抱きしめられたいです。遠い昔に見た「キャンディキャンディ」の影響でしょうか?階段でキャンディを背中から抱きしめた人、なんて名前だったっけなあ。)

いろいろ書いてたらまた観たくなってきちゃいました・・・。DVD早くでないかなあ・・・。音声解説は必修(?)でお願いしときま~す。高くてもいいから。BBM積立貯金始めるから。

|

トップページ | ブロークバック マウンテン:アルマとラリーン »

ブロークバック マウンテン」カテゴリの記事

コメント

かいろさん、こんにちは。
すてきなブログ開設、おめでとうございます♪

映画と原作の関係については、おいおい私も書きたいと思っております。
プルーはたしかBBMを60回も書き直したと聞きました。あのまどろみの抱擁は練りに練ったシーンだと思います。
ああー、また本編が見たくなってきました!

リンクありがとうございます。私も早めにリンクさせていただきますね。

投稿: びあんこ | 2006年5月19日 (金) 09時23分

びあんこさん、こんばんは。コメントくださって、感激です~。お返事遅くなりまして、すみません。
トラックバックがやはり送れていなかったそうで・・・。いつか必ずマスターして、ばんばん送れるように(そんなに送らんでもよい)がんばります!
びあんこさんの「映画と原作の関係」の記事、楽しみです。この前アマゾンから脚本が届いたので少ーしずつ読んでいますが、何しろ英語ですからね・・・って当たり前ですが☆でも原作の短さを改めて目で確認できて、なおかつ脚本と見比べられるのはとても為になります。
それでは今日はこのへんで。またお邪魔させていただきます♪

投稿: かいろ | 2006年5月20日 (土) 00時27分

始めまして。びあんこさんのお宅からおじゃまさせていただきにあがりました。よろしくお願いいたします。
遅ればせながら、ブログ開設おめでとうございます。
カイロの紫のバラ、懐かしいです!といっても映画観たことはないんです。以前「モーリス」にハマッていた時、友人に「カイロの紫のバラみたいに好きな登場人物が‘いつも観に来てくれてありがとう’とか言ってスクリーンから出てきてくれればいいのにね」と言われて、確かにこれくらい何回も観てたらそんなことがあったっていいはず、と思ったものでした。
今回BBMではイニスの度重なる否定的発言に腹が立ち「こんなに観に来てるんだからたまには違うこと言ってよ」と訴えてるんですけど。
バラライカさんのように私も日常のいたるところで2人のこと(というかジャックのことを)を思ってしまって頭の切り替えに苦労しています。
初めて伺うお宅で激しく取り乱さないうちに退散したいと思います。なかなかコメントさせていただくこともできませんが、これからも楽しみにしております。

投稿: 沙斗魔 | 2006年5月20日 (土) 17時26分

沙斗魔さん、はじめまして!
でも実はびあんこさんのところで沙斗魔さんのコメントはいくつも読ませていただいてました♪来てくださってありがとうございます、とっても嬉しいです。

沙斗魔さんの仰るとおり、わたしもイニスを責めたくなったりする日もあればかばいたくなったりする日もあったりと、本当に毎日彼らのことを考えてます。そして最近とっても涙もろくなってしまった気が・・・。BBMのせいです~。あとどれくらい続くのでしょうか、このブロークバックな日々。でもぜーんぜん嫌じゃないんですけどね☆

では今日はこれにて。またいらしてくださいね、お待ちしております。


投稿: かいろ | 2006年5月20日 (土) 20時54分

かいろさん。ブログ開設おめでとうございます☆
きゃ♪素敵です☆やっとパソコンを開きました^^;えへ☆
始めBBMの意味が分からず、しばらく考えていたのです
が、読み進んでいくにつれ、お~!ブロークバックマウン
テン!と思わずパソコンの前で一人声を出してしまいまし
た^^

結構読んだだけで内容が分かってしまいました。
かいろさん、文章が分かりやすくて良いです!
DVDが出たらぜひ見てみようと思いました♪

今日は、長々とお疲れのところを愚痴を聞いてもらって、
大変感謝しております。ありがとうございましたm(--)m
落ちるところまで落ちたので、なんとか復活しており
ます。次に会うときは、明るく行こうと思っており
ます♪

更新楽しみにしてま~す★☆★

投稿: みさき さえこ | 2006年5月21日 (日) 22時02分

みさきさえこさん、こんばんは!
そして今日もお疲れ様でした。少しはお元気になったようで、ちょっと安心しました。しかし明日も忙しいでしょうから、早めに寝てください!!!わたしは休みなので♪、なんとか頭をひねって記事を書きたいと思います~。文章を考えるのも打ち込むのも極端に遅いので全然記事が増えないんです・・・。

「ブロークバック マウンテン」、本当にできるだけたくさんの人に観てもらいたい映画なので、ぜひぜひどうぞ。感想を聞かせてくださいね☆・・・といってもDVDが出るのはまだ先でしょうけども。早く出てくれー。

ではまたいらしてください。パソコン開いてくださって、ありがとうございました☆

投稿: かいろ | 2006年5月21日 (日) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101793/1849647

この記事へのトラックバック一覧です: ブロークバック マウンテン:映画も、小説も。:

トップページ | ブロークバック マウンテン:アルマとラリーン »